岐阜県山県市(旧美山町)椿(その1)

  • 2016.08.07 Sunday
  • 08:00

平成28年7月30日(土)、岐阜県の廃村めぐり、
三河安城駅から徳山ダム方面には、東海環状道を使った。
関広見ICからR.418へと入ってほどなく、
山県市(旧美山町)の廃村 椿(つばき)に立ち寄った。

 

平成18年11月以来、三度目の訪問(初訪は平成16年10月)だが、
最寄りの集落 笹賀からの川沿いの道は頼りなく、
「この道でよかったかな」とちょっと心配になる。

やがて視界が広がり、大きな離村記念碑が迎えてくれた。
初訪時は建ったばかりだった碑も、12年を経た。

 

碑のそばにクルマを停めて、川の上流側に歩きながら
「このあたりに縣神社という神社があるはずなんですけど・・・」
とミナカミさん夫妻と話していると、橋の向こうに鳥居が見えてきた。

 

過去2回の椿の探索で、私は神社に立ち寄った記憶がない。
「ゆっくり歩かなかったからじゃないかな」と思ったが、
「廃村と過疎の風景(2)」の記録を見直すと
初訪のときも碑のそばにクルマを停めて、川の上流側に歩いていた。

 

 

 画像1 : 椿の離村記念碑
  表面には「椿村の人家分布図」という主題で、
  67戸の人家が記されている。
  裏面には
  「文亀元年頃に始まり 天正17年頃幕府領となり 昭和46年閉村となる」
  「平成16年10月吉日建立 建立者 武藤國男」と刻まれている。
  文亀元年=1501年、天正17年=1589年である。

 

 

 画像2 : 縣神社 拝殿にて
  春まつりの貼り紙が見当たった。

 

 

 画像3 : 縣神社 従軍記念碑
  昭和27年建立とあった。
  太平洋戦争が終わった後のものらしい。

 

 (2016年 7月30日(土)午後3時〜3時10分頃)
 

コメント
コメントする








    
この記事のトラックバックURL
トラックバック

calendar

S M T W T F S
  12345
6789101112
13141516171819
20212223242526
2728293031  
<< October 2019 >>

selected entries

categories

archives

recent comment

recommend

recommend

recommend

recommend

links

profile

search this site.

others

mobile

qrcode

powered

無料ブログ作成サービス JUGEM