上幌内(雄武町)再訪

  • 2019.06.06 Thursday
  • 06:10

令和元年5月、北海道・オホーツク管内の廃村探索3日目、
宿泊地 上興部からは、下川市街、サンルを経て、雄武町の農山村の廃村 上幌内(かみほろない)へ向かった。
下川市街からオホーツク海沿いの雄武町幌内へと続く道道の距離は56辧
下川−幌内間に現住集落はなく、最果て感を味わうことができる。
高度成長期以前、上幌内は下川・美深から雄武・幌内に行くときの中継地点として重要だったに違いない。

 

上幌内を訪ねるのは平成19年9月以来12年ぶり。
郵便局跡の局舎はそのままだったが、平成20年の離村を経てポストはなくなっていた。
五万地形図(雄武、S.48)を頼りに神社を探すと、やや傷んだ大きな社殿が迎えてくれた。

 

 

 画像1:上幌内・学校跡に建つ「開魂」の碑(昭和45年建立)

 

 

 画像2:ポストがなくなった上幌内郵便局跡の局舎 

 

 

 画像3:上幌内神社・大きな社殿が建つ

 

  (2019年5月27日(月)午前9時25分〜9時55分頃)

 

コメント
こんな立派な神社があるとは気がつきませんでした。
・・・「おみこし」とか収納してそう…はじめっち

平成20年に無住区になってしまったんすか。
郵便局(けっこう最近までやってたす)も学校も稼働していたころさ思い出すっす。
・・・んだば今は除雪ステーションだけっすねゆたかんでもって郵便局残ってるのはうれしいす

初めて行ったときは、「美深方面は冬季通行止め?だった」
と、年寄り2匹が申しております。
・・・いずれにしても交通の要衝だったのでしょうみならいかのん

  • はじめっち&ゆたか&みならいかのん
  • 2019/06/06 8:14 PM
>みなさま
 上幌内、郵便局は平成10年まで稼働していたようです。
 道内できっぱり無住化した農山村という点では、目を引く存在です。
 神社は道道からは見えないので、見つけることができ、再訪した甲斐がありました(^^)
  • HEYANEKO
  • 2019/06/13 12:42 PM
コメントする








    
この記事のトラックバックURL
トラックバック

calendar

S M T W T F S
 123456
78910111213
14151617181920
21222324252627
28293031   
<< July 2019 >>

selected entries

categories

archives

recent comment

recommend

recommend

recommend

recommend

links

profile

search this site.

others

mobile

qrcode

powered

無料ブログ作成サービス JUGEM