山形県鶴岡市 大机(その1)

  • 2019.01.10 Thursday
  • 06:37

平成30年11月中旬、山形県の廃村探索2日目、
午後の部、大机(おおつくえ)、河倉(かわくら)、長滝(ながたき)は、すべて鶴岡市南東部、旧田川村(昭和30年鶴岡市に編入)の山間部にある。
地形図ではあまり差がないように見えるが、どれもその情報は薄い。
それぞれどんな集落なのかは、行ってみてのお楽しみだ。

 

大机は最寄集落 坂野下から2辧標高は274m(分校跡)、戸数13戸(S.37)の農山村で、平成6年頃に離村した。
通じる道は急だが舗装されていて走りやすい。
集落の少し手前には「不動明王」碑があって、小さな川の流れ沿いの道を上がると、不動さまと出会うことができた。

 

 

  画像1 車道沿い、橋の袂に石碑を見つける

 

 

  画像2 碑には「明治35年 不動明王」と刻まれている

 

 

  画像3 滝のすぐそばに不動さまが鎮座していた

 

  (2018年11月11日(日)12時40分〜12時45分頃)
 

コメント
コメントする








    
この記事のトラックバックURL
トラックバック

calendar

S M T W T F S
  12345
6789101112
13141516171819
20212223242526
2728293031  
<< January 2019 >>

selected entries

categories

archives

recent comment

recommend

recommend

recommend

recommend

links

profile

search this site.

others

mobile

qrcode

powered

無料ブログ作成サービス JUGEM