青森県六ヶ所村 上弥栄(その1)

  • 2017.04.05 Wednesday
  • 07:15

平成29年2月13日(月)、青森県の廃村めぐり、 
弥栄平・弥栄山(仮称)からは、西に2劼曚瀕イ譴
三つ目の廃校廃村 上弥栄(かみいやさか)の小学校跡地へと向かった。

 

この旅に備えて、六ヶ所村の3か所の廃校廃村について調べていたところ、
「村が消えた むつ小川原 農民と国家」(本田靖春著、講談社文庫(1985))
戦後開拓集落 上弥栄の創立から解散までを
満蒙開拓から大規模開発まで、時代背景とともに描いた
ノンフィクションを読むことになった。

本の冒頭と末尾あたりに記された、印象的なひとこまを引用する。

 

> 冬、旧上弥栄小学校あたりに立つと、積雪がかつての営みの跡を
>一面に覆いかくして
>目にする変化は、ゆるやかな高低と光と影が描き分ける白の濃淡と、
>その先に取り残された防風林の薄墨色ぐらいのものである。
> 広がる風景は、まさに地の果てのそれであって、
>小学校の廃屋は、荒れ地に挑んで空しく終わった79戸の墓標と映る。

 

上弥栄小学校は、へき地等級2級、児童数109名(S.34)、昭和24年開校、同50年閉校。 
戦後開拓集落で、主に満州 弥栄村からの引揚者が昭和22年5月に入植して成立した。
上弥栄の名称は、満州 弥栄村ゆかりの方が多数を占めていたことと、
集落が在来集落 弥栄平の上手にあることから名付けられた。
上弥栄の人口は、306名(S.40)、9名(S.60)、ゼロ(H.4)と推移している。 
むつ小川原開発により上弥栄の開拓農業組合は、昭和48年4月6日に解散した。
閉校年との2年のギャップは、弥栄平の児童が上弥栄小学校に通っていたから 
と思われる。 

 

現在上弥栄は、石油備蓄基地のタンクに覆われている。
風力発電の大きな風車や、太陽光発電のパネルも多数建ってあり、
さながらエネルギーフロンティアといった様相になっている。
小学校跡地と思われる場所のそばにクルマを停めて、
雪が積もっていない範囲から周囲を見渡したが、
当然のことながら、往時をしのぶものは何も見当たらなかった。

 

 

 画像1 上弥栄小学校跡の風景(その1)

 

 

 画像2 上弥栄小学校跡の風景(その2)

 

 

 画像3 上弥栄小学校跡の風景(その3)

 

「地理院地図」Webのかつての上弥栄の場所には
「上弥平」(かみいやだいら?)という地名が記されている。
六ヶ所村発行のパンフレットには「上弥栄」と記されているので、
上弥平は誤植と思われる。
誤植とすれば、地名が誤って引き継がれるおそれがあり、気になるところだ。

 

   (2017年2月13日(月)午後2時40分頃)

コメント
コメントする








    
この記事のトラックバックURL
トラックバック

calendar

S M T W T F S
1234567
891011121314
15161718192021
22232425262728
2930     
<< April 2018 >>

selected entries

categories

archives

recent comment

recommend

recommend

recommend

links

profile

search this site.

others

mobile

qrcode

powered

無料ブログ作成サービス JUGEM