愛媛県新居浜市 中之成(その3)

  • 2019.01.29 Tuesday
  • 06:54

平成30年12月、愛媛県の廃村探索、旅2日目、
中之成(なかのなる)の戸数は18戸(S.36)。
近隣には柿之成(8戸)、上之成(16戸)といった小集落があった。

 

中之成では集落下手にも神社があって、心当たりの場所には「カシノキ 右入る10m」という標柱が立っていた。
石段を上がると鳥居、狛犬、社殿がそろった大きめの神社(大宮神社)が迎えてくれた。

大宮神社境内で朝食休みを取ったのは8時30分頃。
境内は荒れ気味ではあるが、時々手入れされているような感じもする。
社殿手前のプレハブ小屋は、社務所が取り壊された後に建てられたと考えられるが、
使われなくなって久しい様子だった。

 

分校の児童数は昭和40年17名に対し、同41年は1名と激減しており、
この頃離村が進んだことが推測される。
約1時間の中之成の探索で、誰かに出会うことはなかった。

 

 

 画像1 中之成・下手の神社、大きな狛犬と鳥居に迎えられる

 

 

 画像2 社殿に巻き付いた幟は破れていた

 

 

 画像3 境内にカシの木が立つ

 

  (2018年12月16日(日)午前8時30分〜8時50分頃)
 

コメント
コメントする








    
この記事のトラックバックURL
トラックバック

calendar

S M T W T F S
  12345
6789101112
13141516171819
20212223242526
2728293031  
<< October 2019 >>

selected entries

categories

archives

recent comment

recommend

recommend

recommend

recommend

links

profile

search this site.

others

mobile

qrcode

powered

無料ブログ作成サービス JUGEM