山形県鶴岡市(旧朝日村) 桝形(その6)

  • 2019.01.09 Wednesday
  • 06:39

平成30年11月中旬、山形県の廃村探索2日目、
鉱山関係の廃村 桝形(ますがた)の探索、
学校跡はプールからだと1匐瓩下流側にあり、
「この辺り」と想定した場所に草藪をかき分けて向かった。

 

大鳥小学校桝形分校はへき地等級5級、児童数80名(S.34)、昭和16年開校、昭和54年閉校。
「地理院地図」Webの空中写真ではクルマが通れる幅の枝道があって、
その先左手に鰍沢に沿って校舎が建っている(標高は466m)。
クルマが通れる幅の枝道は何とか見つかったが、その先には灌木とススキに覆われた平地があるばかりで、確証できるものを見つけることはできなかった。
しかし、他に心当たりはないので、ここを分校跡想定地とした。

 

桝形の探索は2時間(往復10劼諒發を加えると5時間)、
歯ごたえがある探索だった。

 

 

  画像1 クルマが通れる幅の枝道

 

 

  画像2 分校跡想定地(ススキに覆われた平地)

 

  (2018年11月11日(日)午前9時50分〜10時10分頃)
 

コメント
コメントする








    
この記事のトラックバックURL
トラックバック

calendar

S M T W T F S
     12
3456789
10111213141516
17181920212223
24252627282930
31      
<< March 2019 >>

selected entries

categories

archives

recent comment

recommend

recommend

recommend

recommend

links

profile

search this site.

others

mobile

qrcode

powered

無料ブログ作成サービス JUGEM