音調津と目黒

  • 2017.06.16 Friday
  • 07:21

平成29年5月27日(土)、北海道日高の廃村探索1日目、
帯広空港から襟裳岬方面に向かう途中、
広尾町音調津(おしらべつ)とえりも町目黒(めぐろ)の学校跡へ立ち寄った。

 

音調津小学校跡(平成19年閉校)には大きな校舎や運動場が残っていたが,
人の気配はなかった。
目黒小学校跡(平成18年閉校)の校舎には公立の食事処があったので,
コーヒーを頼んで一服し,地域の様子をうかがった。

 

音調津は十勝管内、目黒は日高管内、
R.336は、長い間十勝と日高を結ぶ唯一の道だったが、
R.236(天馬街道)の開通(平成9年開通)で、ずいぶん事情は変わったのだろう。
なかなか来れる場所ではないので、
目黒小学校跡でゆっくりできたてよかった。

 

 

 画像1 音調津小中学校 閉校記念碑
   閉校年(平成19年)に建立されたもので、
   沿革がプレートに記されている。

 

 

 画像2 目黒小学校 開校百周年記念碑
   平成 7年(1995年)建立と刻まれている。
   逆算すると明治28年(1895年)創立となる。

 

 

 画像3 目黒小学校跡 校舎と教員住宅
   煙突が北海道の学校らしい。
   ウインディーくんはゼニガタアザラシをモチーフとした
   えりも町のゆるキャラとのこと。

 

   (2017年5月27日(土)午前10時30分〜11時30分頃)
 

コメント
コメントする








    
この記事のトラックバックURL
トラックバック

calendar

S M T W T F S
1234567
891011121314
15161718192021
22232425262728
2930     
<< April 2018 >>

selected entries

categories

archives

recent comment

recommend

recommend

recommend

links

profile

search this site.

others

mobile

qrcode

powered

無料ブログ作成サービス JUGEM