片内 再訪

  • 2019.02.22 Friday
  • 07:00

平成31年1月中旬、南九州の廃村探索4日目(最終日)、
西都市片内の民宿「かたすみ」での起床は朝7時。
この日は特に予定を入れていない。

 

まず、keikoと一ツ瀬発電所まで散歩した後に朝食をとり、続いて兄ちゃんと裏の山上にある片内小学校跡を目指して歩いた。
片内(本流瀬)は発電所関係の廃村で、小学校は昭和41年まで存続した。
2度訪ねて慣れているはずの山道だが、昨秋の台風の影響で荒れており、V字の折返しを見つけることができず、小学校跡にたどり着くことはできなかった。

 

 

 画像1:民宿「かたすみ」、片内(本流瀬)で唯一残る民家でもある

 

 

 画像2:一ツ瀬発電所の下手、一ツ瀬川の流れ

 

 

 画像3:片内小学校跡への山道分岐付近、教員住宅跡の家屋

 

  (2019年1月15日(火)午前7時20分〜9時40分頃)

 

宮崎県西米良村 尾股

  • 2019.02.21 Thursday
  • 06:54

平成31年1月中旬、南九州の廃村探索3日目、
田代八重に続いて訪ねた営林集落の廃村 尾股(おまた)も平成25年8月以来6年ぶり。
国道265号は尾股へ向かう道にも「全面通行止」の標示板があって焦ったが、祝日のためか休工中で、何とか先に進むことができた。
前回は西米良方面からむっちーさんのクルマに便乗して訪ねたが、今回は須木方面から自走での訪問。
国道265号のこの区間が「酷道」ということを思い知らされた。

 

へき地5級の木造校舎にも再会できたが、前回の夏に対し今回は冬。
到着した時刻(夕方4時過ぎ)には日影になっており、寒々しい感じがした。
それでも標高400m超の地にして路面凍結の心配はなく、南九州の暖かさが実感できた。

 

 

 画像1:国道265号 田代八重−尾股間、全面通行止の案内板

 

 

 画像2:昭和53年まで開校していた尾股小学校(閉校後41年目)

 

 

 画像3:ほのかに往時の面影が残る教室

 

  (2019年1月14日(月祝)午後4時5分〜4時15分頃)

 

宮崎県小林市(旧須木村)田代八重

  • 2019.02.20 Wednesday
  • 06:06

平成31年1月中旬、南九州の廃村探索3日目、
須木−田代八重(たしろばえ)間は、国道265号 輝嶺峠ルートが通行止のため、熊本県槻木経由ルートを走ることになった。
後で調べたところ、輝嶺峠ルートは19辧槻木経由ルートは38劼世辰拭

 

多良木町槻木(つきのき)は、熊本県にありながら太平洋に注ぐ大淀川水系槻木川沿い、田代八重の上流部に位置する。
「限界集落の活性化」のため現役世代が移住した槻木では、小学校が平成26年から同29年7月まで再開校していた。
意外に大きな校舎や体育館がある校地には、近々診療所が移転してくるとのことだった。

 

宮崎県に戻ってすぐ、営林集落の廃村 田代八重は平成25年8月以来6年ぶり。
前回は田代八重ダム湖の渇水時期に訪ねたため、学校跡の平地まで行くことができたが、
今回は「学校跡はこのあたりだったかな」と確認してやっとわかるぐらいになっていた。

 

 

 画像1:国道265号 須木・木浦木・田代八重の三差路にあった全面通行止の案内板

 

 

 画像2:平成29年7月まで開校していた槻木小学校(休校中)

 

 

 画像3:ダム湖に沈んだ田代八重・学校跡付近

 

  (2019年1月14日(月祝)午後2時35分〜3時50分頃)

 

くまもん

  • 2019.02.19 Tuesday
  • 05:33

平成31年2月、道北・道東の旅、
西興部、興部の廃村探索を終え、紋別への移動中、
オムサロ原生花園で流氷観察をした。
天気はすこぶるよく、風も弱かったが、
海一面流氷ということがなかったのは残念なところだ。

 

オムサロの売店で、家用の土産を買った。
ひとつは沙留(さるる、興部町の漁港がある町)産のとろろ昆布。
もうひとつは、ヒグマのぬいぐるみ。

旅先でぬいぐるみを買うのは、21世紀になって初めてかもしれない。

 

それから1週間経ち、このぬいぐるみは
リビングとキッチンの間のカウンターに居所を確保した。
紋別で買ったヒグマなので、くまもん(熊紋)と命名した。

 

 

 画像1:オムサロ原生花園で、流氷観察をする
  空も海も、とても青い

 

 (2019年2月10日(日)午前11時50分頃)

 

 

 画像2:居所を確保したくまもん
  キッチンから見ると、後ろ姿が凛々しい。

 

 

 画像3:くまもんとベルジャン
  ベルジャン(ラジオを挟んで、右側のぬいぐるみ)は
  1994年3月、ドーバー海峡をイギリスからベルギーに向けて

  渡るフェリーの中で購入。

 

 (2019年2月19日(火)午前5時15分頃)

西興部村 ゲストハウスGA. KOPPER

  • 2019.02.18 Monday
  • 07:02

平成31年2月、道北・道東の廃村探索、
2日目の宿泊地 ゲストハウスGA.KOPPER(ガコッパー)がある
西興部(にしおこっぺ)村は、名寄と紋別の中間に位置する。
人口1100人ほどの小さな村だが、ギター工場があって、
コンパクトシティに取り組むなど、個性的な感じがする。

 

GA.KOPPERは、旧上興部中学校(昭和60年閉校)の校舎を使った宿で、
昭和22年建設という大きな木造校舎は、存在感満点だ。
旅をして知ったことだが、上興部にはかつて石灰鉱山があって、
旧名寄本線からの引込み線まであったという。

 

今回、上興部は宿に泊まっただけ、西興部市街は通過しただけになったが、
再訪したときには、ここというポイントを歩いてみたい。

 

 

 画像1:夕闇迫る GA.KOPPER

 

 (2019年2月9日(土)午後5時5分頃)

 

 

 画像2:朝の GA.KOPPER、集合写真を撮る

 

 (2019年2月10日(日)午前8時15分頃)
 

銭函海岸を歩く

  • 2019.02.17 Sunday
  • 06:51

平成31年2月、道北・道東の廃村探索、
4日目(最終日)の宿泊地 銭函(ぜにばこ)は、札幌と小樽の中間に位置し、
都市圏の賑わいがある。
日本海(石狩湾)に面する海辺の町でもある。

 

朝、宿(小さな旅の博物館)で時間があったので、
そばにある海岸まで歩いて出かけた。
温度はおそらくマイナス5℃ぐらい。天気はすこぶる良かったが、
やや風があったので、体感温度は結構寒かった。

 

セイコーマートに立ち寄ると、送迎帰りの宿主(わんわんさん)に遭遇。
「乗っていくか」と誘われたが、「いや、歩いていきます」と答えた。
ちいたびに泊まるのは、おそらく6回目だが、
セイコマと宿の距離が歩いて3〜4分だったと、この日初めて知った。

 

 

 画像1:旅人宿「小さな旅の博物館」

 

 

 画像2:海岸沿いの平地から宿がある住宅地を見る

 

 

 画像3:雪が積もった銭函海岸

 

 (2019年2月12日(火)午前8時55分〜9時20分頃)
 

紋別市街を歩く

  • 2019.02.16 Saturday
  • 08:23

平成31年2月、道北・道東の廃村探索、
3日目の宿泊地 紋別(もんべつ)は、オホーツク海沿岸の市で、
大きな漁港があり、鉄道は廃止されて久しいが、空港がある。
紋別−羽田便(ANA)は日に1便。空港を結ぶ時間は1時間50分ほどだ。

 

早朝、宿(かつうら旅館)からコンビニまでの買い出しを兼ねて、
市街地をひとり散歩した。
宿の近くのオホーツク通り、はまなす通りという飲み屋街を通り、
坂を下って漁協がある港町を歩いた。

 

ふと
「もしも紋別で生まれ育っていたら、どんな人生を歩んでいただろうなあ・・・」
と思った。
当たり前のことだが、生まれる場所は自分では選べない。

 

港町のセイコーマートは開いていなかったので、
坂を上がって、花園町のセブンイレブンで朝食を調達した。
宿のすぐそばにはバスターミナルがあり、札幌行きのバスが停まっていた。
紋別−札幌便(高速バス)は日に4便。旭川通過便でも4時間40分かかる。

 

 

 画像1:紋別市街・はまなす通りのアーケード

 

 

 画像2:坂の上(本町7丁目)からオホーツク海を眺める

 

 

 画像3:紋別バスターミナル・発車を待つ札幌行きのバス

 

 (2019年2月11日(月祝)午前6時10分〜7時頃)
 

名寄駅前の温度計

  • 2019.02.15 Friday
  • 07:19

平成31年2月上旬、道北の廃村探索、
初日の宿泊地 名寄(なよろ)の駅前には、大きな温度計が設置されていました。

 

マイナス20℃台を経験するのは、初めてのことでしたが、
風がほとんどないこともあり、やや痛い感じはありましたが、
体感温度は我慢できる範囲でした。

 

翌朝(夜明け前)、「温度はどれぐらいだろう」と注目しましたが、
マイナス10℃台になっていて、少々残念に思いました。
この日の名寄の最低気温は、マイナス24.3℃だったそうです。

 

 

 画像1:名寄駅前・マイナス21.0℃を示す温度計

 

 (2019年2月8日(金)午後11時25分頃)

 

 

 画像2:名寄駅前・マイナス19.3℃を示す温度計

 

 (2019年2月9日(土)午前6時5分頃)

 

 

 画像3:名寄駅前・マイナス18.5℃を示す温度計

 

 (同 午後7時30分頃)

 

真冬の北海道(道北・道東)の廃村に行ってきました

  • 2019.02.14 Thursday
  • 07:11

平成31年亥年、2度目の廃村探索、
真冬の北海道(宗谷・オホーツク)の廃村に行ってきました(道内は4泊5日)。

 

訪ねた廃村は、道北(宗谷管内)幌延町雄信内、(上川管内)中川町神路、
道東(オホーツク管内)西興部村忍路子開拓、中興部、興部町オタッペ、
紋別市上藻内、鴻之舞、上鴻之舞、上古潭、八十士、
滝上町中雄柏、白鳥松布、奥札久留、滝奥、
道北(宗谷管内)上川町中越、天幕、旭ヶ丘(計17か所、初訪13か所、再訪4か所)です。
メンバーは、雄信内、神路が単独、その他は成瀬さん、田中さん(3名)です。

 

出発時(2/8(金))の午前中、旭川の気候は大荒れで、
夕方のエアドゥ羽田−旭川便は、「羽田に引き返す可能性あり」の条件付き運航となりました。
しかし、焦ったのはこの時だけで、
あとは気温は低いものの、晴れ間が多く、風は弱い目という穏やかな天気に恵まれて、
満足のいく探索を行うことができました。

 

 

 画像1:名寄駅前・マイナス21.2℃を示す温度計

 

 (2019年2月8日(金)午後11時25分頃)

 

 

 画像2:雄信内駅周辺・橋の上から見た凍結した天塩川

 

 (2019年2月9日(土)午前10時45分頃)

 

 

 画像3:紋別・オムサロ原生花園で見た着岸した流氷

 

 (2019年2月10日(日)午前11時55分頃)

 

宮崎県小林市 木浦木

  • 2019.02.08 Friday
  • 06:45

平成31年1月中旬、南九州の廃村探索3日目、
赤松からは、2番目の初訪 農山村(営林関係)の廃村 木浦木(きうらぎ)へと向かった。赤松と木浦木を結ぶ木浦木林道には、10勸幣紊離澄璽箸あり、その走りごたえは記憶に残るものだった。

 

住宅地図から調べた木浦木の離村時期は平成5年頃。『ここに学校があった』には「昭和56年に全戸引き揚げた」とある。
浜ノ瀬ダムの着工は平成6年、竣工は平成26年なので、離村の要因がダム建設なのかどうかは微妙なところである。

 

小林小学校木浦木分校(のち木浦木小学校)は、へき地等級3級、児童数70名(S.34)、明治31年開校、昭和51年閉校。
少しだけ上流側の神社(山之神神社)は堂々としたものに新築されていたが、学校跡はギリギリの線で水没していた。
渇水期に来たら別の印象を受けたかもしれない。
神社の一角でやや遅めの昼食休みをとっていると、「数十年ぶりに来た」という元住民の方と出会うことができた。

 

 

 画像1:木浦木・学校跡はギリギリの線で水没していた

 

 

 画像2:スギ林となった住宅の跡地

 

 

 画像3:真新しい社殿が建つ山之神神社

 

  (2019年1月14日(月祝)午後1時35分〜55分頃)
 

calendar

S M T W T F S
     12
3456789
10111213141516
17181920212223
2425262728  
<< February 2019 >>

selected entries

categories

archives

recent comment

recommend

recommend

recommend

recommend

links

profile

search this site.

others

mobile

qrcode

powered

無料ブログ作成サービス JUGEM