羽咋駅

  • 2019.06.14 Friday
  • 07:06

令和元年6月上旬、石川県能登の廃村探索、
宿泊は、羽咋(はくい)駅から歩いて行ける距離のビジネスホテルを選んだ。
当初、鉄道を使って、羽咋で一泊して
「能登二宮駅から歩いて行ける」と読んだ蟻ケ原(中能登町の廃村)をめざす予定だったが、
結果として、レンタカーを選んで大正解だった。

 

羽咋駅近くの市街地は寂れていて、
スーパーや喫茶店が、閉ざされたまま残っている。
宿泊したホテルも、本館は閉まっていて、西館だけの営業となっていた。
市街地を探索して、2軒あった寿司屋のうち、ホテルに近いほうに入った。
回転寿司と違って、旬でないものは食べることができない。
さば、すずき、さよりがダメだった。
品書きの中に「がんど」「ふくらぎ」といった見慣れないものがある。
女将さんに尋ねたところ、ともにぶりの小型版(がんど<ふくらぎ)とのこと。
北陸で冬の味覚というと、何といっても寒ぶりだが、
今の時期、ぶり、がんど、ふくらぎは食べれない。
「今度能登を訪ねるときは、寒ぶりの季節がいいな」と思った。

 

寿司屋の後は、例によってスナックに繰り出した。
地カラオケ、店では北陸ゆかりの五木ひろしぐらいしか思い浮かばなかったが、
後で石川さゆりの「能登半島」があることに気が付いた。
あと、羽咋駅の列車接近を知らせるメロディーに一青窈の「ハナミズキ」が使われており、
「「ハナミズキ」を唄うとよかったなあ」と、これも後で思った。

 

 

 画像1:羽咋駅・駅舎
     昔よく見た形の駅舎だが、この頃は見なくなってきた。

 

 

 画像2:羽咋駅前ロータリー(その1)
     地名碑と相撲の像が建っていた。

 

 

 画像3:羽咋駅前ロータリー(その2)
     羽咋はUFOの町、UFOの像もあった。

 

 (2019年6月10日(日)午後6時40分〜9時30分頃)
 

蚊爪駅

  • 2019.06.12 Wednesday
  • 06:45

令和元年6月上旬、石川県能登の廃村探索、
レンタカーは、能登里山海道の入口付近、金沢市と内灘町の境界付近の
ガソリンスタンドで借りた。

 

最寄りは北陸鉄道浅野川線 蚊爪駅で、歩いて15分ほど。
蚊爪と書いて「かがつめ」と読む。
この用事がなかったら、知ることもなかったことだろう。

 

北鉄金沢駅は、新幹線の駅からほど近い。
ホームは地下にあるが、雰囲気はとてもレトロだ。
2両編成の電車に、てっちゃんが乗っている様子はなかった。

 

 

 画像1:北鉄金沢駅に停まる内灘行きの電車
     京王井の頭線で使われていたものではないだろうか。

 

 (2019年6月10日(日)午後3時55分頃)

 

 

 画像2:蚊爪駅・ホームと駅の様子
     ホームは片面で、待合室があるが、駅舎はなかった。

 

 (同 午後4時10分頃)

 

 

 画像3:蚊爪駅・駅名標(遠景)
     金沢駅から何番目の駅なのか、駅番号が欲しかったところだ。

 

 (2019年6月11日(月祝)午後2時55分頃)
 

添牛内駅跡

  • 2019.05.31 Friday
  • 06:47

令和元年5月下旬、道北の廃村探索、
3日目の探索 午後の部、
4年前(平成27年5月)にも訪ねた幌加内町の添牛内駅跡を再訪した。

 

まず、駅舎正面に駅名標ができたことが目を引いた。
見比べると、屋根など傷んだ部分もあるが、壁などは塗り直されている。
田中さんによると、地域の方々が、沼牛駅跡のように復元して、
イベントができるような場所にすべく、画策ざれているという。

 

添牛内は、南北に走る国道275号と東西に走る国道239号の交点にあり、
これからもたびたび立ち寄るかもしれない

 

人口統計で添牛内を調べると、10戸28名(H.27)だった。

 

 

 画像1:添牛内駅跡・駅舎(その1)
     傷んだ駅舎のまわりに、花が咲いているのが印象的だった。

 

 (2015年5月29日(金)午後1時20分頃)

 

 

 画像2:添牛内駅跡・駅舎(その2)
     駅名標ができて、引き締まった感を受けた。

     入口に駅ノートがあったので、3行ほど書き込んだ。

 

 (2019年5月27日(月)午後2時20分)
 

北見滝ノ上駅跡

  • 2019.05.30 Thursday
  • 06:48

令和元年5月下旬、道東の廃村探索、
2日目の探索を終えた後、札幌へ帰る成瀬さんを見送るため
バスが出発する滝上バスターミナルがある北見滝ノ上駅跡を訪ねた。
駅跡は「駅舎記念館」として整備され、そばには図書館がある。

 

今回の驚きは、何といっても季節外れの猛暑。
この日(5/26(日))、佐呂間町では最高気温39.5℃を観測した。
紋別市、滝上町の温度も異様に高く、
クルマの中の標示(鴻之舞−滝上間)では最高42℃に達した。
駅跡に温度計があったので見てみると、35.0℃を示していた。

駅跡からは今が季節の芝桜も見えたが、
猛暑のほうがインパクトが高かった。

 

「気象庁Web」過去の気象データ検索によると、
この日、紋別市の最高気温は37.0℃、滝上町は34.0℃だった。

 

 

 画像1:真冬の北見滝ノ上駅跡・駅舎
     この日、この時間の滝上の気温はマイナス7.5℃だった。

 

 (2019年2月11日(月祝)午前11時20分頃)

 

 

 画像2:猛暑の北見滝ノ上駅跡・駅舎

 

 

 画像3:芝桜を遠望する

 

 

 画像4:温度計は「35.0℃」を示していた

 

 (2019年5月26日(日)午後3時30分〜3時40分頃)

 

上興部駅跡

  • 2019.05.29 Wednesday
  • 07:03

令和元年5月下旬、道東の廃村探索、
2日の宿泊地 西興部村上興部(かみおこっぺ)の駅跡は、
「上興部鉄道資料館」として整備されている。

 

2月に泊まったときは雪の季節、根性がなく行けなかった。
今回は早朝、上興部中学校跡の宿「GA.KOPPER」から歩いて出かけたら
距離は1劼發△蝓⊂絛宿集落の大きさを実感することになった。

 

駅跡には駅舎、ホームに加え、気動車(キハ27)、線路も残っている。
「ここに30年前まで鉄道が通じていたんだなあ」と思いながら、
ひとりホームの段に座って一服した。

 

 

 画像1:上興部駅跡・駅舎を正面から見る

 

 

 画像2:上興部駅跡・駅名標があるホームと気動車

 

 

 画像3:上興部駅跡・駅舎を裏面から見る

 

 

 画像4:上興部駅跡・気動車と駅舎裏面

 

 (2019年5月27日(月)午前5時35分〜5時45分頃)
 

さくらんぼ東根駅

  • 2019.05.14 Tuesday
  • 06:54

令和元年5月中旬、山形県の廃村探索、
宿泊地 東根温泉までは、山形新幹線さくらんぼ東根駅で
自転車を借りて向かった。

 

山形新幹線の新庄延伸(平成11年12月)とともにできた駅で
降りるのは今回が初めて。
東根市も今回初めて訪ねたが、人口が増えているというのは驚きだった。

 

東根といえば、駅名にあるとおり「さくらんぼ」が名産だ。
さくらんぼ畑の中に作業所が見当たったので、
「買えますか」と声をかけたところ、
「露地ものはまだだけど、ハウスものならあるよ」とのこと。
いい値段はしたが、家用の土産にひとパック買った。

 

 

 画像1:さくらんぼ東根駅 駅舎
    田んぼの真ん中に作ったというが、
    駅周辺はロードサイド系の店が多く開店し、賑わいを感じた。

    鉄道が高架でないのは、ミニ新幹線のよいところだ。

 

 

 画像2:さくらんぼ東根駅 駅名標
    開業して20年経つからか、黒部宇奈月温泉 のような
    不自然さは感じなかった。

 

 (2019年5月12日(日)午前11時25分〜11時40分頃)

 

 

 画像3:東根駅 駅舎

    さくらんぼ東根駅から北へ2.5辧
    新幹線開業までの市の代表駅は、見事にひなびていた。

 

 (2019年5月11日(土)午後5時40分頃)

 

黒部宇奈月温泉駅

  • 2019.05.09 Thursday
  • 06:16

平成31年4月GW、富山県の廃村探索、
宿泊地 糸魚川からは、北陸新幹線でひとつ先の
黒部宇奈月温泉駅へと向かった。

 

北陸新幹線開業(平成27年3月)とともにできた駅で
降りるのは今回が初めて。
目的の廃村は、魚津市古鹿熊(ふるかくま)。
改めて調べると、富山地鉄 新黒部−新魚津は10.5km。
魚津市街−古鹿熊は14劼世辰拭
(ちなみに黒部宇奈月温泉−古鹿熊はクルマで23辧法

天気がよかったら、前日と同じく
電チャリを使うのも一手だったかもしれないが、

 

だが、この日の天気は雨の可能性がある曇で、
与えられた時間は4時間ほど。
やはり、新幹線駅でレンタカーは正解だった。

 

 

 画像1:黒部宇奈月温泉駅 駅名標
    富山地鉄と同じく、新黒部でよかったと思うのだが・・・

 

 

 画像2:黒部宇奈月温泉駅 駅舎
    すぐそばに北陸道が走っている。

 

 

 画像3:富山地鉄 新黒部駅 駅舎
    新幹線開業に合わせた新駅だが、
    周囲の駅のようにひなびた駅舎にしてほしかったところだ。

 

 (2019年4月30日(火)午前9時〜9時10分頃)
 

飯山駅

  • 2019.05.05 Sunday
  • 07:06

平成31年4月GW、長野県の廃村探索、
目的地 飯山市 沓津(くっつ)には、JR飯山駅で電動アシスト付自転車を借りて出かけた。

 

飯山駅を使うのは、北陸新幹線開業(平成27年3月)以来、初めてのこと。
在来線の駅は300m動いて、新幹線とクロスする位置となっていた。

 

 

 画像1:飯山駅・千曲川口に降り立つ

 

 

 画像2:旧飯山駅跡地・県道の踏切ができていた

 

 

 画像3:在来線 飯山駅の駅名標

 

 (2019年4月29日(月祝)午前8時30分〜午後5時頃)

 

放出駅

  • 2019.04.22 Monday
  • 06:53

平成31年4月中旬、JRおおさか東線の初乗り、
しっかり分けると、久宝寺−放出は11年前(平成20年)に開通しており、
放出−新大阪が今年の開通分。
私は久宝寺−JR河内永和は開通後しばらく経った頃に乗っている。
今回はJR俊徳道からJR淡路で途中下車して新大阪まで乗ったが、
初乗り区間はJR河内永和−新大阪になる。

 

放出(はなてん)といえば、中古車センター、
もとい、全国屈指の難読駅のひとつで、片町線
もとい、学研都市線との乗換え駅になる。

接続のため3分ほど停車時間があったので、ホームに降りてみた。

 

学研都市線の京橋方面行はすぐ横のホームに着くので、
乗り継ぐには都合が良い。
地名に耳なじみはあるが、町にはまったくなじみがない放出。
時間があったら、ぶらり歩きでもしてみたかったところだ。

 

 

 画像1:放出に停まるおおさか東線の電車(その1)
    すぐ横のホーム(4番線)から学研都市線 京橋方面行に
    乗り継ぐことができる。

 

 

 画像2:放出に停まるおおさか東線の電車(その2)
    向こうのホーム(2番線)にもおおさか東線の電車
    (久宝寺行)が停まっていた。

 

 

 画像3:放出に停まるおおさか東線の電車(その3)
    「おおさか東線全線開業 奈良−新大阪直結!」
    と、久宝寺行の窓に記されていた。

 

 (2019年4月15日(月)12時35分頃)

 

近鉄 長瀬駅

  • 2019.04.19 Friday
  • 07:02

平成31年4月中旬、久しぶりに大阪の町並みを歩いた。
近鉄大阪線 長瀬駅には、近畿大学の最寄り駅で、
私は高校、大学、大学院、高校教師と11年間(足掛け13年)通った
なじみ深い駅でもある。

 

お昼を外で食べる時間ができたので、
ふと「大学通りの定食屋に行きたい」と思いついた。
はっきりとは覚えていないが、3年ぶりぐらいではないだろうか。
前に来たときもそんな感じだった。

 

 

 画像1:長瀬駅 駅名標とホーム
     私が通っていた頃、高校は1学年24クラスあった。
    乗降客の多さに比例して、普通しか停まらない駅にしては
    ホームの幅が広い。

 

 

 画像2:長瀬駅 駅舎
     隣の俊徳道が40年前から高架駅だったのに対して、
    長瀬は今も地上駅。
    変わらないのは、むしろありがたい。

 

 

 画像3:長瀬駅前 まなびや通り
    古びてはいるが、「まなびや通り」のゲートは
    私が通わなくなった後のもので、私は「大学通り」と言っていた。
     餃子の王将は、40年前と変わっていない。

 

 (2019年4月15日(月)午前11時5分頃)

calendar

S M T W T F S
      1
2345678
9101112131415
16171819202122
23242526272829
30      
<< June 2019 >>

selected entries

categories

archives

recent comment

recommend

recommend

recommend

recommend

links

profile

search this site.

others

mobile

qrcode

powered

無料ブログ作成サービス JUGEM