秋田県東成瀬村 仁郷

  • 2018.12.21 Friday
  • 06:45

平成30年9月中旬、秋田県の廃村探索2日目、
3番目(この日最後)の廃校廃村 東成瀬村仁郷(にごう)は営林集落で、
檜山台からさらに3匸緡部、標高485mの山間にある。
東成瀬局郵便区地図(S.28.10)には21戸とある。

 

檜山台と同じく成瀬ダムの建設工事が行われているが、仁郷はダム堤体の上流にあり、
ダム完成時には集落跡は湖に沈む。
R.342には夢仙人トンネルという新ルートがあるが、これに続く新しいトンネル工事が進められていて、
現在のダム見学用スペースも湖に沈むことなのだろう。

 

大柳小学校仁郷分校は、へき地等級5級、児童数49名(S.34)、昭和25年開校、昭和37年閉校。
分校跡は R.342の分岐から500mの場所にあるが、ゲートは閉ざされていた。
しかし、檜山台とは異なり、赤滝という成瀬川本流の滝に向かう歩道が整備されていた。
クルマを停めて赤滝を目指して歩くと、途中から道は往時からのものとなり、
赤滝神社の社殿がそばに建つ滝までたどり着くことができた。
滝の地色が赤いのは、川水の鉄分によるものなのだろう。

 

 『秋田・消えた村の記録』(佐藤晃之輔著、無明舎出版刊、1997)の仁郷の記事には、
「集落跡は牧草地となっている」「赤滝神社は雨ごいの神様として親しまれ、村主催の祭りが行われている」と記されている。
20年強経ってその現況は大きく変わり、あと数年で赤滝も赤滝神社もなくなってしまうのだろう。

 

 

  画像1 仁郷・ダム建設現場の中に赤滝への道が整備されている

 

 

  画像2 赤滝神社の社殿が往時の雰囲気を伝える

 

 

  画像3 赤滝もダム完成時には湖に沈む

 

 (2018年9月17日(月祝)午後3時15分〜4時頃)
 

コメント
コメントする








    
この記事のトラックバックURL
トラックバック

calendar

S M T W T F S
      1
2345678
9101112131415
16171819202122
23242526272829
30      
<< June 2019 >>

selected entries

categories

archives

recent comment

recommend

recommend

recommend

recommend

links

profile

search this site.

others

mobile

qrcode

powered

無料ブログ作成サービス JUGEM