北海道夕張市 北炭真谷地炭鉱跡地

  • 2012.11.18 Sunday
  • 10:30

2012年5月3日(木・祝) 午前11時55分頃


GWの北海道4days 2日目、夕張探索2日目、
鹿島白金からは、一度町に降りて、
JR新夕張駅で、ウインデーさんの友達(Iさん)と合流。
次に目指したのは、沼ノ沢から山へ入った真谷地です。


北炭真谷地炭鉱は、明治期から昭和62年まで稼働した炭鉱で、
かつての炭鉱町には、今も100戸を超える暮らしがあります。


炭鉱町真谷地は一区から六区までありましたが、
改良住宅がある六区と、真谷地市街バス停がある三区を除いて、
住居はなくなっています。
炭鉱の施設もほぼすべて解体され、
跡地には、荒涼とした風景が広がっていました。



密閉された坑口は、黄色いガス抜き管が印象的です。
往時は、隣接して炭鉱総合事務所があったそうです。

コメント
コメントする








    
この記事のトラックバックURL
トラックバック

calendar

S M T W T F S
      1
2345678
9101112131415
16171819202122
23242526272829
<< February 2020 >>

selected entries

categories

archives

recent comment

recommend

recommend

recommend

recommend

links

profile

search this site.

others

mobile

qrcode

powered

無料ブログ作成サービス JUGEM