廃村小平・新旧の風景

  • 2018.11.15 Thursday
  • 07:15

平成30年11月中旬、山形県の廃村探索、
3日目の大石田町 農山村の廃村 小平(こだいら)には
平成20年7月以来、10年ぶりに訪ねた。

 

再訪の廃村、特に季節を変えての再訪では、その変化に驚かされることがある。
十八坂と呼ばれる手前の大石田鉱山(珪砂の鉱山)から小平へ向かう道、
10年前は歩道だったが拡幅されて、クルマでも通れる幅になっていた。
そのことを知らなかった私は、鉱山の分岐から2卻發い童かった。
しかし、峠を越えてしばらく道を下ると、クルマは通れない法面崩落があった。
歩いてだと、問題なく通行することができた。

 

一軒残った家屋は建ってはいたが、10年の間にずいぶん傷みが進んでいた。
10年前は草藪に阻まれて行けなかった分校跡、神社跡方面だが、
今回はすっきりとした道を歩いてたどり着くことができた。
道の左側に建つ標柱を確認すると、「小平部落跡地」と刻まれていた。

 

次年子小学校小平分校は、へき地等級3級、児童数15名(S.34)、
明治36年開校、昭和47年閉校。
二万五千図(海谷、S.46)の文マークと、大石田町立図書館の方とのやり取りから、
標柱は分校跡に建てられていることがわかった。

 

 

 画像1:小平に一軒残る家屋(その1)
    周囲の草が刈られていることから、
    「家屋は活用されているのではないか」と思った。

 

 (2008年 7月20日(日)午後3時20分頃)

 

 

 画像2:小平に一軒残る家屋(その2)

    周囲の草は刈られておらず、

    「家屋は活用されなくなったのだろう」と思った。

 

 (2018年11月12日(月)午前9時15分頃)

 

 

 画像3:小平・行く手を阻む草藪
    草藪の密度は、先に進む気分にはまったくならないほどのものだった。

 

 (2008年 7月20日(日)午後3時20分頃)

 

 

 画像4:小平・分校跡に建つ跡地の碑

    再訪で初めて見たこともあり、「新たに建てられたのではないか」
    と思ったが、建立は昭和57年だった。
    「碑は離村から10年後、集落の方々の手で分校跡地に建てられた」と

    図書館の方から教えていただいた。

 

 (2018年11月12日(月)午前9時15分頃)

 

コメント
コメントする








    
この記事のトラックバックURL
トラックバック

calendar

S M T W T F S
  12345
6789101112
13141516171819
20212223242526
2728293031  
<< January 2019 >>

selected entries

categories

archives

recent comment

recommend

recommend

recommend

recommend

links

profile

search this site.

others

mobile

qrcode

powered

無料ブログ作成サービス JUGEM