福島県会津若松市 大巣子

  • 2014.03.09 Sunday
  • 13:13
平成21年10月24日(土)、夫婦で出かけた会津若松の廃村めぐりツーリング、
川渓(Kawadani)の神社を後にして,県道に戻ったあたりでkeikoから,「ガソリンは大丈夫?」と声がかかりました。あわてて手元の行程表を見ると,安藤峠を越えるのは危なそうです。これはうかつでした。
しばし迷って「廃村めぐりはあと一つにして,会津若松市街に戻ろう」と判断することになりました。
次の廃村 大巣子(Oosugo)へ向かう枝道は荒い上りのダートで,keikoはたいへんそうでしたが,分岐から2kmほどでたどり着くことができました。



大巣子には家屋が数軒あり,使われていない家屋に混じって別荘風の家屋,手入れされた神社(大巣子神社)とその社務所がありましたが,人の気配はありません。なぜか神社が多い集落で,住宅地図(会津若松市,H.20)には4つの鳥居マークが記されています。



東山小学校大巣子分校はへき地等級2級,児童数22名(S.34),昭和7年開校,昭和52年閉校。分校跡と思われる広がりのある場所には,サクラの木と「湯殿山」と彫られた石碑が建っていました。



大巣子神社にお参りして,近くにある石碑を見てみると,これも点灯記念碑でした。
あと,住宅地図は卍マーク(子安観音)があったのですが,空の色が暗くなり,keikoが「雨が降りそうだから早く戻ろう」と急かし始めたので,ここはあきらめました。

東山温泉を過ぎて会津若松市街でガソリンを入れて,マクドナルドで休憩となったのは夕方4時。会津若松ICから高速道で帰るという選択肢もありましたが,携帯で天気予報を聞くと,東京・埼玉方面の天気は悪く,明日は日曜日。急いで帰る必要はありません。
話し合った結果「なじみができた東山温泉で宿をとりましょう」となり,東山温泉観光協会に電話をすると,「ホテル伏見荘」という気軽に泊まれる宿を紹介していただけました。鶴ヶ城でもらった「会津若松観光案内」のチラシは,とても役に立ちました。この日の走行距離は101kmでした。
「伏見荘」に着いた後は,温泉で冷えた体を温めて,食事はお昼と同じ食事処で一品料理と熱燗。食事後は,のんびり足湯に浸かることができました。
コメント
コメントする








    
この記事のトラックバックURL
トラックバック

calendar

S M T W T F S
1234567
891011121314
15161718192021
22232425262728
2930     
<< April 2018 >>

selected entries

categories

archives

recent comment

recommend

recommend

recommend

links

profile

search this site.

others

mobile

qrcode

powered

無料ブログ作成サービス JUGEM