愛媛県の廃村に行ってきました

  • 2018.12.18 Tuesday
  • 07:03

平成30年戌年、21度目(最終)の廃村探索、
11月に続いて、愛媛県の廃村に行ってきました。
訪ねた廃村は、新居浜市中之成、鹿森、土ノ峠
(計3か所、初訪2か所、再訪1か所)です。
今宮の聞き取り調査を兼ねた1泊2日の旅でした。

 

探索は、愛媛在住の友人 荒獅子さんと2人で行いました。
中之成では、分校跡ははっきりとはわからずでしたが、
神社跡(上と下で1か所あった)を訪ねました。
上はエノキ、下はカシの木がご神木でした。

 

鹿森は、平成22年以来8年ぶり。
スケールの大きさは特筆ものです。
分校跡の標板は、門柱から外れており、文字は色褪せていました。

 

土ノ峠への道は、予想通り歯ごたえがあり、
マウントピア別子の駐車場から歩いて1時間30分かかりました。
分校跡の石碑は、イチョウの落ち葉に包まれていました。

 

「廃村千選」愛媛県のポイント23か所中、
残る未訪はあと2か所(小田深山、御五神島)になりました。

 

 

 画像1:中之成・上の神社跡
    地形図によると、分校跡は上の神社近辺にあったものと思われる

 

 (2018年12月16日(日)午前8時頃)

 

 

 画像2:鹿森・分校跡門柱
    集落跡は雛壇状に整地されており、校庭は門柱の対面にあった。

 

 (同 午前10時頃)

 

 

 画像3:土ノ峠・分校跡石碑

    分校跡は石碑の先にあり、校舎の基礎が残っていた

 

 (同 午前11時20分頃)
 

コメント
コメントする








    
この記事のトラックバックURL
トラックバック

calendar

S M T W T F S
     12
3456789
10111213141516
17181920212223
24252627282930
31      
<< March 2019 >>

selected entries

categories

archives

recent comment

recommend

recommend

recommend

recommend

links

profile

search this site.

others

mobile

qrcode

powered

無料ブログ作成サービス JUGEM