兵庫県新温泉町(旧温泉町) 桧尾

  • 2014.04.26 Saturday
  • 08:10
平成22年6月5日(土)、兵庫県の日本海側 但馬(たじま)地方の廃村めぐり、
池ヶ平(いけがなる)から久斗山(くとやま)に戻ってきたのは昼12時半頃。久斗山小学校跡(平成15年閉校)で、昨夜の残りの生八ツ橋をおきのくにさんと山分けしながら、お昼休みです。

久斗山から峠を越えて、旧温泉町の熊谷(くまだに)に出ると、一見現役とも廃校ともわからない小学校(熊谷小学校)が見当たりました。後で調べると、熊谷小学校はこの春、開校以来134年の歴史に幕を引き、中心部の小学校に統合されたばかりでした。熊谷集落には商店が一軒あったので、昼食を調達したかった私は、「こんちわ」と声をかけてお店に入ったのですが、買えたのはジャガイモのスナック菓子だけでした。
池ヶ平の次に目指した高度過疎集落 桧尾(ひのきお)は、熊谷から5kmほどの山の中。だんだん頼りなくなる県道の峠を越えてすぐ、突如右手に「どう見ても学校跡」という二階建ての赤い屋根の建物が見当たりました。まさかこんなに簡単に冬季分校跡が見つかるとは、予想しませんでした。



熊谷小学校桧尾冬季分校はへき地等級2級、児童数13名(S.34)、明治34年開校、昭和43年閉校。分校の入口の前には道の盛り土がなされていて、どうやら道は分校の閉校後にできた様子です。後に住宅地図(S.54)を調べたところ、冬季分校跡の建物には、公会堂と記されていました。
事前に住宅地図(H.21)で見た桧尾集落に残る家屋は2戸。冬季分校からわずか先の斜面に広がる集落には、錆びた屋根の家屋がいくつか見当たりましたが、その大半は廃屋です。クルマを停めて、二人で探索をしているうちに、畑を耕しているおばあさんの姿が見えたので、「こんにちは」とご挨拶。お話をすると、おばあさん(神野しまゑさん)は御年90歳。きつい方言は聞きづらかったのですが、顔を合わせていると、うまく会話が成立します。



しまゑさんは、四十代中年男子から見ても、お母さんというよりはおばあさん。「この畑には、ご先祖様の家が建っていた」、「畑に残る石垣は、家の名残り」、「冬も里には降りずにここで過ごす」というしまゑおばあさんの表情は、とても朗らかでした。



「ありがとう」、「こちらこそ」と言い合いながら、しまゑおばあさんと別れて、クルマで県道に戻ると、左手に神社が見当たりました。とっさの判断、私は「止めて」と言いそびれてしまいました。廃村めぐりの私と廃校めぐりのおきのくにさん、一緒に行動すると、指向の違いがよくわかります。
山を降りたところには、味取(みどり)という山中にしては大きな集落があって、味取小学校跡(昭和51年閉校)には二宮金次郎像が残っていました。
コメント
こんばんは初めてこちらのブログ拝見しました!
自分もGWに廃村 廃校ツーリング行こうと思いますがハヤネコさんはいつも廃村などのツーには1人で回っているのでしょうか?
情けない話しちょっとびびっているのですが、でも見たいという気持ちが強いので行こうと思います。
久沢集落など行く予定です
  • とも
  • 2014/04/28 12:38 AM
どうもです。HEYANEKO(ヘヤネコ)です。
廃校廃村めぐりは、但馬のようにクルマ(友人のクルマに便乗)で出かけたり、会津のようにツーリング(妻のバイクと2台)で出かけたりと、その手段はいろいろです。
久沢というと、九頭竜湖の奥のほうですね。
ダートが4劼曚匹△蠅泙垢、フラットなので、あまり心配なく行けるのではないかと思います。
是非、楽しんできてください。
これは申し訳ないですヘヤネコさん…
そうですね楽しむ事を1番に考えて行こうと思います‼︎
地図帳を見ているだけでワクワクしてきます!
このBlogのおかげで福井県の廃村や廃校がこんなにあるっていう事が分かったので非常にありがたいです^ ^
これからも頑張ってください応援しています^ ^
  • とも
  • 2014/04/28 11:31 AM
コメントする








    
この記事のトラックバックURL
トラックバック

calendar

S M T W T F S
1234567
891011121314
15161718192021
22232425262728
2930     
<< April 2018 >>

selected entries

categories

archives

recent comment

recommend

recommend

recommend

links

profile

search this site.

others

mobile

qrcode

powered

無料ブログ作成サービス JUGEM