愛媛県新居浜市 中之成(その2)

  • 2019.01.28 Monday
  • 07:20

平成30年12月、愛媛県の廃村探索、旅2日目、中之成(なかのなる)の探索、

「エノキ 左入る100m」の標柱からスギ林の中、山道をたどると、
道の左側にエノキをご神木とした上手の神社跡が見つかった。

 

大生院小学校中之成分校は、へき地等級域1級、児童数29名(S.34)、明治25年開校、昭和43年閉校。
五万地形図(新居浜、1970)から、分校は上手の神社のそばにあったと想定していた。
探索では痕跡はわからなかったが、後に得た「分校は神社の対面」という情報を加味すると、対面で見つけた水回りらしきものが痕跡といえそうだ。

 

神社上方の家屋跡に続く歩道には「奉寄進 明治20年」と刻まれた幟を立てる石柱が建っていた。
薄暗いスギ林の中を探索すると、多くの石垣とお墓、陶器がめが見つかった。

 

 

 画像1 中之成・上手の神社、階段とエノキ

 

 

 画像2 分校跡に関係すると思われる水回りらしきもの

 

 

 画像3 陶器がめが見つかる

 

  (2018年12月16日(日)午前8時〜8時30分頃)
 

コメント
コメントする








    
この記事のトラックバックURL
トラックバック

calendar

S M T W T F S
  12345
6789101112
13141516171819
20212223242526
2728293031  
<< October 2019 >>

selected entries

categories

archives

recent comment

recommend

recommend

recommend

recommend

links

profile

search this site.

others

mobile

qrcode

powered

無料ブログ作成サービス JUGEM