鶴見・令和最初に訪ねた廃村

  • 2019.06.04 Tuesday
  • 07:05

令和元年5月、岐阜県の廃校廃村探索、
助手席に妻を乗せて、岐阜羽島駅のレンタカー店を出発したのは午前9時頃。
「令和最初の廃村は、徳山村にしよう」と国道417号を北上した(岐阜羽島−徳山村は63辧法
しかし、藤橋城の引力に負けて、手前の鶴見(つるみ)に立ち寄ることになった。
令和最初に訪ねた廃村は、鶴見になった。

 

川向こうの東杉原(ひがしすぎはら)にも立ち寄ると、畑仕事をされる島岡範子さん(簡易宿泊所「すぎはら」の女将)に出会うことができた。
御山神社跡の広場に立ち寄ったときに見えた善教寺は、あまり傷んでいなかった。
心配したサルの群れには出会わなかった。

 

 

 画像1:令和最初に訪ねた廃村、鶴見の由来碑 

 

 

 画像2:東杉原・善教寺はあまり傷んでいなかった 

 

 

 画像3:東杉原から見た鶴見の藤橋城(城型のプラネタリウム) 

 

  (2019年5月2日(木)午前10時25分〜10時40分頃)

 

コメント
コメントする








    
この記事のトラックバックURL
トラックバック

calendar

S M T W T F S
1234567
891011121314
15161718192021
22232425262728
2930     
<< September 2019 >>

selected entries

categories

archives

recent comment

recommend

recommend

recommend

recommend

links

profile

search this site.

others

mobile

qrcode

powered

無料ブログ作成サービス JUGEM