北海道幌加内町 共栄

  • 2019.09.10 Tuesday
  • 06:37

令和元年5月下旬の道東・道北の廃村探索 3日目、
蕗之台からは白樺駅跡に立ち寄りながら母子里まで戻り、5つ目の目標 農山村の廃村 共栄(きょうえい)を目指した。

 

母子里−共栄は、国道275号で20辧
共栄小学校はへき地等級2級、児童数36名(S.34)、昭和7年開校、昭和55年閉校。集落の離村は平成2年頃。
校舎は作業小屋として使われているが、「村影弥太郎の集落紀行」Webに掲載されているもの(平成24年現在)よりも取り壊された部分が増えていた。

 

国道の共栄バス停から枝道を少し入った場所にある共栄駅(平成7年9月廃止)の跡は、線路の盛土が駅跡を示す程度になっていた。
駅跡に立ち、私は「時間があったら、廃線跡を歩く旅をしてみても面白そうだなあ」に思った。

 

 

 画像1:共栄・小学校跡の校舎は作業小屋として活用されていた

 

 

 画像2:作業小屋対面の平地は、校庭だったのだろう

 

 

 画像3:線路の盛土がそれとなく駅跡を示す

 

 (2019年5月27日(月)午後1時55分〜2時5分頃)

 

コメント
うん、もっと横に長かったような気がしますが、そっかぁ、
解体(倒壊かも)されてしまったんですね。
・・・まだ利用されてるようですねはじめっち

ここの廃線後、おもしろいみいたいっすよ。トンネルの跡とか…。
んでもって、R275のトンネル掘られる前の朱鞠内方面の旧道とか、遺産たっぷりらしいっす。
・・・夏は草ぼうぼうだけどもゆたか

国道から共栄の駅あたりまでそんなに離れていない位と思っていたんですが…。
・・・連れてってもらうとわかんないものですみならいかのん


  • 3あほ
  • 2019/09/11 1:31 PM
>みなさま
 共栄の学校跡の施設、使われている様子でしたが、クルマはなく、
 人の気配はありませんでした。
 たまたまお留守だったのかもしれません。
  • HEYANEKO
  • 2019/09/12 6:58 AM
コメントする








    
この記事のトラックバックURL
トラックバック

calendar

S M T W T F S
  12345
6789101112
13141516171819
20212223242526
2728293031  
<< October 2019 >>

selected entries

categories

archives

recent comment

recommend

recommend

recommend

recommend

links

profile

search this site.

others

mobile

qrcode

powered

無料ブログ作成サービス JUGEM