北海道北斗市(旧上磯町) 峩朗

  • 2015.08.04 Tuesday
  • 06:37
平成27年5月31日(日)、北海道・道南の廃村めぐり3日目。 
盤の沢からは同じく旧上磯町、この日最後(五番目)の廃校廃村 峩朗(がろう)を目指した。
峩朗鉱山は、石灰を産出する太平洋セメントの現役鉱山で、一般の立入は制限されている。
ラオウさんは10年ほど前、太平洋セメントに連絡をとって、職員の方の案内で集落跡を訪ねたことがあるという。

峩朗小学校は、へき地等級2級、児童数32名(S.34)、大正8年開校、昭和36年閉校。同年閉村。
鉱山正門脇には「保安第一 ようこそ峩朗鉱山へ」と記された大きなタイヤが置かれており、「集落跡についた」という気分に浸ることができた。
ラオウさんによると、集落跡は正門左側のズリ山の裏手あたりにあるとのこと。
後日、二万五千図(陣屋、S.34)を確認すると、五万地形図(大沼公園、S.34)にはなかった文マークが正門左側に記されていた。



画像1: 峩朗鉱山正門(遠景)
「ようこそ峩朗鉱山へ」と記された大きなタイヤが迎えてくれた



画像2: 峩朗鉱山正門
峩朗小学校は、正門左側のズリ山の裏手あたりにあった

(2015年5月31日(日)午後4時40分頃)

JUGEMテーマ:ふるさと
コメント
コメントする








    
この記事のトラックバックURL
トラックバック

calendar

S M T W T F S
  12345
6789101112
13141516171819
20212223242526
2728293031  
<< October 2019 >>

selected entries

categories

archives

recent comment

recommend

recommend

recommend

recommend

links

profile

search this site.

others

mobile

qrcode

powered

無料ブログ作成サービス JUGEM