片内 再訪

  • 2019.02.22 Friday
  • 07:00

平成31年1月中旬、南九州の廃村探索4日目(最終日)、
西都市片内の民宿「かたすみ」での起床は朝7時。
この日は特に予定を入れていない。

 

まず、keikoと一ツ瀬発電所まで散歩した後に朝食をとり、続いて兄ちゃんと裏の山上にある片内小学校跡を目指して歩いた。
片内(本流瀬)は発電所関係の廃村で、小学校は昭和41年まで存続した。
2度訪ねて慣れているはずの山道だが、昨秋の台風の影響で荒れており、V字の折返しを見つけることができず、小学校跡にたどり着くことはできなかった。

 

 

 画像1:民宿「かたすみ」、片内(本流瀬)で唯一残る民家でもある

 

 

 画像2:一ツ瀬発電所の下手、一ツ瀬川の流れ

 

 

 画像3:片内小学校跡への山道分岐付近、教員住宅跡の家屋

 

  (2019年1月15日(火)午前7時20分〜9時40分頃)

 

コメント
コメントする








    
この記事のトラックバックURL
トラックバック

calendar

S M T W T F S
  12345
6789101112
13141516171819
20212223242526
2728293031  
<< October 2019 >>

selected entries

categories

archives

recent comment

recommend

recommend

recommend

recommend

links

profile

search this site.

others

mobile

qrcode

powered

無料ブログ作成サービス JUGEM