宮崎県えびの市 吉牟田(その1)

  • 2018.02.06 Tuesday
  • 07:18

平成30年1月、宮崎県の廃校廃村探索2日日、
巣之浦官行からはレンタカーを取りにえびの飯野駅に戻り、
ムーヴ先行のクルマ二台体勢で吉牟田(よしむた)へ向かった。
しかし、吉牟田までの道はピストンなので、途中、石積みの橋のところで
「この先は一台に戻りましょうか」とクルマを停めた。
この石橋は水道橋だと思っていたが、後に森林軌道跡の橋であることがわかった。

 

その先の最寄り集落 鍋倉では「吉牟田9km」という手作りの案内板があった。
舗装はしているけれど、分水嶺越えもある吉牟田までの道は歯応えのあるものだった。
吉牟田到着は午後3時30分頃、人の気配はなかったが、
建物が立ち並ぶ集落らしい風景は、探索2日目の締めにはちょうどよいものだった。

 

大河平小学校吉牟田分校は、へき地等級4級、児童数18名(S.34)、
大正13年開校、昭和54年閉校。
『ここに学校があった』に載っている池はすぐに見つかり、
その奥にはキャンプ場の施設があった。
平地の隅に残るバスケットボールのゴールは、分校跡らしさを醸し出していた。
キャンプ場の運営者は「吉牟田活性化委員会」とあったが、
壊れた自販機が放置されているなど、使われていない感が強かった。

 

 

 画像1: 吉牟田・分校ゆかりの池はすぐに見つかった

 

 

 画像2: 分校跡の敷地は、キャンプ場に転用されていた

 

 

 画像3: 分校跡の一角にはバスケットボールのゴールが残っていた

 

  (2018年1月7日(日)午後3時30分〜40分頃)

 

コメント
昭和41年!ここで生まれました!
懐かしい!
  • おともり
  • 2019/09/10 7:16 PM
>おともりさま
 へき地ブログへようこそです。
 吉牟田出身の方からのメッセージ、嬉しく思います。

  • HEYANEKO
  • 2019/09/11 6:43 AM
コメントする








    
この記事のトラックバックURL
トラックバック

calendar

S M T W T F S
  12345
6789101112
13141516171819
20212223242526
2728293031  
<< October 2019 >>

selected entries

categories

archives

recent comment

recommend

recommend

recommend

recommend

links

profile

search this site.

others

mobile

qrcode

powered

無料ブログ作成サービス JUGEM