山形県鶴岡市(旧朝日村) 桝形(その2)

  • 2019.01.05 Saturday
  • 06:54

平成30年11月中旬、山形県の廃村探索2日目、
鉱山関係の廃村 桝形(ますがた)の探索、
雪崩遭難慰霊碑の少し先、鰍沢の向かい側には、大鳥鉱山時代(大正の頃)のものと思われるズリ山が見られた。

 

歩き始めて1時間10分ほど(約5辧砲燃惺酸廚剖瓩鼎い燭、気配がしなかったので、探索は神社跡(集落跡を含む)、鉱業所跡、学校跡の順序で回ることになった。

 

県道の右手に集落跡の気配がする低い法面があった。
村影さんは「行ってきます」といって法面を上がったが、私はよいタイミングなので、一服して朝食をとることにした。
戻ってきた村影さんに朝食のことを尋ねたところ、「宿で食べてきました」とのことだった。
探索の収穫は、これといってなかったそうだ。

 

 

  画像1 大鳥鉱山時代のものと思われるズリ山

 

 

  画像2 桝形へと続く道、秋景色が美しい

 

 

  画像3 集落跡の気配がした法面

 

  (2018年11月11日(日)午前7時20分〜8時30分頃)
 

コメント
コメントする








    
この記事のトラックバックURL
トラックバック

calendar

S M T W T F S
     12
3456789
10111213141516
17181920212223
24252627282930
31      
<< March 2019 >>

selected entries

categories

archives

recent comment

recommend

recommend

recommend

recommend

links

profile

search this site.

others

mobile

qrcode

powered

無料ブログ作成サービス JUGEM