宮崎県西都市 猪之原(その1)

  • 2019.02.23 Saturday
  • 07:36

平成31年1月中旬、南九州の廃村探索4日目、
片内小学校跡行きを断念し、宿に戻るとkeikoはゆっくりしていたそうだったので、急きょ比較的近い未訪の農山村の廃村 猪之原(いのばる)を目指すことになった。


情報は薄く、佐藤さんも「猪之原ってどこ」とのことで、「たどり着けたら儲けもの」という気分で兄ちゃんと2人で出かけた。

手持ちの情報は、五万地形図(尾鈴山、S.44)とツーリングマップのみ。
農山村の廃村(高度過疎集落)古仏所(こぶところ)のバス停に工事関係の方々いたので「猪之原に行きたいのですが」と尋ねたところ、
「中尾西の分岐から中入、樅木まではおそらく行けるが、その先はわからない」とのこと。

 

とにかく行くしかないので中入まで進んだが、人の気配はない。
樅木ではイヌがいる家屋があり、家の方(女性)に尋ねたところ、猪之原まではクルマで行けて、現地のゆず畑の一角に分校跡地碑があることがわかった。
こうなれば、気合が違ってくる。
目指す方向に「踊庭」という表記が出てきたが、これは手前の尾根にある神社の名前らしい。
坂を下り、ゆず畑の中、舗装道の終点には家屋が建っていて、猪之原到着を確信した。

 

 

 画像1:猪之原の手前・尾根にある踊庭神社

 

 

 画像2:踊庭神社の境内には舞台がある

 

 

 画像3:猪之原・ゆず畑の中、舗装道の終点に建つ家屋

 

  (2019年1月15日(火)午前11時5分〜11時15分頃)

 

コメント
コメントする








    
この記事のトラックバックURL
トラックバック

calendar

S M T W T F S
  12345
6789101112
13141516171819
20212223242526
2728293031  
<< October 2019 >>

selected entries

categories

archives

recent comment

recommend

recommend

recommend

recommend

links

profile

search this site.

others

mobile

qrcode

powered

無料ブログ作成サービス JUGEM