石川県旧山中町 大内離村記念碑

  • 2012.07.20 Friday
  • 06:57

 2012年6月25日(月) 午後0時35分


石川県旧山中町の廃校廃村めぐり、風谷を後にして、
次に訪ねたのは、福井県境に近い大内(おおうち)です。



R.364の丸岡山中温泉トンネル入口の左手には
「大内村跡 富士写ヶ岳登山口 ふるさと公園」という看板があるので
訪ねるのはとても簡単です。



村跡には、
「今 大内の者すべて
  この村を去る
 心だけをこの地に残して」
と記された、離村記念碑が立っていました。



  碑 文
 誰れも去りたくてこの大内
を去ったのではない。今この
地に立つと祖先の魂の悲嘆を
大内の者達は確かに聞く。終
戦後本来の文化の大切さを忘
れ高度経済成長を目論み文明
を求めること急な国の施策に
押し流され、小さな村が一つ
づつ消えて行った、
 大内もその村の一つに過ぎ
ない。この地から去り難い心
と、いつか誰かが移り住むこ
とを願い、茲に碑を建てる。

 昭和五十八年四月初旬
    大内出身者一同


改めて見直すと、
 「終戦後本来の文化の大切さを忘れ」

 「いつか誰かが移り住むことを願い」
は、
ちょっと気になる言葉です。

 

コメント
コメントする








    
この記事のトラックバックURL
トラックバック

calendar

S M T W T F S
1234567
891011121314
15161718192021
22232425262728
293031    
<< July 2018 >>

selected entries

categories

archives

recent comment

recommend

recommend

recommend

links

profile

search this site.

others

mobile

qrcode

powered

無料ブログ作成サービス JUGEM