宮崎県小林市 木浦木

  • 2019.02.08 Friday
  • 06:45

平成31年1月中旬、南九州の廃村探索3日目、
赤松からは、2番目の初訪 農山村(営林関係)の廃村 木浦木(きうらぎ)へと向かった。赤松と木浦木を結ぶ木浦木林道には、10勸幣紊離澄璽箸あり、その走りごたえは記憶に残るものだった。

 

住宅地図から調べた木浦木の離村時期は平成5年頃。『ここに学校があった』には「昭和56年に全戸引き揚げた」とある。
浜ノ瀬ダムの着工は平成6年、竣工は平成26年なので、離村の要因がダム建設なのかどうかは微妙なところである。

 

小林小学校木浦木分校(のち木浦木小学校)は、へき地等級3級、児童数70名(S.34)、明治31年開校、昭和51年閉校。
少しだけ上流側の神社(山之神神社)は堂々としたものに新築されていたが、学校跡はギリギリの線で水没していた。
渇水期に来たら別の印象を受けたかもしれない。
神社の一角でやや遅めの昼食休みをとっていると、「数十年ぶりに来た」という元住民の方と出会うことができた。

 

 

 画像1:木浦木・学校跡はギリギリの線で水没していた

 

 

 画像2:スギ林となった住宅の跡地

 

 

 画像3:真新しい社殿が建つ山之神神社

 

  (2019年1月14日(月祝)午後1時35分〜55分頃)
 

コメント
コメントする








    
この記事のトラックバックURL
トラックバック

calendar

S M T W T F S
  12345
6789101112
13141516171819
20212223242526
2728293031  
<< October 2019 >>

selected entries

categories

archives

recent comment

recommend

recommend

recommend

recommend

links

profile

search this site.

others

mobile

qrcode

powered

無料ブログ作成サービス JUGEM