豊浦町 新富小学校跡

  • 2018.09.27 Thursday
  • 07:01

平成30年6月中旬、北海道・後志の廃村探索 旅3日目(6/10、日曜日)、
蘭越町川上に続いて、現住集落 豊浦町新富にも立ち寄った。
新富の戸数は14戸(H.27)。その多くは大規模な酪農家で、冬の積雪は厳しそうだが、
生活は豊かな感じがする。

 

新富小学校は、へき地等級5級、児童数34名(S.34)、明治40年開校、平成15年休校、平成18年閉校。
道道32号線と914号線(新富神里線)の三差路から校舎が見えたので、
様子を見に行くと、学校跡のそばに住まれる地域の方(Tさん、40代の男性)と出会った。

Tさんは平成28年に横浜から新富に移住され、新富では酪農体験ガイドをされているという。
小学校の校舎を見学させていただくと、体育館の中には詳細な新富地区の年表が貼られていて、
「へき地5級地が4級地に変更になったのは、除雪体制が整った昭和63年のこと」とわかった。

 

 

 画像1: 新富小学校跡の校舎
     瀟洒な校舎には、15年前(平成15年)まで児童が通った。

 

 

 画像2: 新富小学校跡、体育館
     まだまだ新しいように見えるが、
     Tさんによると、少しずつ傷んできているそうだ。

 

 

 画像3: 新富の歩み(年表)
     情報満載の手書きの年表は、平成7年で止まっていた。

 

  (2018年6月10日(日)午後1時25分〜1時50分頃)
 

旧利賀小学校

  • 2018.08.23 Thursday
  • 07:06

平成30年8月上旬、富山県の廃村探索1日目、
高台の現小学校に続いて利賀上村中心部、寺と神社の裏手にある旧利賀小学校を訪ねた。

 

利賀の分校校舎は各所でなじみがあるが、本校校舎を訪ねるのはこれが初めて。
昭和38年に作られたRC造3階建ての校舎の入口には
「利賀埋蔵文化財等展示保存学習施設」、「(利賀ダム)工事業者現場事務所」の標札があったが、人の気配はなかった。

 

 

 画像1: 運動場から見た旧利賀小学校校舎
     高台に小さく現校舎が見られる。

 

 

 画像2: 雪国仕様の校舎入口
     壁面の時計は、正確な時を刻んでいた。

 

 

 画像3: 裏手から見た旧利賀小学校校舎
     校舎に児童が通わなくなってから23年経つ。

 

  (2018年 8月5日(日)午後5時10分頃)
 

利賀小学校上百瀬分校跡

  • 2018.08.18 Saturday
  • 08:11

平成30年8月上旬、富山県の廃村探索、
1番目の目標 旧利賀村水無に向かう道は大きく分けて2つある。
ひとつは利賀川本流沿いの県道(34号 利賀河合線)をさかのぼるルートで、
最寄り集落 奥大勘場から8劼曚匹世、昨年11月、ゲートに阻まれて行けず終いになった。
その後の調べで、このゲートは通年閉じていることがわかった。

 

もう一つが百瀬川沿いの市道上百瀬水無線(百瀬川林道)で峰越えをするルートで、
こちらは最寄り集落 上百瀬から15劼△襪、積雪期を除き道は通じているらしい。

今回初めて足を運んだ上百瀬でも分校跡校舎が見当たったので、クルマを停めて小休止した。
利賀小学校上百瀬分校はへき地等級3級、児童数47名(S.34)、平成元年休校、平成8年閉校。
上百瀬でもオロロ(小型のアブ)の襲撃があって、落ち着いたひとときを過ごすことはできなかった。

 

 

 画像1: まずまずの戸数がある上百瀬集落

 

 

 画像2: 建設会社が再利用されているらしい上百瀬分校跡の校舎

 

  (2018年 8月5日(日)12時40分頃)
 

利賀小学校百瀬川分校跡

  • 2018.08.17 Friday
  • 07:20

平成30年8月上旬、富山県の廃村探索、
1番目の目標 旧利賀村水無(みずなし)は,八尾市街から百瀬川経由で42km,富山駅からだと60劼凌爾せ鈎罎砲△襦
八尾から中山間地域に入るまでは前回(7月上旬)の行程と重なっている。
前回、足谷の代わりに大沢を訪ねておけば,今回の行程も楽なものになっていたところだ。

 

旧八尾町栃折でR.471に入り、栃折峠を越えて、旧利賀村百瀬川の分校跡前で一服する。
利賀小学校百瀬川分校はへき地等級2級、児童数72名(S.34)、平成元年休校、平成8年閉校。
なじみがある校舎を見ながら昼食休みをとろうとクルマから出ると、いきなりアブの大群の襲撃を受けた。
クルマを離れるとついてこなかったので、予定通り昼食休みをとることができたが、何とも不吉なものを感じた。

 

 

 画像1: 秋の利賀小学校百瀬川分校跡

 

  (2014年11月7日(金)午前11時10分頃)

 

 

 画像2: 真冬の利賀小学校百瀬川分校跡

 

  (2015年 1月9日(金)午後 3時55分頃)

 

 

 画像3: 真夏の利賀小学校百瀬川分校跡

 

  (2018年 8月5日(日)12時25分頃)
 

南砺市大鋸屋、旧小学校木造体育館

  • 2018.08.11 Saturday
  • 08:24

平成30年8月上旬、富山県の廃村探索、
旧城端町若杉に向かう前に、若杉分校の本校があった、
大鋸屋(おがや)の小学校跡地に立ち寄りました。

 

大鋸屋小学校の閉校は昭和41年。
二万五千図(下梨、1972)に文マークは掲載されていません。
「見つかるかなあ・・・」と裏手のほうから
心当たりの場所に歩いていくと、
木造板張りの大きな建物が見つかりました。

 

建物の正面には「大鋸屋地区軽スポーツセンター」という標札があり、
案内板と「登録有形文化財」の標板がついていました。
建物は「旧大鋸屋小学校体育館」、昭和4年に建てられたもので、
平成27年より登録有形文化財(文化庁)とのこと。

 

思いがけない発見は、とても楽しいものです。
なお、昭和42年、若杉集落離村の際、
「全5戸の住民は旧小学校の校舎へ集団移転した」とのことです。

 

 

 画像1: 裏手から見た旧大鋸屋小学校体育館
      ひと目で往時からの建物とわかったが、
      登録有形文化財とは、思いもよらなかった。

 

 

 画像2: 正面から見た旧大鋸屋小学校体育館
      左は大鋸屋公民館(本館)、
      右は公民館別館(旧大鋸屋保育所)となっている。

 

 

 画像3: 旧大鋸屋小学校体育館の遠景
      つまり学校跡は、公民館として利用されていた。
      校庭の隅には二宮金次郎像もあった。

 

  (2018年8月6日(月)午前7時5分〜7時25分頃) 
 

馬谷小学校跡

  • 2018.05.12 Saturday
  • 07:09

平成30年4月、島根県益田市近辺の廃校廃村を目指す旅。
西長沢入口の分岐に戻り、県道を4台で北上すると、
やがて空が広がって真砂(まさご)小学校の本校2階建てモルタル校舎が見当たった。
真砂小学校は児童数223名(S.34)。今も児童数15名(H.27)で存続するのは、
統合先候補との距離が離れすぎていることと、
地域に存続の意向が強いことからという。
所在地が波田(はだ)なのに学校名が真砂なのは、
昭和の大合併以前の村名が使われていることによる(美濃郡真砂村、S.30編入)。
 
旧真砂村では馬谷(うまだに)にも小学校があった。
岩倉にはこの小学校跡校庭から先はクルマを2台に絞って行く予定を立てている。
おきのくにさんは「校舎は残っているけど、味わいはないですよ」などという。
助手席の私は「行ってみてのお楽しみでしょう」と答えた。
 
馬谷小学校は児童数82名(S.34)、平成15年閉校。
やがて見えてきた小学校跡の校舎は平屋建て木造モルタル造の地味な建物で、
玄関には「城山会館」という標札があった。
校庭に地域の方(Uさん)の姿があったので、ご挨拶をして
「運動場にクルマを停めてもよいですか」と尋ねたところ、了承を得ることができた。
Uさんと「学校跡を訪ねる旅をしているんですよ」と話をしているうちに、
校舎を見学させていただくことになった。
 
校舎の中は公民館に改装されていたが、
黒板や児童の卒業作品、40年にも及ぶ卒業写真の掲示など、
学校跡ならではのものがたくさん残っていた。
校庭より一段高い場所に残る馬の像もインパクトがあり、
「馬谷小学校跡は味わい深い」と頭の中に刻まれた。 

 

 
 画像1:馬谷小学校跡・公民館として残る校舎
    学校跡という雰囲気は薄く、味わいはない。

 

 
 画像2:校庭と一段高い場所に残る馬の像
    学校跡の雰囲気は色濃い。
    校名と掛け合わせた馬の像も、印象深くてよい。

 

 
 画像3:校舎の中に残る「思い出の馬谷小学校」のプレート
    光の加減でうまく写っていないが、
    平成14年度(最終年度)の児童5名の名前も刻まれている。
    真ん中の木造二階建ての体育館は、取り壊されていた。

 

  (2018年4月8日(日)午後2時15分〜2時35分頃)

飯浦小学校跡+飯浦駅

  • 2018.04.24 Tuesday
  • 07:00

平成30年4月、山口県萩諸島改め島根県益田市近辺の廃校廃村を目指す旅、
道の駅 萩から県境に近い道の駅 田万川までは4台分かれて走った。
移動中、おきのくにさんと私の間で煮詰めて、
廃校廃村の探索順は、益田市猪木谷、(旧日原町)滝谷、西長沢、岩倉、笹田原、
(旧匹見町)七村(全6か所)になった。

 

道の駅 田万川で皆で相談したところ、まず県境を超えてすぐ、
R.191から少し入った益田市飯浦(いいのうら)の小学校跡の木造校舎を訪ねることになった。
飯浦小学校は児童数169名(S.34)、平成20年閉校。
平屋建て木造校舎は2階建て木造モルタル校舎、RC造体育館に挟まれて残っていた。

 

飯浦には山陰本線の駅があり、小学校跡から歩いて行くことができる。
ローカル駅に興味がある私は「ちょっと行ってくる」といって、
坂の上にある飯浦駅まで往復した。
この辺りの山陰本線は普通気動車が日に8往復走るのみ。
振り返ると、この旅でひとりのひとときを過ごしたのは飯浦駅だけだった。

 

 

 画像1:飯浦小学校跡、平屋建て木造校舎が残る                  

 

 

 画像2:飯浦駅、ひとりのひとときを楽しむ 

 

 

 画像3:飯浦駅へ続く坂道から、飯浦小学校跡を眺める

    飯浦という地名は、この旅で初めて知った。

 

  (2018年4月8日(日)午前8時40分〜8時55分頃頃)
 

蟹田町 大山小学校跡(その2)

  • 2017.11.15 Wednesday
  • 06:58

平成29年9月18日(月祝)、青森県・津軽の廃村めぐり、 
蟹田町 大山小学校跡=大山ふるさと資料館には、メインの石器以外にも
いろいろな展示物があった。 

 

民具がたくさん置かれている教室があった。
廃村探索で見かけるものもいくつかある。
偶然見つけた名前も知らなかった廃校が、記憶に残る場所となった。

 

大山小学校はへき地等級無級、児童数146名(S.34)、平成11年閉校、
大山ふるさと資料館は平成13年開館なので
開館から16年目に訪ねたことになる。

 

 

 画像1 釜

 

 

 画像2 コビキノコ

 

 

 画像3 足踏脱穀機

 

  (平成29年9月18日(月祝)午後1時〜1時15分頃)

 

蟹田町 大山小学校跡

  • 2017.11.14 Tuesday
  • 07:20

平成29年9月18日(月祝)、青森県・津軽の廃村めぐり、 
JR大平駅のすぐそば、R.280(松前街道)を挟んで反対側に、
郵便局跡のような建物が見当たったので、立ち寄ってみた。

標札は「大山ふるさと資料館」、開館中とのことなので、
ご挨拶して、中へ入った。

 

係の方(50代ぐらいの女性)によると、
資料館は閉校となった大山小学校(平成11年閉校)校舎を使ったもので、
近くにある大平山元遺跡の出土品(旧石器時代から縄文時代の石器など)
の展示がメインだという。

石器にはあまり興味はなかったが、学校跡ということで、
見学すると、年期が入った木造校舎が迎えてくれた。

 

 

 画像1 大山ふるさと資料館 玄関
    その趣に、郵便局跡かと思った。

 

 

 画像2 資料館内部 木造校舎の廊下
    真ん中に引かれた白線が、時代を感じさせる。

 

 

 画像3 国鉄三厩駅の普通運賃表
    館内には石器以外にもいろいろな展示物があった。

 

  (平成29年9月18日(月祝)午後1時〜1時15分頃)

 

中滝小学校跡

  • 2017.10.28 Saturday
  • 07:37

平成29年9月17日(日)、秋田県北部の廃村めぐり、 
小坂からこの日最後の目的地 鹿角市大清水(おおしみず)には、
県道(2号大館十和田湖線、樹海ライン)、R.103、R.104を結んで向かった。
途中、県道とR.103の交点(発荷峠)では、発荷峠展望台から十和田湖を見下ろし、
R.103とR.104の交点(中滝)では、中滝小学校跡(平成21年閉校)に立ち寄った。

 

かつて大清水分校の本校だった中滝小学校跡の平屋建て木造校舎は、
交流体験施設「中滝ふるさと学舎」 として活用されており、
一服して中を見せていただいた。

 

 

 画像1 中滝小学校跡、平屋建て木造校舎と校庭

 

 

 画像2 中滝小学校跡、体育館

 

 

 画像3 中滝小学校跡、廊下

 

  (平成29年9月17日(日)午後3時35分〜3時55分頃)

calendar

S M T W T F S
    123
45678910
11121314151617
18192021222324
252627282930 
<< November 2018 >>

selected entries

categories

archives

recent comment

recommend

recommend

recommend

links

profile

search this site.

others

mobile

qrcode

powered

無料ブログ作成サービス JUGEM