愛媛県西条市(旧小松町 石鎚村)途中ノ川(その1)

  • 2017.04.14 Friday
  • 07:20

平成29年4月8日(土)、愛媛県の廃村めぐり。 
伊予小松駅着は11時28分。同行していただく荒獅子さんが迎えてくれた。
荒獅子さんは「加茂の荒獅子」Webの管理者で、
ムック本「廃村をゆく」にも旧石鎚村レポートで参加していただいている。
かれこれ10年超のやり取りがあるが、お会いするのは今回が初めてだ。

 

馬返(途中ノ川入口)着は11時55分。山の喫茶店「てんとうむし」は閉まっていた。
湯浪へと続く車道は、四国八十八か所の横峰寺へ続くので風通しはよさそうだ。
天気は曇だが、霧がかかっていて視界はよくない。

 

木を組んだ橋がある川を渡って山道を登ると、かつての林道に合流し、
歩くこと20分ほど、比較的すんなりと途中ノ川集落跡(下途中ノ川)までたどり着いた。
その先に上途中ノ川があるが、林道跡はここで止まっている。
かつての途中ノ川の戸数は15戸。姓はほぼ全戸曽我さんだ。
昭和40年代までこの山の中に暮らしがあったとはにわかに信じがたいが
おそらく「昔から暮らしがあったから」住まれていたのだろう。

 

 

 画像1 馬返(途中ノ川入口)にある小さな堰
      霧がかかっているため、ぼんやりしている。

 

 

 画像2 馬返、川に架かる手作りの木橋
      上途中ノ川に建っているログハウスの方が
      作られたものではないかとのこと。

 

 

 画像3 途中ノ川集落跡
      見上げた先に大きな石垣が見える
      石垣の上には、個人の民家が建っていた。

 

    (2017年4月8日(土)正午〜12時30分頃)

コメント
コメントする








    
この記事のトラックバックURL
トラックバック

calendar

S M T W T F S
     12
3456789
10111213141516
17181920212223
24252627282930
<< June 2018 >>

selected entries

categories

archives

recent comment

recommend

recommend

recommend

links

profile

search this site.

others

mobile

qrcode

powered

無料ブログ作成サービス JUGEM