石川県と長崎県の廃村に行ってきました

  • 2019.08.06 Tuesday
  • 06:57

令和元年8月上旬、石川県と長崎県の廃村に行ってきました。

訪ねた廃校廃村は、石川県小松市光谷、新保(再訪2か所)、
長崎県小値賀町野首、舟森、藪路木島(再訪2か所、新規1か所、計5か所)です。
メンバーは、光谷、新保、舟森が単独、
野首、藪路木島が私と堀田先生(大学時代の恩師)のふたりです。 

 

このうち、19年ぶりに訪ねた野崎島の野首、舟森(キリシタン集落跡)は
「長崎と天草地方の潜伏キリシタン関連遺産」の12の構成資産のひとつ、
「野崎島の集落跡」として、平成30年6月、世界遺産(文化遺産)に登録されました。
集落跡が世界遺産に登録されたのは、日本初のことと思われます。

 

旅を振り返れば、「廃村も文化遺産といえるなあ」と思いました。
移動距離が長かったこともあり、旅の行程、3泊4日のうち、
フィールドワークに費やしたのは、2日間でした。

 

 

 画像1:光谷・共同浴場跡の碑
     共同浴場跡は鉱山集落、炭鉱集落では多数見られるが
     農山村では珍しい。

 

 (2019年8月2日(金)午前10時35分頃)

 

 

 画像2:野首天主堂
     19年前の秋は、町役場の方から鍵を借りて、貸し切りで入った天主堂、
     今は世界遺産「野崎島の集落跡」のシンボル的存在になった。

 

 (2019年8月4日(日)午前9時20分頃)

 

 

 画像3:舟森郷の碑
     いわゆる離村記念碑で、お墓の類ではない。
     10年前(平成21年5月)に建てられたもので、船からでも見ることができる。

 

 (同 午前11時10分頃)

 

 

 画像4:藪路木島・港と漁船の跡
     昭和47年離村、漁業が生業の島には、元島民の方のモーターボートで出かけた。

     すぐ隣、今も分校が存続する大島の民泊先のご主人は、
    「大島には豊富な湧水があるが、藪路木は水に乏しかった」と話された。

 

 (同 午後4時10分頃)
 

コメント
上五島中通島の津和崎(だっけ?)から、望遠鏡で、
(たぶん)野崎島舟森の方向を見たんですが、やっぱし遠目からでは見れませんね。
20年前は(上五島の人の話で、舟森は陸上からでは)
行けろか行けないかわからないところだそうでしたが、
神社はもちろん、南の舟森までも行けるんですね。
・・・野崎・六島には行ってみたいですはじめっち

藪路木島ってば、かつて大島と同じくらいの規模の集落があったと聞いているんすが、
そうすか、水の有無で無住化してまった可能性があるんすね。
・・・同じ島の作りだと思うんすが不思議っすゆたか

あたいはむずかしいことはよくわかんないけども、
藪路木島の近くに宇々島ってのがあって、「経済的な自力更生」を促す島らしかったのだ。
生活できなくなった家庭を村八分や島流しにするんでなくて、
数年後、また地域の中で生活させようってば考え方は、
先進的っていうよか、それぞれの島が一世帯を失うことが共同体維持に影響出るっていう
考え方からくるんでないかなってば思うのだ。
・・・いまはむかしよか離島にいきやすくなってんのかいな?なのだつるみん
  • 3あほ
  • 2019/08/08 2:41 PM
>みなさま
 舟森は、陸路よりも海路のほうが行きやすい感じがします。
 ただ、陸路なら町営船「はまゆう」で往復1,000円ですが、
 海路ならチャーター船で10,000円が相場のようです。
  • HEYANEKO
  • 2019/08/09 7:30 AM
コメントする








    
この記事のトラックバックURL
トラックバック

calendar

S M T W T F S
  12345
6789101112
13141516171819
20212223242526
2728293031  
<< October 2019 >>

selected entries

categories

archives

recent comment

recommend

recommend

recommend

recommend

links

profile

search this site.

others

mobile

qrcode

powered

無料ブログ作成サービス JUGEM