石川県旧山中町、真砂・分校跡付近の風景

  • 2012.09.15 Saturday
  • 07:55

2012年6月25日(月) 午後3時頃


石川県旧山中町の廃校廃村めぐり、
真砂(まなご)では、車道紀念碑から発電所を過ぎて、
分校跡付近にクルマを停めて、
その先のダートは歩いて探索しました。



分校跡には、新しくはない二階建ての建物がありましたが、
あまり校舎っぽくはありません。
九谷小学校真砂分校は、明治16年創立、
へき地等級3級、児童数10名(S.34)、昭和47年閉校です。
「山中町史」には、九谷小学校の写真は載っていましたが
真砂分校は載っていませんでした。



電柱があるダートを歩いても、屋敷跡と思われる石垣や
古い橋が見つかったぐらいです。
「山中町史」には平成4年の戸数3戸、老人だけの集落で、
積雪期には、子や孫が住む町へ出るので、無住の地となる
との旨、記されているのですが、
家屋は見つからず、人にも出会いませんでした。

コメント
コメントする








    
この記事のトラックバックURL
トラックバック

calendar

S M T W T F S
1234567
891011121314
15161718192021
22232425262728
293031    
<< July 2018 >>

selected entries

categories

archives

recent comment

recommend

recommend

recommend

links

profile

search this site.

others

mobile

qrcode

powered

無料ブログ作成サービス JUGEM