ソフトカツゲン

  • 2017.06.15 Thursday
  • 06:58

平成29年5月27日(土)、北海道日高の廃村探索1日目、
帯広空港から襟裳岬方面に向かう途中、
大樹市街のセイコマで,初めてソフトカツゲンを購入した。
思ったよりもまろやかな味で,ヤクルトジョアを連想させた。

 

大樹は、記念すべき北海道で一番目の宿泊地。
昭和56年8月、日暮れ頃、
あてもなく浜大樹(アイボジマ)のあたりを歩いていると
「にいちゃん、こんなとこ歩いてたらクマに襲われるで」
と、クルマが停まってくれて、
「泊まる予定はあるのか」
「ありません」
「だったら、ウチに泊まっていきな」
と、民家に泊めてもらった。
今でいう民泊だ。

 

時は流れて、36年ぶりに大樹にやってきた。
市街も立ち寄ったはずだが、どんな感じだったかはまるで記憶にない。
通過ではなく、「カツゲンを買った」という記憶が残っただけ
よしとしよう。

 

 

 画像 ソフトカツゲン
   大樹−広尾・音調津間の車中で飲んだ。
   あわせて、いろはずのスパークリングレモンを飲んだ。

 

   (2017年5月27日(土)午前10時頃)

コメント
コメントする








    
この記事のトラックバックURL
トラックバック

calendar

S M T W T F S
1234567
891011121314
15161718192021
22232425262728
2930     
<< April 2018 >>

selected entries

categories

archives

recent comment

recommend

recommend

recommend

links

profile

search this site.

others

mobile

qrcode

powered

無料ブログ作成サービス JUGEM