石鎚保育所跡(その2)

  • 2018.12.08 Saturday
  • 07:10

平成30年11月上旬、愛媛県の廃村探索2日目、
石鎚保育所跡の建物にはまずまずの規模があり、
外壁を追いかけているうちに「石鎚養蚕組合」という標板を見つけた。
保育所以外にも公共施設が入っていた様子だ。

 

昭和10年の周桑郡千足山村(この地域の行政村)の人口は 1,161名。
昭和26年、千足山村は石鎚村へと名称変更。
昭和30年、昭和の大合併で小松町石鎚となり、
平成16年、平成の大合併で西条市小松町石鎚となる。
平成27年の国勢調査では、石鎚は2戸3名。
かつて千人を超える人口があったという規模を考えると、
石鎚村は行政村の廃村と言える。

 

平成7年、旧石鎚小中学校に設けられていた石鎚公民館が廃止となっており、
その頃、虎杖土場は無住化したと思われる。

 

 

 画像1:石鎚保育所跡の建物
     「石鎚養蚕組合」という標板を見つけた

 

 

 画像2:石鎚保育所跡の建物の廊下
     荒れ方が、使われなくなって久しいことを物語る

 

 

 画像3:石鎚保育所跡、外付けのトイレ
     まとまった数の便器が残っていた

 

 (2018年11月4日(日)午前9時25分〜45分頃)
 

コメント
コメントする








    
この記事のトラックバックURL
トラックバック

calendar

S M T W T F S
     12
3456789
10111213141516
17181920212223
24252627282930
31      
<< March 2019 >>

selected entries

categories

archives

recent comment

recommend

recommend

recommend

recommend

links

profile

search this site.

others

mobile

qrcode

powered

無料ブログ作成サービス JUGEM