愛媛県西条市 今宮(その2)

  • 2018.12.15 Saturday
  • 05:55

平成30年11月上旬、愛媛県の廃村探索2日目、

今宮の探索、後半は「丸一屋」を折返り点として、

石鎚登拝道と今宮林道を元に戻る形で行った。

 

高嶺小学校今宮分校は、へき地等級2級、児童数20名(S.34)、明治44年開校、昭和47年閉校。
初訪時に見つけることができなかった校舎は、木や草に埋もれていたが、
中はさっぱりとしていて、廊下や教室に面影が感じられた。

 

14年ぶりに訪ねた石鎚登拝道の途中にある旅籠町 今宮。
人の気配が薄れ、木々が茂り、森へ還っていく感が印象深く残った。
同時に、14年という年月の重みが肌身にしみた。

 

 

 画像1: 今宮・「丸一屋」に戻ったので、石鎚登拝道を折り返して上る

 

 

 画像2: 木立の中なので薄暗いが、歴史を感じさせる石垣が続く

 

 

 画像3: 「表屋」の近く、とてもしっかりした石垣が見られた

 

 

 画像4: 「善之丞」のそばには、静かに墓石が建っていた
     (「丞」は正確には「極」の木へんがないもの)

 

 

 画像5: そして今宮分校の屋根に戻り着く
      40分ほど経過して、周囲はやや明るくなった

 

 

 画像6: 校舎の内部は、思いのほかすっきりとしていた

 

 

 画像7: 校舎を灌木だらけの校庭から見る
      どこかに往時からの標札も残っているらしい
 

 

 画像8: 校庭を挟んで、廃屋が建っている
     (手元の資料によると、宿ではなく一般の民家)

 

 

 画像9: コンロやなべに往時の生活感が感じられる

 

 

 画像10: 宿ではないはずなのだが、宿泊人名簿が残っていた

 

 (2018年11月4日(日)午前6時45分〜7時20分頃)
 

コメント
コメントする








    
この記事のトラックバックURL
トラックバック

calendar

S M T W T F S
      1
2345678
9101112131415
16171819202122
23242526272829
30      
<< June 2019 >>

selected entries

categories

archives

recent comment

recommend

recommend

recommend

recommend

links

profile

search this site.

others

mobile

qrcode

powered

無料ブログ作成サービス JUGEM