幸福駅跡

  • 2017.06.14 Wednesday
  • 07:20

廃村探索のハイシーズン、5月下旬に北海道を合同探索で訪ねることは定番となった。
平成27年は上川・留萌と檜山・渡島、平成28年は釧路・十勝に出かけている。
平成29年は日高を訪ねることが早々に決まった。

調整の結果、メンバーは平成27年と同じく旭川の田中さん、函館のラオウさん、
札幌の成瀬さん、私の4人組になった。

 

日高本線は、昭和56年8月、私が初めて北海道を国鉄周遊券を使って旅したとき、
大阪発の夜行急行「きたぐに」、青函連絡船、函館発の夜行急行「すずらん」と乗り継いで、
苫小牧から様似まで乗車している。
その先の襟裳岬は、北海道で最初に足を運んだ著名な場所として強く記憶に刻まれている。

 

平成29年5月27日(土)、起床は未明4時。浜松町朝6時発羽田行きモノレールは空港快速。
8時50分、帯広空港に到着し、田中さんと合流。天気はあいにくの雨。
まず、最初の目的地、襟裳岬手前の苫別(とまべつ)を目指す。
空港の近くには旧広尾線幸福駅跡(昭和62年廃止)があるので、平成4年夏のツーリングで以来
25年ぶりに立ち寄った。

 

 

 画像1 幸福駅跡に建つ復元駅舎
    平成25年に建て替えられたもので、
    決まった規格の愛国発幸福行きの再現きっぷが張られている。  

 

 

 画像2 幸福駅跡の板張りホームと橙色の気動車
    広尾線は、昭和56年の旅で、広尾−大樹間と、帯広−愛国間を乗ったことがある。
    往時の雰囲気が残されているのは、嬉しいことだ。

 

 

 画像3 板張り床の気動車内部
    駅跡に人の気配はなかったが、気動車内部を見学することができた。
    昭和の頃は、こんな車両に乗って旅していたんだなあ・・・

 

   (2017年5月27日(土)午前9時10分頃)

コメント
コメントする








    
この記事のトラックバックURL
トラックバック

calendar

S M T W T F S
     12
3456789
10111213141516
17181920212223
24252627282930
<< June 2018 >>

selected entries

categories

archives

recent comment

recommend

recommend

recommend

links

profile

search this site.

others

mobile

qrcode

powered

無料ブログ作成サービス JUGEM