山形県鶴岡市(旧朝日村) 桝形(その3)

  • 2019.01.06 Sunday
  • 06:47

平成30年11月中旬、山形県の廃村探索2日目、
鉱山関係の廃村 桝形(ますがた)の探索、
神社跡の気配がする斜面は、村影さんに続いて私も上った。

 

「地理院地図」Webの地形図の鳥居マークは、道との高低差40mの場所にある。
行く手を阻む斜めに生える灌木が、大量の雪が長く残る地であることを物語っている。
歩き始めて15分ほどで神社の跡地が見つかった。
ご本尊が奉られていたと思われるコンクリートの窪みには、なぜか大量のゴミが入っていた。
「こんなところに捨てなくてもいいのに」と村影さんと顔を合わせて、私はため息をついた。
それでも、横から撮ると、まあまあ風情のある画像になった。

 

 

  画像1 神社跡の気配がする斜面

 

 

  画像2 斜めに生える灌木が行く手を拒む

 

 

  画像3 神社跡、コンクリートの窪みには大量のゴミが入っていた。

 

 

  画像4 コンクリートの窪みを横から撮る

 

  (2018年11月11日(日)午前8時30分〜9時頃)
 

コメント
コメントする








    
この記事のトラックバックURL
トラックバック

calendar

S M T W T F S
      1
2345678
9101112131415
16171819202122
23242526272829
30      
<< June 2019 >>

selected entries

categories

archives

recent comment

recommend

recommend

recommend

recommend

links

profile

search this site.

others

mobile

qrcode

powered

無料ブログ作成サービス JUGEM