「廃村千選」、画期的な更新を行いました

  • 2018.05.13 Sunday
  • 08:23

GW(2018年5月3日(木祝))、新潟県のフィールドワークの合間を縫って、
「廃村千選」で画期的な更新を行いましたので、お知らせします。

茨城県神栖市深芝浜、千葉県芝山町台宿、大阪府大阪市西淀川区西島の3か所を
「廃村千選」に追加しました。


茨城県、千葉県、大阪府は、それぞれ従来「廃校廃村はゼロ」としていたのですが、
一気にすべて「廃校廃村は1か所」になりました。

 

● 深芝浜(ふかしばはま) 
 ・鹿島港の南側にあり、現在集落跡は鹿島工業地域(製油所、発電所)になっています。
 ・息栖小学校深芝浜分校は昭和44年9月閉校、同年10月鹿島港が開港しています。
 ・閉校、開港と同じ頃(昭和44年)、深芝浜集落の解散式が行われたようです。
 ・分校跡の現所在地名 東和田(とうわだ)は、昭和48年、深芝浜を改称・再編して成立したようです。

 

● 台宿(だいじゅく) 
 ・成田空港の南側にあり、現在集落跡は空港南部工業団地になっています。
 ・台宿にあった岩山小学校は昭和50年閉校です。
 ・昭和53年の台宿の戸数は31戸ですが、昭和59年にはゼロになっています(住宅地図による)。
 ・成田空港は昭和53年5月開港。離村要因は空港の騒音対策と思われ、昭和53年頃と推定しています。

 

● 西島(にしじま) 
 ・新淀川の河口付近にあり、現在集落跡は阪神工業地帯の一角(工場の敷地)になっています。
 ・西島にあった川北小学校は昭和44年4月、神崎川対岸の中島に移転しました。
 ・西島(学校跡)の標高はマイナス1m。たびたび高潮の被害があり、居住には向いていません。
 ・複数年の住宅地図の比較から、西島の無居住化は平成15年頃と推定しています。

 

深芝浜と台宿は、この3月に現地を訪ねた村影弥太郎さんからの報告で、その存在を知りました。
鹿島と成田は、見つかってしまうと「なるほど」と思える場所です。
西島は存在を把握していましたが、川北小学校が存続しているため、取り上げていませんでした。
西島には、2010年11月に足を運んでおり、レポートが「廃村と過疎の風景(8)」番外編 にあります。

 

「47都道府県すべてに廃校廃村が所在する」というのは画期的なことです。
全県踏破も未達成になるのですが、そこまでは言及しないことにしようと思います。
「県内に1か所=行ってしまえば完訪」になるので、深芝浜と台宿、年内には足を運ぼうと思います。

 

 

 画像1:深芝浜(五万分の一地形図 潮来(1969)より)
    現地で集落に係わるものは、「深芝浜交差点」の掲示板ぐらいのようです。

 

 

 画像2:台宿(五万分の一地形図 成田(1970)より)
    工業団地の中に、学校跡の碑が建っているようです。

 

 

 画像3:西島(五万分の一地形図 大阪西北部(1967)より)
    町域に西島住吉神社があります。

 

2017年12月、月例更新のお知らせ

  • 2017.12.06 Wednesday
  • 06:59

一昨日(12/4(月))、「HEYANEKOのホームページ」の
「500か所超えへの道II」の旅行記に、番外編 II
「「想い」が叶った サクラ咲く廃村」
 〜 福井県大野市上笹又,中島 2016年 4月 をアップしました。 

 

2005年11月の「廃村と過疎の風景(3)」の旅行記のアップあたりから続けてきた
ホームページの月例更新は、これをもって休止します。
およそ12年間、ありがとうございました。 >見ていただいた皆さま

 

〆の月例更新が、なじみ深い旧西谷村になって、ちょうどよかったです。
以後のホームページは、「廃村千選」のリンクの更新等、
細かな部分で稼働を続ける予定です。

 

 

 画像1 中島・石垣と石段が残る春日神社跡の境内

 

 

 画像2 上笹又・シダレサクラの花が咲く白山神社跡の境内

 

  (平成28年4月16日(土)午後1時〜2時頃)
 

2017年11月、月例更新のお知らせ

  • 2017.11.01 Wednesday
  • 07:19

本日(11/1(水))、「HEYANEKOのホームページ」の
「500か所超えへの道II」の旅行記に、番外編 I
「表紙撮影で三たび出かけた廃村」
 〜 鳥取県鳥取市杉森,板井原 2016年 3月 をアップしました。 
 

今年になって、ブログを使った旅行記のアップが定着したので、
ホームページの月例更新は、年内で休止する予定です。
確か月例更新は、
2005年11月の「廃村と過疎の風景(3)」の旅行記のアップあたりから
続けてきたので、12年継続したことになります。
その間、いろいろなことがありましたが、
ネット環境は、ずいぶん変わったものだと思うところです。

 

 

 画像1 杉森・三度目の訪問で見つかった杉森神社跡の拝殿

 

 

 画像2 板井原・ムック本『廃村をゆく2』の表紙と同じ構図の廃屋

 

  (平成28年3月27日(日)午後2時〜3時30分頃) 
 

2017年10月、月例更新のお知らせ

  • 2017.10.01 Sunday
  • 08:14

本日(10/1(日))、「HEYANEKOのホームページ」の 
「500か所超えへの道」の旅行記、岐阜・石川以南No.30 
「500か所超えに続き 関西41か所全訪達成!」 
〜 兵庫県香美町本見塚,豊岡市金山 をアップしました。 
「旅心のページ」トップでは、II No.30 但馬編と記しています。 

 

ちょうど昨年の今頃の旅行記です。
累計 503か所目のは豊岡市(旧日高町)金山は、
関西41か所全訪達成、クマとの遭遇と、何かと印象に残る廃村となりました。 

 

「新たな展開」の代表的なものは、レポート公開の主体が
ホームページからブログに移行したことでしょうか。
あと、残り半分を切ったということで、
対象の地域を狭くしていこうという意識が強くなってきました。

 

現在、累計訪問数は 558か所目(今年になって 51か所)、
従来の最多年間訪問数(52か所、平成25年)は更新できそうです。
全訪県数は22府県(今年になって、福岡県が加わる)、
これも積極的に増やしていきたいところです。 

 

 

 画像1 鳥取市 鷹狩旭丘神社の花籠まつりに参加する

 

  (平成28年10月8日(土)午後3時30分頃) 

 

 

 画像2 本見塚・整えられた流水がある集落跡

 

  (平成28年10月9日(日)午後2時20分頃) 

 

 

 画像3 金山・集落があったことを伝える五右衛門風呂の風呂釜

 

  (平成28年10月10日(月祝)午後12時20分頃) 

 

2017年9月、月例更新のお知らせ

  • 2017.09.03 Sunday
  • 08:13

本日(9/3(日))、「HEYANEKOのホームページ」の 
「500か所超えへの道」の旅行記、新潟・富山以北No.30 
「祝!山の日 500か所超え達成!」 
〜 宮城県加美町田代,大崎市北滝 をアップしました。
「旅心のページ」トップでは、II No.30 山の日 宮城編と記しています。 
 
累計 500か所目は加美町(旧宮崎町)田代、
記念すべき500か所超えは大崎市(旧鳴子町)北滝 という
ともにとても地味な廃村となりました。
記念ということもあり、この年から始まった「山の日」に実行しました。

廃村探索には
「朽ちながら残っている複数の家屋の雰囲気を味わう」
という、
廃墟の流れからのアプローチもありますが、
「大自然の緑の中、かすかに残る痕跡をたどる」
という、
冒険的、歴史の掘り起こし的なアプローチもあります。

田代、北滝の探索は、はっきりと後者に属します。
生態系の調査や、農政に関する調査の場になることもありますし、
廃村というテーマの汎用性、幅の広さは、
ありがたく思うことしきりです。
 

 

 画像1 田代集落跡・分校跡に作られたと思われるキャンプ場
 
  (平成28年8月11日(木祝)午前10時40分頃)

 

 

 画像2 北滝の少し手前で立ち寄った荒湯地獄 
 
  (同 午後2時30分頃)

 

 

 画像3 北滝集落跡と思われる林の中で見つけた直彫りのフクロウ像
 
  (同 午後3時15分頃)
 

2017年8月、月例更新のお知らせ

  • 2017.08.04 Friday
  • 06:54

昨日(8/3(木))、「HEYANEKOのホームページ」の 
「500か所超えへの道」の旅行記、岐阜・石川以南No.29 
「炎天下 500か所まであと1つ」
滋賀県高島市北生見 をアップしました。
「旅心のページ」トップでは、II No.29 近江今津編と記しています。 
 
昨年の今頃(8月上旬)の廃村探索の記録です。
近江今津からレンタサイクルで出発しました。
炎天下、帽子をかぶらず、頭から水を浴びながら訪ねたということで
「あと1つ」(累計499か所目)とともに、よく記憶に残っています。

 

北生見を訪ねる前、近江高島の滋賀民俗学会・菅沼晃次郎先生宅に立ち寄りました。
菅沼先生に、昨年5月に出した『廃村をゆく2』について
「この内容でこの値段は、驚くほど安い」という評価をいただいたのは、
とても光栄なことでした。

 

菅沼晃次郎先生は、平成29年2月9日(木)、お亡くなりになりました(享年89歳)。
菅沼先生から教わった
「レポートには、少なくても訪ねた年月日と時間を記すこと」、
「少しでも地域の方に喜ばれるものにすること」は、強く頭に刻んでいます。
謹んでご冥福をお祈り申し上げます。

 

 
 画像1 北生見・集落跡を通る旧道になったR.303

 

 
 画像2 集落跡は整地がなされて、地形が大きく変わっている
 

 
 画像3 集落跡には、「演習場につき立入禁止」の看板が各所に見られた

 

  (平成28年8月2日(火)午後3時30分頃)

2017年6月、月例更新のお知らせ

  • 2017.06.01 Thursday
  • 07:09

本日(6/1(木))、「HEYANEKOのホームページ」の 
「500か所超えへの道」の旅行記、岐阜・石川以南No.28 
「梅雨晴で 500か所まであと4つ」
岐阜県下呂市卯野原,弓掛,下山 をアップしました。 
「旅心のページ」トップでは、IINo.28 飛騨金山編と記しています。 

 

昨年6月下旬の廃村探索の記録です。
今年も梅雨入り間近ですが、ときどきこんな「梅雨晴」の日もあります。
昨年同期を振り返って
「今年の梅雨時はどうしようかな・・・」
などと考えるのも乙なものです(^^)/ 

 

ちなみに、今年の廃村探索のペースは調子がよく、
5月の時点で30か所、昨年実績(20か所)を上回りました。
無理をせず、このペースを持続させて、
年末までにあと20か所ぐらい上積みさせたいところです。

 

 

 画像1 卯野原・神社から見下ろした東仙峡金山湖(ダム湖)

 

 

 画像2 弓掛・キャンプ場の施設として使われている分校跡の建物

 

 

 画像3 下山・ダム湖畔に建つ離村記念碑

 

   (2016年6月27日(月)正午〜午後3時頃)
 

2017年5月、月例更新のお知らせ

  • 2017.05.02 Tuesday
  • 07:23

本日(5/2(火))、「HEYANEKOのホームページ」の 
「500か所超えへの道」の旅行記、岐阜・石川以南No.27 
「梅雨の中 500か所まであと7つ」
兵庫県朝来市上生野をアップしました。 
「旅心のページ」トップでは、IINo.27上生野編と記しています。 

 

振り返ると、「500か所超え」は4年かけての目標だったので、
客観的にみると、妙なタイトルです(^^;)
しかし、丸4年で170か所の廃校廃村をめぐるというのは
目標がなかったらできなかったことでしょうから、
何卒お付き合いくださいませ・・・(^^)/ 

 

先月下旬、別の内容で作成する冊子『廃村と過疎の風景(9)』の
完成が近づいてきたことから、
Web版「廃村と過疎の風景(9)」は「廃村と過疎の風景(11)」に、
「廃村と過疎の風景(10)」は「廃村と過疎の風景(12)」に
名称変更しましたので、あわせてお知らせします。

 

 

 画像1 ダム湖の中に建つ神社(水神様)

 

 

 画像2 「湖畔」の敷地に建つ「懐郷碑」(上生野の離村記念碑)

 

 

 画像3 離村記念碑の下に登場したネコ

 

   (2016年6月24日(金)午後1時〜2時頃)

 

2017年4月、月例更新のお知らせ

  • 2017.04.01 Saturday
  • 07:14

本日(4/1(土))、「HEYANEKOのホームページ」の
「500か所超えへの道」の旅行記、新潟・富山以北No.27
「賑わいに包まれたコンブ漁の島を訪ねる」
北海道厚岸町小島、浜中町三番沢をアップしました。
「旅心のページ」トップでは、INo.27厚岸小島編と記しています。

 

改めて読み直すと、カツゲン、ルパン、古瀬駅といった
おまけの出来事が、妙に頭に残っていたりします(^_^;)
もちろん、メインがあってのおまけなのですが・・・(^^)/

 

閉校(1975年)から訪ねた時で42年目、
訪ねる前は「取り壊されたのでは」とも思っていた校舎が
公民館としてそのまま残っていたのは、インパクトがある出来事でした(^_^)

 

 

 画像1:厚岸小島の全景(右隣の大きな島は大黒島)

 

 

 画像2:小島小学校の校舎

 

 

 画像3:展望台から見下ろした小島(海を挟んで北海道本土)

 

  (2016年5月29日(日)午前7時〜10時頃)
 

2017年3月、月例更新のお知らせ

  • 2017.03.03 Friday
  • 07:02

本日(3/3(金))、「HEYANEKOのホームページ」の 
「500か所超えへの道」の旅行記、新潟・富山以北 No.28 
「長距離切符の途中下車で駅前廃村を訪ねる」 
北海道浦幌町上厚内 をアップしました。 
「旅心のページ」トップでは、I No.28 上厚内編 と記しています。 

 

当初、No.27 厚岸小島編 をアップする予定でしたが、
上厚内駅が本日限りで廃止されるということで、急きょ変更しました。
しかし、3月4日改正とは、時期が早いですね。

 

訪ねたのは昨年5月下旬。このときは廃止の話は出ていませんでした。
よいタイミングで行くことができたものです(^_^)/
未訪の駅前廃村といえば、幌延町雄信内。
存続しているうちに行かなければ。

 

 

 画像1 : 上厚内駅・駅舎
      1番線(下り)ホームには 貨物列車が交換のため停まっている

 

 

 画像2 : 上厚内駅・駅名標
      明日には外されるのかと思ってしみじみと

 

  (2016年5月30日(土)午前6時20分頃)
 

calendar

S M T W T F S
1234567
891011121314
15161718192021
22232425262728
293031    
<< July 2018 >>

selected entries

categories

archives

recent comment

recommend

recommend

recommend

links

profile

search this site.

others

mobile

qrcode

powered

無料ブログ作成サービス JUGEM