北海道上ノ国町 上ノ沢

  • 2015.07.31 Friday
  • 07:17
平成27年5月31日(日)、北海道・道南の廃村めぐり3日目。
天ノ川駅からは、湯ノ岱駅跡、湯ノ岱小学校跡には立ち寄らず、
この日三番目の廃校廃村,戦後開拓集落 上ノ沢(かみのさわ)を訪ねた。
手前の集落 湯ノ岱から4kmほど,舗装道がダートに変わってまもなく右手に,白い標柱が立っていた。

湯ノ岱小学校上ノ沢分校は,へき地等級2級,児童数22名(S.34),昭和33年開校,昭和43年閉校。集落の閉村は平成初頃。
分校跡地の標柱は,「昭和62年7月21日 道標建立の集い 関係者一同」と記されている。
分校の歴史や職員名が入った立派なものだが,傷みが進行していた。
成瀬さん,田中さんは校地の草をかき分けたが,建物の基礎は見つからなかった。
開拓集落の中心は分校跡よりもやや上手にあって,訪ねたところ作業小屋が見当たった。



画像1: 上ノ沢分校跡付近の風景
分校跡は、道の右手にある。



画像2: 上ノ沢分校跡の標柱
「湯ノ」の文字は削れて、「分校跡」の文字が草に埋もれている。



画像3: 上ノ沢分校跡の標柱(草の整理後)
建立から28年、標柱の寿命は30年ぐらいなのかもしれない。

(2015年5月31日(日)午後1時20分頃)

JUGEMテーマ:ふるさと
コメント
コメントする








    
この記事のトラックバックURL
トラックバック

calendar

S M T W T F S
  12345
6789101112
13141516171819
20212223242526
2728293031  
<< October 2019 >>

selected entries

categories

archives

recent comment

recommend

recommend

recommend

recommend

links

profile

search this site.

others

mobile

qrcode

powered

無料ブログ作成サービス JUGEM