味土野 再訪

  • 2019.07.22 Monday
  • 07:00

令和元年7月中旬、京都府・丹後半島の廃村探索、
京丹後市(旧弥栄町)味土野は17年ぶり。
地域のカトリック教会の集いがあって、おにぎりをおすそ分けしていただいたり、
通いで畑を耕す元住民の方と話ができたりで、収穫はたくさんあった。
直前で引き返したため、聖神社跡に行くことができなかったのは、
そう簡単に訪ねることができる場所ではないので、まあよしとしよう。

 

分校跡には、探索の最後に足を運んだ。
野間小学校味土野分校は、へき地等級2級、児童数3名(S.34)、明治14年開校、昭和46年閉校。
17年前(平成14年夏)、分校跡校舎は公共の宿泊施設「山の家 ガラシャ荘」として活用されていた。
今は改築され、公民館として使われているという。
いくぶん雰囲気は変わったが、残っていて嬉しく思った。

 

 

 画像1:味土野・分校跡校舎(その1、17年前)

 

 (2002年8月14日(水)午前11時頃)

 

 

 画像2:分校跡校舎(その2、枝道から見る)

 

 

 画像3:分校跡校舎(その3、正面から見る)

 

 

 画像4:分校跡校舎(その4、県道北側から見る)

 

 (2019年7月15日(月祝)午後2時5分〜2時20分頃)
 

 

コメント
うん、なんかとてもいい情報が手に入ったようなのっす。
・・・開示できるかどうかはともかくとしてっすゆたか

20年前の地図には「ガラシャ荘」の印があったような…。
大河ドラマの関係で大盛り上がり…じゃないですか?
・・・来年は人たくさん来んのかな?みならいかのん

地域のカトリックさん…っちゅうことは味土野の信者さんということなのでしょうか?
「潜伏」ではなく、明治以降なのかなと思いますが…。
そちらのほうに興味がありますが、ブログに記されるのは個人情報の点からも難しいかも…ですね。
・・・あはは…無茶なこと要求しそうではじめっち


  • はじめっち&ゆたか ほか
  • 2019/07/22 12:25 PM
>みなさま
 「麒麟がくる」で盛り上がっているのは、光秀の城があった亀岡市、福知山市で、
 京丹後市は「亀岡、福知山ほどではない」そうです。
  • HEYANEKO
  • 2019/07/23 7:10 AM
コメントする








    
この記事のトラックバックURL
トラックバック

calendar

S M T W T F S
  12345
6789101112
13141516171819
20212223242526
2728293031  
<< October 2019 >>

selected entries

categories

archives

recent comment

recommend

recommend

recommend

recommend

links

profile

search this site.

others

mobile

qrcode

powered

無料ブログ作成サービス JUGEM