『廃村と過疎の風景(9)』、9月1日(金)リリース決定!

0

    新刊『廃村と過疎の風景(9)』 廃校廃村を訪ねて機粉愿譟
    9月1日(金)リリースが決定しました。

    昨日、HEYANEKO's Web にご案内をアップしました。
    地方小の担当の方にメールして、
    JPO(日本出版インフラセンター)の近刊情報に登録しました。

     

    冊子が形になっていない段階で、
    広告関係で積極的に動くのは、初めての試みです。

    無事に詰めの作業が終わり、
    スムーズに立ち上がることを祈る次第です。
     

     

    表紙は、こんな感じになります。

    イラストの題材は、小串小学校跡に残る回旋塔です。


    廃村千選・標高の高い廃校廃村ベスト10

    0

      昨年12月から、「廃村千選」に掲げた1000か所の集落について
      「地理院地図」Webを使って、標高の調査を進めています。
      「原則、学校跡の標高」、
      「学校跡が不明の場合は、地形図上で家屋が集まっている地点」
      というように、焦点を絞ると
      よい感じでリストが引き締まってきました。

       

      おおむね北から南に向かって調べており、
      現在、北海道・本州が終わって、四国の香川県まで来ました。
      本州以外で最も高い廃校廃村(廃村千選のポイント)の標高は
      1000m以下なので
      標高の高い廃校廃村ベスト10が確定しました。

       

      ◎1 小串(群馬県嬬恋村)   1,566m
      ◎2 柳平(山梨県山梨市)   1,496m
      ◎3 石津鉱山(群馬県嬬恋村) 1,465m
      ◎4 吾妻鉱山(群馬県嬬恋村) 1,421m
      ◎5 西吾妻鉱山(山形県米沢市)1,311m

       

      ◎6 白根鉱山(群馬県草津町) 1,283m
      ◎7 横根山(栃木県日光市)  1,228m
      ◎8 北川(長野県大鹿村)   1,201m
      ◎9 大平(長野県飯田市)   1,143m
      ◎10 芝平(長野県伊那市)   1,109m

       

      群馬県・草津近辺の硫黄鉱山集落が4つエントリーしました。
      草津町自体がすごい高所になるので(町役場の標高 1,183m)
      まずまず妥当な感じがします。
      1位の小串は極めて妥当ですが、学校跡が比較的低い場所にあるので、
      あまり際立っていません(慰霊碑の標高 1,640m)。

      意外といえば、東北勢(西吾妻鉱山)がベスト5に入ったことでしょうか。

       

      産業別では、鉱山集落5つ、戦後開拓集落2つ、農山村2つ、旅籠町1つです。
      農山村で最も標高の高い廃校廃村のワンツーは、
      秋葉街道 分杭峠(標高 1,424m)の南側と北側の集落、
      北川と芝平になりました。
      予想はできませんでしたが、言われてみるとなるほどです。

       

      ちなみに、ベスト10のうち、未訪は西吾妻鉱山だけです。
      関東甲信で9か所を占める地の利もありますが、

      我ながらしっかり押さえているものです。

       

       

       画像1 小串・学校跡に残る回旋塔
           同行したカズさんに撮っていただきました。
          (2013年5月26日(日)午後2時頃)

       

       

       画像2 柳平・分校の門柱と校舎
           戸数4戸の高度過疎集落の分校は、2007年4月以来休校中です。
          (2006年9月25日(月)午前8時頃)

       

       

       画像3 石津鉱山・学校跡に残るコンクリ階段
           この階段は、校庭と校舎を結んでいました。
          (2006年4月30日(月)午前11時頃)
       


      冊子「廃村と過疎の風景(7)」、アマゾンベスト5入り

      0
        浦和は久しぶりに、雨振りでない朝を迎えました。
        ほんと、ありがたいことです。

        東京新聞掲載の効果で、9/9(水)夕方のアマゾン、
        地方歴史散策の売れ筋ランキングの5位に
        「廃村と過疎の風景(7)」が入りました。

        7位には「廃村と過疎の風景(4)」が入っています。
        (7)が「全県踏破への道 東海・北陸以東」と
        (4)が「廃村千選 東日本編」ということを考えると、
        東のほうが西よりも動きがよいようです。



        画像1: 地方歴史散策の売れ筋ランキング1〜2位
        1位は、信州の善光寺、諏訪大社を取り上げた
        新書です。



        画像2: 地方歴史散策の売れ筋ランキング5〜7位
        6位の「北海道 地理・地名・地図の謎」は
        県ごとに展開している新書です。

        (2015年9月9日(水)午後4時頃)
         

        ブックファースト新宿店

        0
          年末(12/30(火))に新宿へ出たとき、
          流れで入ったブックファースト新宿店、B2階 地方自治の棚に
          「廃村と過疎の風景」第1集〜第8集が、並んでいました。



          書店の棚で8冊揃って並んでいるのを見るのは初めてのことで、
          書店の方に声をかけて
          「ブログでの話題に・・・」と、画像を撮りました。



          これも単純に、嬉しいものです(^_^;)
          展開写真のブログ掲載申請が、昨日(1/14(水))通ったので、
          この時期の公開となりました。

          お店に行かれる機会がございましたら、
          手に取って見てみてくださいませ。

          アマゾンでベスト10入り(*^_^*)

          0
            昨夜(1/14(水))8時頃、アマゾンをチェックすると、
            「廃村と過疎の風景」第7集が、
            Amazon ベストセラー商品ランキング
            本 > 歴史・地理 > 日本史 > 一般 > 地方歴史散策 の
            10位に入っていました(^_^)



            しかも、以下第4集、第1集、第6集、第3集、第2集の順で
            15位まで続いていました(*^_^*)

            母数が少なく、かつ瞬間的なもののようですが、
            ベスト10入りは、単純に嬉しいものですね(^_^;)

            偶然ですが、昨朝、ネット仲間ののら猫さんが、
            第1集と第2集のレビューを書いてくれました。
            もしかすると、レビューの効果があったのかもしれません。

            書店売り

            0
              昨日、本業の年始のご挨拶で大手出版社に出向いたので、
              「書店の売りとネット書店の売りの比率はどんな感じですか?」
              と尋ねてみたところ、
              「ネット書店は伸び続けているけれど、中心は書店売りです」
              とのお返事でした。

              書店売りが中心というのは、アナログ好きな私としては
              ホッとするお話です。
              「手にとって、納得して購入する方が多いのでは」
              とのこと。なるほど。

              冊子「廃村と過疎の風景」も、東京でしたら
              書店で手に取ってみることができます。
              三省堂神保町本店、ジュンク堂池袋本店、ブックファースト新宿西口店では
              基本全巻(第1集〜第8集)が揃っているはずです。
              ぜひ、書店に出かけてみてください。 >みなさま



              画像は、案外目にする機会が少ない、冊子の表4です。
              左(第7集)は、北海道旧穂別町和泉小学校累標分校、
              右(第8集)は、宮崎県西都市片内小学校
              をイメージしたイラストです。

              仕事納め呑み@かりゆし

              0
                クリスマスの翌日、金曜日の仕事納め、
                何となくピンと来ず、まだ普通の土曜日という感じで
                永六輔の土曜ワイドを聴いています。

                昨夕はいつものように定時まで仕事をして、
                まず新宿に出て、歌舞伎町「夕張」で軽く飲む予定だったのですが、
                貸切りのため、空振りしました・・・
                ご一緒する予定の「ほんとうはいないかもしれない彼女へ」の舟崎さんと
                近くのサブウェイでお茶をしたあと、
                「廃村と過疎の風景」第8集の様子を見に、新宿4店をめぐってみました。
                紀伊國屋本店はB1F、南店は3F、ともに棚置きですが、
                第7集とセットで良いポジションに置かれていました。
                ブックファーストは第7集は2冊棚置き、
                COMIC ZINでは見い出せずでした。

                新宿をうろうろしながら、「どこで飲むのがよいか」と考えて
                「このタイミングならここだろう」と思い付き、足を運んだのが
                葛飾・水元の「かりゆし」です。
                第8集のNo.22、沖縄県伊是名村具志川島の旅行記と「集落の記憶」の取材は
                伊是名島生まれのかりゆしの大将(島 保さん)の力添えで実現したものだからです。

                大将が心筋梗塞で亡くなられたのは、私が飛騨高山の廃村 大原を探索した
                2013年10月12日のこと。
                久しぶりに足を運んだかりゆしで、右端のカウンター席に座ると
                三線を弾く大将の写真と向き合って飲むことになりました。



                かりゆしで大将といっぱい飲みがてら、具志川島行きの計画を煮詰めたのは
                2011年秋から2012年1月中旬にかけてのこと。
                三線を片手にザンクロを呑んで、酔いがまわっていくうちに、
                「久しぶりだねー」
                「伊是名島、具志川島の旅行記を載せた本ができたよー」
                という感じで、
                大将と会話をしているような気分になりました。



                かりゆし、訪ねるにはパワーがいりますが、
                足を運ぶと「行ってよかった」と感じるお店です。
                帰りの武蔵野線は終電の一本前。
                新松戸の乗り継ぎはまずまず首尾よくできたのですが、
                最後の詰めが甘く、南浦和をタッチの差で乗り過ごし、
                武蔵浦和から一区間歩いて帰りました・・・

                冊子「廃村と過疎の風景(8)」、配本されました

                0
                  冊子「廃村と過疎の風景(8)」、全県踏破への道供粉慇尚弊勝法
                  昨日のお昼、神保町の三省堂書店に立ち寄ったら、無事配本されていました。
                  場所は4階ミニコミのコーナーで、10冊 棚に置かれていました。





                  画像は書店の方に許可を得て,撮影しました。
                  (2014年12月25日(木)午前11時50分頃)

                  オンライン書店「アマゾン」、「ブックサービス」、「丸善&ジュンク堂ネットストア」、「COMIC ZIN」でも取扱いが始まりました。
                  書店は三省堂のほか、「ジュンク堂書店」池袋本店・渋谷店・吉祥寺店、「ブックファースト」新宿店、「紀伊國屋書店」新宿本店・新宿南店、「COMIC ZIN」新宿店・秋葉原店の9店です。
                  http://www.din.or.jp/~heyaneko/haison8.html

                  これで第3集(2009年2月)から第8集まで、6年続けて発行したことになりました。
                  我ながら、よく続いたものです。

                  今日の夜は新宿に出向くので、どんな様子か、見てこようと思います。
                  よろしかったら、ご覧いただければ嬉しく思います。 >みなさま

                  ほんとうはいないかもしれない彼女へ

                  0
                    冊子「廃村と過疎の風景」第6集 集落の記憶 に
                    「廃村に暮らす〜信州・芝平之里〜」という記事を書いていただいた
                    舟崎泉美さんが、この10月中旬、学研パブリッシングから
                    「ほんとうはいないかもしれない彼女へ」という小説を上梓されました。
                    おめでとうございます!

                    せつない気持ちにさせる純愛小説です。
                    この歳になってくると、そんな気分になることはまずないので、
                    「そんなこともあったなあ・・・」
                    と、ひとときなつかしさを感じました。



                    画像は、「ほんとうはいないかもしれない彼女へ」の表紙、
                    帯つきです。
                    「本にしたい大賞」(学研が運営)は、
                    「全国書店員が選んだ いちばん売りたい本! 本屋大賞」
                    の2匹目のドジョウっぽいですが、
                    ノミネートから勝ち残ってグランプリを取ったというのは
                    すごいことです。
                    帯にあると目を惹きますね。
                    Web上で展開していた大賞が決定したときのタイトルは
                    「ルイ」(ヒロインの名前)で、
                    このほうがシンプルで良いように思うのですが、
                    発売にあたって、いろいろ考えた結果なのでしょう。

                    今後も活躍されるを祈念します。 >舟崎さま

                    冊子「廃村と過疎の風景(8)」のご案内

                    0
                      11月のWeb月例更新にあわせて、
                      冊子「廃村と過疎の風景(8)」のご案内を作成しました。
                      2014年12月初旬リリース予定です。
                      http://www.din.or.jp/~heyaneko/haison8.html

                      旅は2013年8月に完了、旅行記のアップは2013年11月に完了だから、
                      原稿レベルでは昨年中にほぼ終わっています。
                      しかし、編集作業(レイアウト+インデザイン化)が2014年2月から9月まで、
                      「集落の記憶」の取材が4月から5月にかけて、
                      その編集作業(原稿作成+レイアウト)が5月から6月にかけて・・・
                      という感じで、形になるまでのペースとすれば、
                      このぐらいの時期になるようです。



                      表紙は、サブタイトルが「全県踏破への道供廚覆里如
                      「全県踏破への道機廚砲△錣擦董▲リーム色系でまとめました。
                      イラストの打ち合わせが6月、
                      表紙、口絵の打ち合わせが9月、
                      中の地形図の取り寄せが2月から10月にかけて・・・
                      と、振り返れば少しずつ積み重ねていることがわかります。

                      ご案内も含めて、パーツはそろったので、
                      大詰めの作業をしっかりしなければいけません。
                       

                      calendar
                        12345
                      6789101112
                      13141516171819
                      20212223242526
                      2728293031  
                      << August 2017 >>
                      PR
                      selected entries
                      categories
                      archives
                      recent comment
                      recommend
                      recommend
                      recommend
                      links
                      profile
                      search this site.
                      others
                      mobile
                      qrcode
                      powered
                      無料ブログ作成サービス JUGEM