<< 北海道新ひだか町(旧静内町) 高見(その3) | main | ウマの牧場と本桐駅 >>

北海道浦河町 滝ノ上

0

    平成29年5月28日(日)、北海道日高の廃村探索2日目、
    美河林道のゲートに戻り着いたのは午前11時20分頃。
    高見から予定よりもだいぶ早い目に戻ってきたので、以後の探索に余裕ができた。

     

    まず、道道高見西舎線を通って、鳧舞(kerimai)川の谷から元浦川の谷に抜けて、
    2番目の目的地 滝ノ上(たきのうえ、浦河町の戦後開拓集落)を目指した。

     

    第二野深小学校滝ノ上分校は、へき地等級3級、児童数9名(S.34)、昭和30年開校、昭和40年閉校。
    「荻伏局 郵便区全図」(S.35.06)を見ると、文マークを中心に13戸が散在している。
    分校跡には女名春別で見たのと同じ形の学校跡地の碑が建っていた。
    分校跡周辺は放牧地が広がっており、ウシがのびのびと草を食していた。

     

    後日見比べた五万地形図(西舎、S.34)の文マークは、元浦川のやや下流側に記されていた。

     

     

     画像1 滝ノ上・放牧場に囲まれた分校跡

     

     

     画像2 分校跡には学校跡地の碑が建っていた

     

     

     画像3 のびのびと草を食するウシ

     

       (2017年5月28日(日)午後12時10分〜12時20分頃)


    スポンサーサイト

    0
      • 2017.09.21 Thursday
      • -
      • 06:21
      • -
      • -
      • -
      • by スポンサードリンク

      コメント
      コメントする









      この記事のトラックバックURL
      トラックバック
      calendar
           12
      3456789
      10111213141516
      17181920212223
      24252627282930
      << September 2017 >>
      PR
      selected entries
      categories
      archives
      recent comment
      recommend
      recommend
      recommend
      links
      profile
      search this site.
      others
      mobile
      qrcode
      powered
      無料ブログ作成サービス JUGEM