愛媛県上島町(旧弓削町) 豊島(その5)

  • 2018.04.15 Sunday
  • 06:52

平成30年3月、愛媛県・瀬戸内の無住化した離島(豊島)への旅、
最後まで住まれていた方の家屋は、神社のそばに1戸しっかり建っていた。
弓削局 郵便区全図(S.27.7)には漁港周辺に20戸、
島全体で37戸が記されている。
S.52年7月版でも漁港周辺に5戸、島全体で9戸記されている。
草の茂みは深く、他の家屋は島のどこに建っていたのか、皆目見当がつかなかった。

 

堤防沿い探索が一巡した後、漁作業をされる方にご挨拶してお話をうかがったところ、
漁網を使って魚を捕っていて、「これからはタイが捕れる」とのこと。
また、2つの宿泊施設は今はともにほとんど使われていないとのことだった。
漁作業の方は4名いて、私と話をした方(50代ぐらい)は島に縁があるような感じだった。

 

コミュニティセンターは平成2年開設、「ヴィラ風の音」は平成19年開設だが、
訪ねたとき稼働していたのは伝統的な漁港だけだった。

 

 

 画像1:豊島漁港・最後まで住まれていた方の家屋
    「この島に暮らしがあった」ことを伝えている。

 

 

 画像2:豊島漁港に浮かぶ漁船
    家屋は閉ざされていたが、漁船は使われている様子だった

 

 

 画像3:豊島漁港の突堤
    突堤の先には、佐島、弓削島などが見える。

 

 

 画像4:「ヴィラ風の音」がある高台から入江と突堤を見下ろす
    無住化した離島(廃村)におけるリゾート開発は難しい。

 

  (2018年3月17日(土)午前9時10分〜9時30分頃)
 

愛媛県上島町(旧弓削町) 豊島(その4)

  • 2018.04.14 Saturday
  • 07:15

平成30年3月、愛媛県・瀬戸内の無住化した離島(豊島)への旅、
豊島漁港には、意外なことに漁作業をされる方の姿があった。
クルマのナンバープレートはついており、島外との行き来がありそうだ。
何となく声をかけにくかったので、まず堤防沿いをぐるっとまわった。

 

三差路脇の磯明神社には、鳥居、社殿、2つの石碑があり、
鳥居の横にはサンゴが飾られた祠が建っていた。
島の案内板には「磯明神社遺跡 古墳前期製塩時出土」と記されている。
神社の佇まいから、島の歴史の深さが感じられた。

 

 

 画像1:豊島漁港
    意外なことに、漁作業をされる方の姿があった。

 

 

 画像2:磯明神社・鳥居と祠
    祠には、サンゴが飾られていた。

 

 

 画像3:磯明神社・社殿と改築記念碑
    碑文を読むと、昭和11年建立と刻まれていた。

 

  (2018年3月17日(土)午前9時〜9時25分頃)
 

愛媛県上島町(旧弓削町) 豊島(その3)

  • 2018.04.13 Friday
  • 06:15

平成30年3月、愛媛県・瀬戸内の無住化した離島(豊島)への旅、
豊島に滞在できるのは1時間10分ほど。
「とにかく旧集落を目指そう」と「ヴィラ風の音」の建物群を抜けると、
道は「いかにも瀬戸内の島」という感じの狭い歩道に変わった。

 

分校跡は漁港の少し手前にあったと思われるのだが、
藪こぎをしないで行ける範囲では
扉が水色に塗られた建物しか見出せなかった。

 

 

 画像1:豊島・「ヴィラ風の音」の建物と瀬戸内の海
     ヴィラの建物は整っていたが、
     使われている感じはあまりしなかった。

 

 

 画像2:ヴィラの先、島の小道
     ヴィラまでの道との落差は大きいが、
     このぐらい荒れているほうが、落ち着いて探索できる。

 

 

 画像3:分校跡近辺・扉が水色に塗られた建物
     どこからどう見ても、分校関係のものではない。
     配水関係の建物と推測したが、その実態はわからなかった。

 

  (2018年3月17日(土)午前8時45分〜8時55分頃)
 

愛媛県上島町(旧弓削町) 豊島(その2)

  • 2018.04.12 Thursday
  • 07:08

平成30年3月、愛媛県・瀬戸内の無住化した離島(豊島)への旅、

弓削小学校豊島分校は、へき地等級4級、児童数25名(S.34)、昭和21年開校、昭和44年閉校。

豊島は江戸末期まで無人島だったが、採石関係での入植があり、

さらに戦後開拓の入植があって、分校が開校したのだろう。

 

コミュニティセンターの建物の真下に広々としたグラウンドがあったので「分校跡かも」と思ったが、

五万地形図(魚島,S.44)の文マークは漁港の近くに記されている。

ただし、閉校頃の分校は、ヴィラのそばにあったらしい。

 

 

 画像1:豊島・広々としたグラウンドとコミュニティセンターの建物
     グラウンドは古い小屋や金網があった。

 

 

 画像2:コミュニティセンター前から見たグラウンド
     印象的な大きな時計は、正確に動いていた。

 

 

 画像3:コミュニティセンター前から見た海
     遠くに見える島々は、横島・田島(福山市)と思われる。

 

  (2018年3月17日(土)午前8時40分〜8時45分頃)
 

愛媛県上島町(旧弓削町) 豊島(その1)

  • 2018.04.11 Wednesday
  • 06:49

平成30年3月、愛媛県・瀬戸内の無住化した離島への旅、
因島土生港発 魚島行きの快速船が豊島(とよしま)に到着したのは朝8時30分、
下りたのは親子連れの釣りの方と60代ぐらいの男性と私の5名だった。

 

突堤から坂道へと向かうと、2匹の白いイヌに迎えられた。
「ヴィラ風の音」は坂のすぐ上に、
「豊島コミュニティセンター」は坂を上がって右手にしばらく歩いた場所にあった。
2つの宿泊施設は休業していたが、軽四のクルマがあるなど、
管理者が常駐している様子だった。

 

 

 画像1:豊島の突堤(港)と魚島へ向かう快速船

 

 

 画像2:港のそばに建つ案内板

 

 

 画像3:なぜか白いイヌに迎えられる

 

  (2018年3月17日(土)午前8時30分〜8時35分頃)

 

比岐島のヒナゲシ

  • 2017.04.28 Friday
  • 05:12

平成29年4月9日(日)、愛媛県の廃村めぐり、比岐島の探索、
分校跡から船長と炊き込みご飯が待つ船着場に戻る途中、
空き家の前でオレンジ色の花を見かけた。

 

近頃この季節、街中でよく見かけるナガミヒナゲシではないだろうか。
まさか瀬戸内のめったに人が来ないはずの島で
目にするとは思わなかった。

 

 

 画像1 比岐島分校跡の校舎

 

 

 画像2 空き家の前で咲くオレンジ色の花

 

 

 画像3 空き家の前で咲くオレンジ色の花(拡大)

 

    (2017年4月9日(土)午前11時40分頃)
 

愛媛県今治市 四阪島(その2)

  • 2017.04.27 Thursday
  • 07:14

平成29年4月9日(日)、愛媛県の廃村めぐり、四阪島洋上観察、
家ノ島(鉱区)の北側の海岸を見てから、
二つの島が地続きになった場所にある、四阪港(表の港)に入った。
洋上観察とはいえ、二度の空振りを経て三度目で来ることができ、嬉しく思った。

 

四阪島は、今治港から15辧⊃卦鑄郵舛ら20劼硫合に浮かぶ五つの島の総称で、
明治28年(1895年)別子銅山精錬所の煙害対策のため住友が買収し、精錬所建設に着手、
精錬所は明治38年から昭和51年まで、72年間稼働した。
最盛期(大正末頃)の人口は5,500人を数えたが、
昭和52年(1977年)、一部の関係者を除いて四阪島に住む方はいなくなった。
昭和62年、住民登録人口がゼロになった。

 

別子学園四阪島小学校(私立)は、児童数688名(S.34)、
明治34年開校、昭和36年公立へ移管、昭和52年閉校、閉校年度の児童数は100名。
四阪島中学校(私立)は、生徒数219名(S.34)、
昭和22年開校、昭和36年公立へ移管、昭和52年閉校、閉校年度の生徒数は65名。
美濃島の居住区は、主に港からの坂道を上がった島の中にあり、
学校は島のいちばん高所(標高112m)付近にあった。

 

港からは、日暮別邸(迎賓館)と病院跡を観察することができた。
港に人の姿はなく、ゆっくり観察できたが、
比岐島で感じたものと共通する、それとない緊張感があった。

 

美濃島の裏手には、海辺に建つRC造4階建て鉱員住宅の廃墟が存在感を醸し出していた。
高台にもいくつか建物が見当たったが、あまり存在感はなかった。
「鉱員住宅は残っていない」と言われる四阪島だが、
海辺の4階建て鉱員住宅の廃墟は、取り壊されない限り、
島に暮らしがあったことを伝え続けることなのだろう。

 

 

 画像1 四阪島・美濃島の風景(その1)
      左に日暮別邸、右に病院跡が見える。
      島の病院は、勤務者向けに昭和61年まで診療を続けた。

 

 

 画像2 四阪島・美濃島の風景(その2)
      日暮別邸は、新居浜市街に移築されることが決まっており、
      平成30年9月が工事完了目標という。

      四阪島にあるうちに見ることができたのは大きな収穫だった。

 

 

 画像3 四阪島・美濃島の風景(その3)
      鉱員住宅は1階に8戸だがら、32戸が入居していたことになる。
      洋上から見た居住区の感じは、軍艦島とは大きく異なっていた。

 

    (2017年4月9日(土)午後1時5分頃)

愛媛県今治市 四阪島(その1)

  • 2017.04.26 Wednesday
  • 07:24

平成29年4月9日(日)、愛媛県の廃村めぐり、
2番目の目的地、四阪島(しさかじま)には比岐島から海路を8辧
30分ほどで到着した。

 

まず住友のリサイクル工場がある家ノ島(鉱区)から入り、
時計回りにかつて家々があった美濃島(居住区)のほうへと進んだ
家ノ島の海岸沿いの崖が黒っぽいのは、
精錬所時代の銅鉱石のカラミでできているかららしい。

 

島には「上陸禁止」「崩落注意接近危険」といった看板が目立つ。
日曜日のせいなのか、工場に人の気配はなかった。

 

 

 画像1 四阪島の遠景
      大まかにいって左側が家ノ島、右側が美濃島。
      精錬所は昭和51年に休止したが、家ノ島には平成25年まで

      精錬所時代の大煙突(高さ71.5m)が立っていた。
      船長によると、大煙突は天気の良い日は
      今治からでも見えるぐらいの存在感があったらしい。

 

 

 画像2 四阪島・家ノ島の風景(その1)
      カラミでできた人工的な海岸は、独特なものだ。
      曇り空のモノトーンがよく似合っている。

 

 

 画像3 四阪島・家ノ島の風景(その2)
      海上観察したところ、鉱区の感じは軍艦島とよく似ていた。

 

    (2017年4月9日(土)午後1時頃)

愛媛県今治市 比岐島(その5)

  • 2017.04.25 Tuesday
  • 07:11

平成29年4月9日(日)、愛媛県の廃村めぐり、比岐島の探索。 
2時間半の探索の間、遊漁船潮風の船長は、船の中で鯛めし、鯛のあら汁を
つくってくれていた。

 

船長によると、潮風は船釣り(船の上での釣り)の船で、
瀬渡し(島などへ上陸しての釣り)をする船は、別の免許がいるとのこと。
釣りのお客さんの炊込みご飯は、釣れた魚をさばいてつくるが、
海上作業など、釣り以外のお客さんも時々いて
あらかじめ魚を用意するので、その分料金がやや高くなるとのこと。
比岐島の探索を終え、穏やかな天気のもと、
船着き場に座って食する鯛めしは、記憶に残る美味しさだった。

 

比岐島出発は12時20分頃。島では瀬渡しの釣りの方以外は誰にも出会わなかったが、
出航後の船上から、島の東側の海で仕掛け漁をしているHさん親子に、
遠目からだがお会いすることができた。
私は「おじゃましました」と、頭を下げてご挨拶した。

 

 

 画像1 比岐島の船着き場
      コンクリの船着き場の先に、潮風と船長が見える。

 

 

 画像2 比岐島を後にする
      島には昼食休みを含めて3時間滞在した。

 

 

 画像3 仕掛け漁をしているHさんの船
      お話はできなかったが、お会いできてよかった。

 

    (2017年4月9日(土)正午〜12時30分頃)
 

愛媛県今治市 比岐島(その4)

  • 2017.04.24 Monday
  • 07:24

平成29年4月9日(日)、愛媛県の廃村めぐり、比岐島の探索。 
家々が固まる船着場のそばから離れ、おおむね西に向かって、
行けるところまで島中を歩いてみた。

 

集落のはずれには、「比岐発電所」という標札がある小屋があった。
島には電気が通じておらず、自家発電が行われているという。
扉を開けてみると、ディーゼルの発電機が備えられていた。

 

島には広くミカン畑が広がっている。
手入れされていない畑もあったが、整ったものもあった。

 

島のいちばんの高所(標高58m)には、比岐島灯台が建っている。
そばには三角点があるはずなのだが、3人がかりで探しても見当たらなかった。

 

 

 画像1 比岐発電所
      建物は新しかったが、標札は年期が入っていた。

 

 

 画像2 島のミカン畑へ続く道
      灯台の麓を過ぎて下りの道沿いになっても、延々と続いていた。

 

 

 画像3 比岐島灯台
      銘板には「初点 昭和50年3月 改築 平成27年2月」とあった。

 

    (2017年4月9日(土)午前10時〜11時頃)

calendar

S M T W T F S
1234567
891011121314
15161718192021
22232425262728
293031    
<< July 2018 >>

selected entries

categories

archives

recent comment

recommend

recommend

recommend

links

profile

search this site.

others

mobile

qrcode

powered

無料ブログ作成サービス JUGEM