宮崎県えびの市 吉牟田(その1)

  • 2018.02.06 Tuesday
  • 07:18

平成30年1月、宮崎県の廃校廃村探索2日日、
巣之浦官行からはレンタカーを取りにえびの飯野駅に戻り、
ムーヴ先行のクルマ二台体勢で吉牟田(よしむた)へ向かった。
しかし、吉牟田までの道はピストンなので、途中、石積みの橋のところで
「この先は一台に戻りましょうか」とクルマを停めた。
この石橋は水道橋だと思っていたが、後に森林軌道跡の橋であることがわかった。

 

その先の最寄り集落 鍋倉では「吉牟田9km」という手作りの案内板があった。
舗装はしているけれど、分水嶺越えもある吉牟田までの道は歯応えのあるものだった。
吉牟田到着は午後3時30分頃、人の気配はなかったが、
建物が立ち並ぶ集落らしい風景は、探索2日目の締めにはちょうどよいものだった。

 

大河平小学校吉牟田分校は、へき地等級4級、児童数18名(S.34)、
大正13年開校、昭和54年閉校。
『ここに学校があった』に載っている池はすぐに見つかり、
その奥にはキャンプ場の施設があった。
平地の隅に残るバスケットボールのゴールは、分校跡らしさを醸し出していた。
キャンプ場の運営者は「吉牟田活性化委員会」とあったが、
壊れた自販機が放置されているなど、使われていない感が強かった。

 

 

 画像1: 吉牟田・分校ゆかりの池はすぐに見つかった

 

 

 画像2: 分校跡の敷地は、キャンプ場に転用されていた

 

 

 画像3: 分校跡の一角にはバスケットボールのゴールが残っていた

 

  (2018年1月7日(日)午後3時30分〜40分頃)

 

コメント
昭和41年!ここで生まれました!
懐かしい!
  • おともり
  • 2019/09/10 7:16 PM
>おともりさま
 へき地ブログへようこそです。
 吉牟田出身の方からのメッセージ、嬉しく思います。

  • HEYANEKO
  • 2019/09/11 6:43 AM
吉牟田にお越しくださりありがとうございます。

この記事から半年後に鳥居を新調しましたよ。また、ぜひお越し下さい。
ブログ「吉牟田日日」にて紹介しています。
  • nobru-y
  • 2019/12/09 9:26 PM
>nobru-yさま
 へき地ブログへようこそです。
 鳥居を新調されたとのこと、ブログで確認しました。
 新しい鳥居もよいものだと思いました。
  • HEYANEKO
  • 2019/12/11 7:11 AM
こんにちは!はじめまして
偶然みつけました〜
父の実家の村です(*´ω`*)
と、思ったら!父もコメントしてるようで(笑)
親子で失礼します(笑)

もう少し前なら、小学校の分校もあったんですよ〜
キャンプ場も、ちょこっとだけ賑わってる時期もあったように思います♪

今は、パンジーや色んな花々などのハウスで賑わっているのではないでしょうか?

私も、この分校はお気に入りでした
解体されて残念です(T_T)

今は神奈川に住んでるんですが、吉牟田…行きたいなぁ〜


長文失礼致しました♪
  • kokuri
  • 2020/02/23 8:57 AM
>kokuriさま
 へき地ブログへようこそです。
 偶然、お父さんと出会うとは、すばらしい(^_^)
 吉牟田の分校跡は、バスケットボールのゴールと回旋塔が印象に残っています。
 遠いけど、行ってみたくなる場所です。
  • HEYANEKO
  • 2020/02/26 7:19 AM
私は名古屋生まれの名古屋育ちですので、自然そのままの(家内の実家)吉牟田が大好きです。
1979に結婚のために吉牟田のご両親を尋ねたのが最初の訪問でした。
その後、分校はキャンプ場になり、池には鯉が放流され村おこしに期待を寄せましたが、残念ながら長くは続きませんでした。
それでも、毎年、お盆の季節の帰省が家族の何よりもの楽しみでした。
西郷どんの足跡を自分なりに調べたり、大河平家の顛末、フランス山事件を調べていくと地元民の積年の苦労をこのまま、埋もれさせてはいけないという気持ちに駆り立てられます。

家内の両親も亡くなり、実家に戻った義兄も昨年亡くなり、今は兄嫁が“ぽつんと一軒家”に一人で住んでいます!
近所の皆様のご厚誼とご親切、そしてお大師様に見守られて毎日を送られています。

年金がもらえるようになった私たち夫婦も、コロナ感染が収束すれば、お盆には帰省し(家内は同級会)私は、野山を散策したいと願っています。
いつまでも、この自然を見守って下さい!
  • 小川 守
  • 2020/05/06 8:19 PM
>小川 守さま
 へき地ブログへようこそです。
 吉牟田の思い出、読ませていただきました。
 「集落ごとに、いろんな想いが詰まっているんだろうなあ・・・」と思いました。
 コロナ禍が少しでも収束の方向に動いてほしいところです。
  • HEYANEKO
  • 2020/05/11 6:52 AM
コメントする








    
この記事のトラックバックURL
トラックバック

calendar

S M T W T F S
 123456
78910111213
14151617181920
21222324252627
282930    
<< June 2020 >>

selected entries

categories

archives

recent comment

recommend

recommend

recommend

recommend

recommend

links

profile

search this site.

others

mobile

qrcode

powered

無料ブログ作成サービス JUGEM