『上雄柏』の小冊子、道の駅たきのうえ、販売しています

  • 2020.07.05 Sunday
  • 08:28

小冊子『上雄柏・学校跡整備と花壇に込めた想い』(堀江晴男さん=上雄柏小中学校卒業生 著)、
6月上旬から、道の駅香りの里たきのうえ での販売が始まっています。
東京では、三省堂書店神保町本店と、ジュンク堂池袋本店で取り扱っています。

 

秋田魁新報、北海民友新聞、北海道新聞と、三度も大きな記事が取り上げられましたし、
何よりも、東京・埼玉からだと簡単には行けない遠い町に
このような縁ができたことは、画期的なことです。

 

滝上という地域に根付いてくれると、嬉しく思うところですが、どうなることでしょう。
販売開始から1か月、長期的な視点で考えたいところです。
興味があって、道の駅たきのうえに立ち寄られる予定がある方、是非見てみてくださいませ(^_^)

 

 

 

 画像1 『上雄柏』の小冊子、道の駅たきのうえ、販売の様子(その1)
    1階フロアの一角に、こんな感じのコーナーがあります。

 

 

 

 画像2 『上雄柏』の小冊子、道の駅たきのうえ、販売の様子(その2)
    滝上町出身の作家の方々(小檜山博、加藤多一、吉井よう子)の本と
    並んで展示されていました。

 

 

 画像3 『上雄柏』の小冊子、道の駅たきのうえ、販売の様子(その3)
    展示の画像があると、安心してオススメできます。
    西興部ゲストハウス GA.KOPPER の浅野様、ありがとうございます!

 

  (2020年6月28日(日)午後4時頃)
 

『上雄柏』の記事、北海道新聞に掲載されました

  • 2020.07.04 Saturday
  • 16:56

小冊子『上雄柏・学校跡整備と花壇に込めた想い』(堀江晴男さん=上雄柏小中学校卒業生 著)関連の記事が
先週の水曜日(6/24)、北海道新聞、夕刊の三面(全道版)に掲載されました。

 

道新に記事を取り上げられたのは、今回が初めてです。

紋別支局の記者の方(草間康弘さん)とコンターサークルつながりがあることが、取材を進める中でわかりました。
妙なところで縁が重なるものです。

 

『上雄柏・学校跡整備と花壇に込めた想い』は、500円(税込)。
「アマゾン」(多摩屋様扱い)と「HEYANEKOのbooth」で、取り扱っています。
 https://www.amazon.co.jp/dp/B088DVXRRQ (アマゾン)
 https://heyaneko.booth.pm/items/2010124 (HEYANEKOのbooth)

 

6月上旬から、道の駅香りの里たきのうえ での販売が始まっています。

 

 

 画像1 「北海道新聞」2020年 6月24日(水)付 夕刊一面
    戦争戦後の写真350枚 AIで修正 という記事が、トップで取り上げられています。

 

 

 画像2 「北海道新聞」2020年 6月24日(水)付 夕刊三面
    この記事(紋別版)の見出しは「無人の故郷 花の息吹」ですが、
    札幌や旭川での新聞は、微妙にレイアウトが異なり、
    見出しも「無人の故郷に花の息吹」に変わっています。
    草間さんから
    「締め切り、印刷時間等が異なるため」と教えていただきました。

 

廃村への想いを形に

  • 2020.06.28 Sunday
  • 15:24

小冊子『上雄柏・学校跡整備と花壇に込めた想い』、
北海道新聞(2020年6月24日(水)付夕刊三面)掲載を記念して、
その1ヵ月前、
秋田魁新報(2020年5月19日(火)付朝刊文化欄)に掲載された
記事をまとめてアップしました。
http://www.din.or.jp/~heyaneko/haison_9.html

 

北海民友新聞(2020年6月9日(火)付)にも掲載されたので、
2ヵ月で計3回取り上げられたことになります。

注目されるテーマなのかもしれません。
 

 

『日本廃村百選』、アクセスの売上ランキング6位に入りました

  • 2020.06.17 Wednesday
  • 07:23

少し前のことですが、
地方小の情報誌「アクセス」2020年6月号の売行良好書 [出荷センター扱い]
(4/15〜5/14)の6位に『日本廃村百選』が入りました。

 

図書館の導入が450館を超えていることとあわせてを考えると、
ヒットと言ってよさそうです。
ありがたいことです。

 

 

 画像1 「アクセス」 2020年6月号 1面
     見出しに、ひとり出版社の仕舞い方 とあります。 

 

 

 画像2 「アクセス」 2020年6月号 12面
     6位まで表紙画像が入っていました。
 

『上雄柏』の小冊子、北海民友新聞に掲載されました

  • 2020.06.13 Saturday
  • 10:17

小冊子『上雄柏・学校跡整備と花壇に込めた想い』(堀江晴男さん=上雄柏小中学校卒業生 著)、
この火曜日(6/9(火))、北海民友新聞(紋別市のローカル紙)に記事が掲載されました。

 

北海民友新聞に記事を取り上げられたのは、
昨年 2/28(木)の冬の鴻之舞、中雄柏などの探索時から始まってこれで3回目。
前回(3/10(火))は、『日本廃村百選』と『住まなくなっても守りたい』の鴻之舞の取材の記事でした。
縁が深くなるのは、とてもありがたいことです。

 

『上雄柏・学校跡整備と花壇に込めた想い』は、500円(税込)。
「アマゾン」(多摩屋様扱い)と「HEYANEKOのbooth」で、取り扱っています。
 https://www.amazon.co.jp/dp/B088DVXRRQ (アマゾン)
 https://heyaneko.booth.pm/items/2010124 (HEYANEKOのbooth)

 

また、6月上旬から、道の駅香りの里たきのうえ での販売が始まりました。

 

 

 画像1 小冊子『上雄柏・学校跡整備と花壇に込めた想い』
    滝上町と紋別市の図書館に蔵書があります。

 

 

 画像2 「北海民友新聞」2020年 6月9日(火)付 一面
    ホタテ稚貝放流が、大きく取り上げられています。

 

 

 画像3 「北海民友新聞」2020年 6月9日(火)付 二面
    「思い出多い学舎 花畑で再生」という見出しで、大きく取り上げられています。
    「オシラの花畑」で作業する堀江さんの画像が載っています。
    私のコメントも、織り交ざっています。
 

『上雄柏』の小冊子、秋田魁新報に掲載されました

  • 2020.05.19 Tuesday
  • 07:07

小冊子『上雄柏・学校跡整備と花壇に込めた想い』(堀江晴男さん=上雄柏小中学校卒業生 著)、
本日(5/19(火))秋田魁新報の文化欄に記事が掲載されました。

『日本廃村百選』は、佐藤晃之輔さんの寄稿でしたが、今回は私の寄稿です。

 

秋田魁新報に記事を取り上げられたのは、
『廃村をゆく2』、『秋田・廃村の記録』、『日本廃村百選』に続いてこれで4回目。
縁が深くなるのは、とてもありがたいことです。

 

『上雄柏・学校跡整備と花壇に込めた想い』、ISBNのない小冊子ですが、
「アマゾン」(多摩屋様扱い)と「HEYANEKOのbooth」で、取り扱っています。
 https://www.amazon.co.jp/dp/B088DVXRRQ (アマゾン)
 https://heyaneko.booth.pm/items/2010124 (HEYANEKOのbooth)

 

 

 画像 小冊子『上雄柏・学校跡整備と花壇に込めた想い』
    スイセンの花がこの物語のキーワードです。

『上雄柏』の小冊子、アマゾン扱い、開始しました

  • 2020.05.12 Tuesday
  • 06:05

 小冊子『上雄柏・学校跡整備と花壇に込めた想い』、「アマゾン」(多摩屋様扱い)と「HEYANEKOのbooth」で、取扱いを開始しました。
 https://www.amazon.co.jp/dp/B088DVXRRQ (アマゾン)
 https://heyaneko.booth.pm/items/2010124 (HEYANEKOのbooth)

 

 BOOTH は面白いシステムなんだけど、登録の手数を考えると、アマゾンのほうがお勧めと言えます。

 

 ISBNを取っていないので、原則書店での取扱いはできませんが、

書店「三省堂書店」(神保町本店)、「ジュンク堂書店」(池袋本店)では「地方・小出版の棚」で取り扱う予定です(地方・小出版流通センター様扱い)。

 

 

  画像1: アマゾン、『上雄柏・学校跡整備と花壇に込めた想い』の画面
     『日本廃村百選』ではさんざん苦労しましたが、
     すでに表紙画像も掲載されています。

 

 

  画像2: HEYANEKOのbooth、『上雄柏・学校跡整備と花壇に込めた想い』の画面
     実は、5/8(金)の夜から、ひそかに取扱いを開始しています。
     こっそりと、わずかな数の注文を受けました(^^)
 

小冊子『上雄柏・学校跡整備と花壇に込めた想い』、完成しました

  • 2020.05.09 Saturday
  • 14:12

 いつにないGWが過ぎた週末、小冊子『上雄柏・学校跡整備と花壇に込めた想い』が完成しました。
 この小冊子の特徴は、著者の堀江晴男さんが「上雄柏小中学校卒業生」ということにあります。廃村となった故郷を想う気持ち、ご本人に綴ってもらうほど確かなものはありません。
 よい出会いがあったら、このような展開ができることがわかりました。

 

 当方は編集をしただけですが、「Team HEYANEKO」として版元となっています。
 4月下旬に「HEYANEKOのホームページ」内に作ったご案内、「5月上旬完成予定」を「5月上旬完成」に更新しました。
 http://www.din.or.jp/~heyaneko/kamiyuuhaku.html
 興味のある方、関心をお持ちの方、よろしかったらご一読ください。

 

 

 画像 小冊子『上雄柏・学校跡整備と花壇に込めた想い』
    今回は、24ページと薄いので、10冊重ねて撮りました。

ジュンク堂池袋店+チューリップの花

  • 2020.05.06 Wednesday
  • 06:54

地方小の情報誌「アクセス」2020年5月号、
「ジュンク堂書店池袋店」地方出版社の本(3/15〜4/14)の売上で、
『日本廃村百選』が 8位に入りました。


ネット書店での流通が滞るなど、何かとたいへんなこのご時世、
売りのよさが実感できる、ありがたいお知らせです。
ただ、ジュンク堂池袋店も、臨時休業、営業時間短縮等が出ているようです。

 

画像は、廃村探索の道中、偶然見かけたチューリップの花です。
田んぼに円形で植えているのがよい!
思わずクルマを停めて、春のひとときを楽しみました。

 

 

秋田魁新報に掲載されました

  • 2020.04.30 Thursday
  • 08:01

少し前のことですが、令和2年3月23日(月)付の秋田魁新報の文化欄に
『日本廃村百選』が掲載されました。

 

『秋田・消えた村の記録』、『秋田・消えゆく集落180』の著者
佐藤晃之輔さんに寄稿していただきました。

秋田魁新報に記事を取り上げられたのは、

『廃村をゆく2』、『秋田・廃村の記録』に続いてこれで3回目。
『日本廃村百選』は秋田文化出版刊ですし、
秋田県との縁は深くなってきました。

 

「働く場」の機会均等こそ という見出しがあるこの記事、
「HEYANEKOのホームページ」にも掲載しましたので、
よろしかったら、ご一読ください。
 http://www.din.or.jp/~heyaneko/haison_8.html

 

 

 画像1: 秋田魁新報 3/23(月)付 1面
     やはり、トップは新型コロナ関連です。
     左下に「無観客場所 白鵬V」という見出しもあります。

 

 

 画像2:  秋田魁新報 3/23(月)付 8面
     佐藤晃之輔さんは昭和17年生まれ、私より二回り年上です。
     平成11年秋(20年少し前)、大潟村で初めてお会いしたときの
     佐藤さんと年齢に、私の今の年齢は追いつきました。
 

calendar

S M T W T F S
   1234
567891011
12131415161718
19202122232425
262728293031 
<< July 2020 >>

selected entries

categories

archives

recent comment

recommend

recommend

recommend

recommend

recommend

links

profile

search this site.

others

mobile

qrcode

powered

無料ブログ作成サービス JUGEM