石川県能登町(旧内浦町)福光

  • 2019.10.03 Thursday
  • 06:38

令和元年6月上旬、石川県・能登の廃村探索、
見附島からは海岸近くの道を旧内浦町松波へと進み、松波から内陸に入り、戦後開拓集落の廃村 福光(ふくみつ)を目指した。
松波小学校福光分校は、へき地等級1級、児童数3名(S.34)、昭和34年開校、昭和39年休校、同42年閉校。
開拓集落 福光は昭和27年に成立、酪農を生業としたが、昭和42年頃無住となった。
松波局郵便区全図(S.50)には、福光の戸数はゼロとある。

 

現地には分校跡校舎が農業用倉庫として残るが、他に開拓集落の痕跡は見当たらず、校舎ということを知らなかったら見過ごしていたことだろう。
地内にはブルーベリー園や畑があり、草刈りをする作業の方の姿が見られた。
青空が広がるほど穏やかな天気だったのは、ありがたいことだった。

 

 

 画像1:福光・分校跡校舎(その1)
     校舎はわかりやすい場所にあり、すぐに見つかった。

 

 

 画像2:分校跡付近の風景
     「木質堆肥を作っています」と記された案内板が建つ

 

 

 画像3:分校跡校舎(その2)
     校舎以外に、開拓集落の痕跡は見当たらない。

 

 

 画像4:分校跡校舎(その3)
     周囲には畑が広がっていた。

 

 (2019年6月10日(月)午前10時45分〜11時10分頃)

 

能登の軍艦島

  • 2019.10.02 Wednesday
  • 06:42

令和元年6月上旬、石川県・能登の廃村探索、
禄剛埼からは、珠洲市街を通過して、珠洲市南部にある見附島に立ち寄った。
島のあたりは公園になっていて、一服するにはちょうどよい。

 

弘法大師の由来がある島で、その形状から「軍艦島」という別称をもつ。
30年ほど前までは、軍艦島というとこちらのほうが有名だったらしい。
「能登の軍艦島」と言わないのは、プライドなのかもしれない。

 

 

 画像1:能登の軍艦島(その1)
     あえて「能登の軍艦島」と繰り返してみた。

 

 

 画像2:能登の軍艦島(その2)
     岩を伝って島のすぐそばまで行けるようになっている。
     行ってみてもよかったんだなあ。

 

 (2019年6月10日(月)午前10時15分頃)

 

禄剛埼と狼煙

  • 2019.10.01 Tuesday
  • 06:37

令和元年6月上旬、石川県・能登の廃村探索、
能登半島の先端、禄剛埼(ろっこうさき)到着は朝8時35分、
金沢市郊外から150辧羽咋からでも122劼竜離がある。
旅に出る前、ここまで来れるとは思わなかった。

 

道の駅「狼煙(のろし)」にクルマを停めて、歩いて坂道を上がると、
小さいながらも風格がある灯台が迎えてくれた。
狼煙は漁港があるわりあい大きな町で、道の駅の土産物は充実していた。

 

 

 画像1:見晴らしのよい丘の上に建つ禄剛埼灯台

 

 

 画像2:灯台は大きくはないが、風格を感じた

 

 

 画像3:灯台からの帰り道に見た狼煙の港

 

 (2019年6月10日(月)午前8時55分〜9時頃)

 

奥能登・揚浜式製塩

  • 2019.09.30 Monday
  • 06:26

令和元年6月上旬、石川県・能登の廃村探索、
白米千枚田から海岸沿いの国道を東に向かって走っていると
珠洲市に入ってすぐ、塩田の施設が目に止まった。
道の駅が併設されていたので、休憩がてら立ち寄った。

 

能登半島で塩が作られているって、知らなかった。
「揚浜式製塩」は昔ながらの製塩法で、
日本で能登にだけ残る技術だそうだ。

 

 

 画像1:奥能登・揚浜式製塩(その1)
     新旧案内板が並んで建つ。

 

 

 画像2:奥能登・揚浜式製塩(その2)
     歴史を感じさせる家屋も建つ。

 

 

 画像3:整えられた個人宅跡地
     製塩施設のそば、個人宅跡地が公園風に整えられていた。

 

 (2019年6月10日(月)午前8時5分〜8時10分頃)

 

白米千枚田

  • 2019.09.29 Sunday
  • 06:55

令和元年6月上旬、石川県・能登の廃村探索、
輪島朝市で買ったサンドイッチは、白米(しろよね)千枚田で歩きながら食した。
現地案内板の「農業の聖地」というコピーは目を引いた。

 

海辺で傾斜があって規模が大きい、三拍子そろった良い棚田だった。
早朝に行ったので、人がほとんどいなかったのもよかった。

 

 

 画像1:白米千枚田(その1)
     駐車場は高台にあり、千枚田には階段を降りて行った。

 

 

 画像2:白米千枚田(その2)
     田んぼに丸みがあるのが特徴といえそうだ。

 

 

 画像3:白米千枚田(その3)
     ここまで小さな田んぼは初めて見た。

 

 (2019年6月10日(月)午前7時20分〜7時35分頃)

 

ねこ部屋しっぽ

  • 2019.09.28 Saturday
  • 08:53

令和元年9月中旬、山形県・秋田県の廃村探索2日目、
朝、新庄市街を散歩していると、「ねこ部屋しっぽ」に出会った。
いわゆる猫カフェだとが、微妙なネーミングに驚いた。

 

新庄市の人口は約35,000人(R.元)。
新幹線のターミナルで、
人口規模のわりには人の出入りがあるようだ。

 

 

 画像1:ねこ部屋しっぽ(その1)
     県道沿い、建物の一階にある。

 

 

 画像2:ねこ部屋しっぽ(その2)
     一度は猫カフェにも行ってみたい。

 

 (2019年9月15日(月)午前7時20分頃)

 

輪島駅跡

  • 2019.09.27 Friday
  • 07:06

令和元年6月上旬、石川県・能登の廃村探索、、
道の駅「輪島ふらっと訪夢」に立ち寄ったところ、
そこは のと鉄道七尾線の終点 輪島駅跡だった。
駅跡前にステーションホテルが建つが、ホテルも跡となっていた。

 

かつてのJR七尾線は、津幡−和倉温泉が存続、
七尾−穴水が三セク化して存続(七尾−和倉温泉は共用)、
穴水−輪島が三セク化してから廃止(平成13年廃止)と、
三分割されている。

 

行ってみてわかったことだが、能登半島の自動車道の整備状況はよく、
ローカル線の存続が厳しいことは想像にたやすい。
あと、穴水−輪島は線形が悪く、高速運転ができなかったことも
廃止の一因にあるらしい。

 

 

 画像1:道の駅「輪島ふらっと訪夢」(輪島駅跡)
     あいにく早朝のため、店は開いていなかった。

 

 

 画像2:輪島ステーションホテル跡
     ヤバそうな匂いがしたので、遠景を撮った。

 

 (2019年6月10日(月)午前6時40分頃)

 

能登三井駅跡

  • 2019.09.26 Thursday
  • 07:15

令和元年6月上旬、石川県・能登の廃村探索、、
6月10日(月),起床は早朝4時頃,天気は晴れ間,雨が混ざった曇。
5時に宿を出て,能登里山海道を北へと走ると,
6時30分には輪島市街に着いていた。

 

途中、案内板があったので、能登三井駅跡に立ち寄った。
のと鉄道七尾線(七尾−輪島)は、平成3年に三セク化。
平成13年、穴水−輪島間廃止に伴い、能登三井駅廃止。
といった予備知識なく、ふらりと立ち寄る駅跡も、またよいものだ。

 

 

 画像1:能登三井駅跡 駅舎

 

 

 画像2:能登三井駅跡 ホームと駅名標

 

 (2019年6月10日(月)午前6時20分頃)

 

北海道名物「きびだんご」

  • 2019.09.25 Wednesday
  • 07:06

令和元年9月中旬,山形・秋田の廃村探索。
2日目に泊まった姫神温泉「スパ西遊喜」の土産物コーナーに
「日本一きびだんご」が置いてあった。
思いがけない出会いに喜び、会社への土産に買った。

 

今年になってひょんなことからその存在を知った、北海道名物「きびだんご」。
5月に紋別で買ったのは谷田製菓(道央・栗山町)の「きびだんご」で
今回買ったのは天狗堂宝船(道南・七飯町)の「きびだんご」。

秋田と道南は近いといえば近いから、津軽海峡を越えて攻めてきたのだろうか。

 

どちらかというと、今回買ったもののほうが美味しかった。

 

北海道鷹栖町 大成

  • 2019.09.24 Tuesday
  • 06:12

令和元年5月下旬の道東・道北の廃村探索 3日目、
沼牛駅跡からは道道72号(旭川幌加内線)で江丹別峠を越えて、
8つ目(この日最後)の目標 農山村の廃村 鷹栖町大成(たいせい)を目指した。

 

学校跡を含む大成集落の大部分は、自動車メーカー ホンダのテストコースとなっている。
鷹栖大成小学校はへき地等級1級、児童数48名(S.34)、大正3年開校、昭和47年閉校(同年離村)。
学校跡はテストコースの柵のすぐそばなので、柵越しに様子をうかがうことで訪ねたことにした。

 

続いて田中さんの案内で、鷹栖市街、郷土資料館の敷地に建つ校名標入りの門柱を見に行った。
レンガ造りの門柱は存在感があったが、往時はレンガではなかったらしい。
旭川空港に到着したのでは夕方5時50分頃。

田中さん、3日間、約660kmの行程お疲れさまでした。

 

 

 画像1:大成・クルマのテストコースとなった学校跡を望む

 

 

 画像2:テストコースの外側は農地になっている

 

 

 画像3:鷹栖町中心部・郷土資料館の敷地に建つ校名標入りの門柱

 

 

 画像4:確かに「鷹栖町立 鷹栖大成小学校」の名がある

 

 (2019年5月27日(月)午後4時50分〜5時10分頃)
 

calendar

S M T W T F S
  12345
6789101112
13141516171819
20212223242526
2728293031  
<< October 2019 >>

selected entries

categories

archives

recent comment

recommend

recommend

recommend

recommend

links

profile

search this site.

others

mobile

qrcode

powered

無料ブログ作成サービス JUGEM