秋田県大館市(旧比内町) 丹内沢

  • 2017.10.19 Thursday
  • 07:03

平成29年9月17日(日)、秋田県北部の廃村めぐり、
立又に続いては、炭鉱集落の廃村 丹内沢(たんないざわ)を目指した。
丹内沢の情報は乏しく、地図上では五万地形図(大葛、S.32)に
「丹内沢国有林」「せきたん」と記されている程度だ。
名称は三岳無煙炭鉱 丹内鉱業所というが、
戦後の短い期間に稼働していたぐらいのことしかわかっていない。

 

大葛小学校丹内冬季分校は、へき地等級1級、児童数3名(S.34)、
昭和25年開校、同36年閉校。
手前の集落 森合から丹内林道(ダート)に入り、1匸し走ると、
錆びた開いたゲートが構えていた。
周囲が少し広くなったので「この辺りが炭鉱集落跡かな」と思ったりした。
ゲートの先、地形図の「せきたん」の場所までクルマを走らせたが、
集落の痕跡は何も見られなかった。

 

 

 画像1 丹内沢入口には「丹内林道」の標柱が立っていた

 

 

 画像2 丹内林道には、錆びた開いたゲートが構えていた

 

 

 画像3 ゲートのそば、丹内沢に架かる丹内三号橋の銘板

 

  (平成29年9月17日(日)午前9時5分〜9時40分頃) 

 

コメント
コメントする








    
この記事のトラックバックURL
トラックバック

calendar

S M T W T F S
     12
3456789
10111213141516
17181920212223
24252627282930
<< June 2018 >>

selected entries

categories

archives

recent comment

recommend

recommend

recommend

links

profile

search this site.

others

mobile

qrcode

powered

無料ブログ作成サービス JUGEM