滋賀県の廃村に行ってきました

  • 2019.06.25 Tuesday
  • 06:45

令和元年亥年、5度目の廃村探索、
滋賀県の廃村に行ってきました。
訪ねた廃村は、多賀町保月(ほうづき)で、取材の流れです。

 

保月を訪ねるのは平成13年以来、18年ぶり。
取材は、寺(照西寺)の中で行いました。
村の方に話をうかがい、八幡神社、学校跡にも足を運びました。

 

関西の梅雨入りは遅れており、青空の下、
快適なひとときを過ごすことができました。

 

 

 画像1:浄土真宗 照西寺
     寺の下手の教員住宅はなくなっていましたが、
     多くの見覚えがある建物が維持管理され残っていました。

 

 

 画像2:八幡神社
     鳥居がないので目立ちませんが、
     春と秋に祭礼が行われるなど、維持管理がなされています。

 

 

 画像3:八幡神社のキツネ
     神社の一角に、野生のキツネが棲みついています。
     餌をねだるそうですが、持ち合わせていませんでした。

 

 

 画像4:脇ヶ畑小学校跡地
     脇ヶ畑は旧行政村の名称で、保月に村役場がありました。
     道沿いの跡地碑がある場所は中学校分校跡で、
     小学校跡地は隣の丘の上にあります。
     元住民の方と一緒に、今回初めて訪ねました。

 

 (2019年6月24日(月)午前10時45分〜12時55分頃)

コメント
コメントする








    
この記事のトラックバックURL
トラックバック

calendar

S M T W T F S
  12345
6789101112
13141516171819
20212223242526
2728293031  
<< October 2019 >>

selected entries

categories

archives

recent comment

recommend

recommend

recommend

recommend

links

profile

search this site.

others

mobile

qrcode

powered

無料ブログ作成サービス JUGEM