石川県旧山中町 風谷番所址石碑

  • 2012.07.13 Friday
  • 08:44

2012年6月25日(月) 午後0時10分


石川県旧山中町の廃校廃村 風谷(かぜたに)には、
「風谷番所址」と記された、立派な記念碑が立っていました。



碑の左横には碑文、右横には住宅配置図がある本格的なもので、
人の気配のない集落のはずれで、存在感を示していました。



  碑 文
 風谷村は、江戸時代永く大聖寺藩の所領に属し、
この地に御番所が置かれた。(村井家跡)古代から
近代にかけて、加賀と越前の国境を結ぶ交通の要地
として風谷が存在した。また、藩政時代の刑場が
東野家跡にあったと伝承している。
 風谷の村名の由来は、風の強い尾根に峠があった
ことから生まれたと伝えられている。寿永二年(1
183年)木曽義仲群が平家と野戦いで風谷峠を通
り、天文三年(1534年)に一揆勢、朝倉勢の通
路であったと「朝倉記」に記している。
 風谷の正確な成立年代は分からないが大聖寺藩が
この地において銀の採掘、荒砥石を切り出したとの
記録があり、また新田開発により元禄十四年当時、
二十一石の村高を八十八石と他村に類例を見ない増
加を成し遂げた。藩政時代の大聖寺藩は風谷の胆煎
を奥山方筆頭胆煎として任命している。
 風谷の最盛期、明治二十二年には戸数三十五戸、
村人百八十六名が焼き畑、炭焼きなどをして暮らし
ていた。戦後(1945年)、時代の推移とともに
人口が減り、昭和三十年頃から急激な過疎になって
今は、往時の面影はないが、現在住者、離村者とも
どもに、ふるさと風谷を後世にとどめたいと、万感
の想いを込めてここに碑を建立する。
  平成十七年九月吉日



住宅配置図を改めて見ると、分教場は三差路よりも村の入り口(八幡神社)の
方向に記されています。

訪ねたときははっきりわからなかったのですが、
後日平成2年の山中町の住宅地図を見ると、学校跡は八幡神社の石垣の下で、
今は駐車スペースになっている場所でした。

コメント
コメントする








    
この記事のトラックバックURL
トラックバック

calendar

S M T W T F S
1234567
891011121314
15161718192021
22232425262728
2930     
<< April 2018 >>

selected entries

categories

archives

recent comment

recommend

recommend

recommend

links

profile

search this site.

others

mobile

qrcode

powered

無料ブログ作成サービス JUGEM