北海道神恵内村 オブカル石(その4)

0

    平成30年2月8日(木)、冬の北海道・後志の廃校廃村探索1日目、
    オブカル石の安内小学校跡には、
    「かつてここに学校があった」ことを伝える碑が3つあった。
    それぞれに個性的で、印象深いものだった。

     

    まず、象徴的な白い親子像。
    緑をバックに見たら、また違う印象を受けることだろう。
    雪に埋もれていたが、「安内小学校址」と刻まれた台座の上に建っている。
    碑文から、この像は昭和46年(閉校4年目)に建てられたものとわかる。
    #「学舎の風景」Web 神恵内村オブカル石 より引用

     

     碑文
     嗚呼
      西の河原よ
      窓岩よ
     冬は苛烈なる日本海の怒涛と相対峙し
     夏は虎杖の競い立ち蝉しぐれふり注ぐこの台地
     まさしくここに六十有余年に亘り教育の灯をともし続けた親と子と
     そして教師の哀歓の歴史があった
       昭和46年8月14日
        安内小学校第16代校長 豊本綱市書

     

    次に、公園内の「昭和天皇御大典」記念碑、
    展望台のそばに静かに建っている。
    雪の下には、しっかりした台座が埋まっているらしい。
    碑には「昭和三年御大典記念」と刻まれている。
    学校が存続していた頃からのものなのだろう。

     

    最後に公園下の「心勿忘」と刻まれた学校跡記念碑。
    やはりカンジキを履かなければ、行こうという気にはなれなかった。
    できそうだったので、
    雪に埋もれていた台座の碑文を掘り起こした。
    R.229が開通した年(平成8年)に建ったことがわかる。

     

     心勿忘
       揮毫者 元安内小学校長 豊本綱市氏
     明治17年旧7月 寺子屋教授始まる
       43年 4月 珊内教育所となる
     大正 6年 4月 安内尋常小学校となる
     昭和 4年 4月 安内国民学校となる
       22年 3月 神恵内村立安内小学校となる
       42年 3月 廃校
     明治・大正・昭和の三代に亘り
      318名の卒業生を送り幕をとじた
       平成8年9月
        安内小学校跡記念碑建立協賛会創

     

    「ここに安内小学校があった」ことは、末永く残りそうだ。
    オブカル石という集落名も、川の名前とともに残っていくことだろう。

     

     

     画像1:白い親子像が台座の上に建つ「安内小学校址」碑

     

     

     画像2:「昭和天皇御大典」記念碑

     

     

     画像3:「心勿忘」、安内小学校跡記念碑

     

      (2018年2月8日(木)午後2時25分〜3時頃)
     


    北海道神恵内村 オブカル石(その3)

    0

      平成30年2月8日(木)、冬の北海道・後志の廃校廃村探索1日目、
      オブカル石の安内小学校跡、象徴的な白い親子像の場所にたどり着いたのは午後2時25分。
      上り口から正味20分かかった。

       

      冬の積丹半島は、天気が荒れると横風で雪が舞い上がり、たびたび通行止になるという。
      展望公園から広がる海景色を見渡しながら、無事に到着できたことに感謝した。
      陽の差し方によって明暗が変化する冬の海景色は、記憶に残る美しさだった。
      その他、公園内では「昭和天皇御大典」記念碑、
      公園下では「心勿忘」と刻まれた学校跡記念碑を見つけた。

       

      この旅では、訪問地と到着見込時間、距離を「12分、30/h」(休憩時間を含む)で
      事前にノートに記して、実績を付記するという作業を課している。
      オブカル石の探索見込時間は40分だったが、実績では1時間20分となった。

       

       

       画像1:オブカル石・安内小学校跡、象徴的な白い親子像

       

       

       画像2:展望台(安内小学校跡)から広がる海景色を見渡たす

       

       

       画像3:陽の差し方によって明暗が変化した

       

        (2018年2月8日(木)午後2時25分〜2時35分頃)
       


      北海道神恵内村 オブカル石(その2)

      0


        平成30年2月8日(木)、冬の北海道・後志の廃校廃村探索1日目、
        積丹半島西岸 オブカル石はニシン漁の基地として早くから開けたが、
        漁が不振となってからは交通の不便さなどから集落は廃れ、
        昭和41年に集団移転が行われた。

         

        オブカル石にあった安内小学校は、へき地等級5級、児童数24名(S.34)、
        明治17年開校、昭和42年閉校。
        河口から700mほど南の高台にある学校跡は、現在「あんない展望公園」になっており、
        R.229からでもひと目でそれとわかる。

         

        クルマを展望公園入口に停め、様子を見たところ、
        入口から公園までの上り坂は雪に埋もれていた。
        長靴とカンジキを用意して挑むことになったのは午後2時5分。
        見た目にはすぐ近くの展望公園だが、斜面にたまった雪は深く、
        斜度もあってなかなか先に進まない。

         

         

         画像1:オブカル石・R.229と「あんない展望公園」

         

         

         画像2:柵の先に展望台(安内小学校跡)が見える

         

         

         画像3:「あんない展望公園」の標柱

         

          (2018年2月8日(木)午後2時〜2時10分頃)
         


        北海道神恵内村 オブカル石(その1)

        0

          平成30年2月8日(木)、冬の北海道・後志の廃校廃村探索1日目、
          この日唯一の目標 オブカル石は、積丹半島西海岸沿いにある。
          積丹町沼前(神威岬南側の集落)から神恵内村オブカル石、川白までの間には
          長い間車道がなく、
          西の河原トンネルなどとともにR.229が開通したのは平成8年11月のことだった。

          珊内局郵便区全図(S.37.5)によると、オブカル石の戸数は11戸。
          集落は主に河口南側にある。

           

          西の河原トンネルを抜けてすぐ左手の駐車スペースにクルマを停める。

          迎えてくれた建物は、トンネルとともに開業した「西の河原レストハウス」跡だとのこと。

          入口に「積丹まりんマーケット 平成22年4月オープン予定」との看板があったが、

          再生はされなったのであろう。
          駐車スペースの少し先には河口があって、「オブカル石川」の標柱が建っていた。

           

           

           画像1:オブカル石・「西の河原レストハウス」跡の建物に迎えられる

           

           

           画像2:駐車スペースから西の河原トンネルを望む

           

           

           画像3:河口付近に「オブカル石川」の標柱が建っていた

           

            (2018年2月8日(木)午後1時50分〜1時55分頃)
           


          神威岬

          0

            平成30年2月8日(木)、冬の北海道・後志の廃校廃村探索1日目、
            積丹半島の先のほうには、2つの岬がある。
            うち、北端にあるのが積丹岬、北西でとがっているのが神威岬だ。
            岬めぐりの旅ではないので、R.229からの距離を考えて、
            行きやすい神威岬だけを訪ねた。

             

            駐車場にクルマを停めると、まず風が強いことに驚かされる。
            道の積雪が少ないのは、風で飛ばされて積もらないからなのだろう。
            岬の突端までは、ゲートが閉まっていて行けなかったが、
            むしろ振り返ったときの景色の雄大さが印象に残った。
            とても広い空間に、観光客の姿は私だけだった。

             

             

             画像1:神威岬
              ゲートが閉まっていた地点から、ゲート越しに写す

             

             

             画像2:神威岬・積丹半島の冬景色
              景色はよかったが、のんびりする気にはなれなかった

             

             

             画像3:神威岬・駐車場と観光施設
              観光施設は休みで、自販機も動いていなかった

             

              (2018年2月8日(木)午後1時30分頃)


            野塚、西河トンネル、武威トンネル

            0

              平成30年2月8日(木)、冬の北海道・後志の廃校廃村探索1日目、
              積丹半島の先のほうにある積丹町は、今回が初訪問。
              なかなか来れない場所なので、どんなところなのか、記憶に残したくなった。

               

              見直すと、野塚市街、西河トンネル、武威トンネルの画像が出てきた。
              地勢が厳しい積丹半島の海岸沿いでは,このように新旧の坑口が並んだトンネルを
              いくつか見ることができる。

               

               

               画像1: 野塚市街
                   R.229が90度曲がる地点に市街がある
                   小さな集落なのだが、市街という雰囲気があった

               

               

               画像2: 西河トンネル
                   野塚市街−神威岬間にある
                   延長177m、竣工平成17年

               

               

               画像3: 武威トンネル
                   西河トンネルに続いて、神威岬寄りにある
                   延長700m、竣工平成13年

               

                (2018年2月8日(木)午後1時〜1時10分頃)
               


              国会図書館に白梅

              0

                寒い日が続きますね。
                早く春にならんかな〜

                 


                キナウシトンネル

                0

                  平成30年2月8日(木)、冬の北海道・後志の廃校廃村探索1日目、
                  目標は、漁村の廃村 オブカル石だが、
                  もう1か所、是非この機会に訪ねておきたい場所があった。
                  それは、オブカル石と同じく神恵内村 積丹半島西岸のキナウシで、
                  岩肌に新旧3つのトンネルの坑口が並んでいるという。
                  珊内局 郵便区全図(S.37.5)には、キナウシは1戸となっている。

                   

                  キナウシが目標のひとつとなったのは、堀淳一先生がお亡くなりになる直前に、
                  フィールドワークに出かけられているからだった。
                  「地図と鉄道のブログ」(管理者山下利彦さん)に詳しい記事がある。

                  堀先生は「寒いのは苦手です」といって、皆がフィールドワークをしている間、
                  2時間半もクルマの中でお留守番をしていたそうだ。
                  メンバーが「長い間、車に閉じ込めてしまって」と謝ると、
                  先生は
                  「いや、かえってその間、開放してもらったようなもんです」と
                  笑って答えたという。

                   

                  たどり着いたキナウシは、2つのトンネルの間、キナウシ川河口の狭い空間で、
                  海のすぐそばなのに、高い防潮堤があって見通しはすこぶる悪い。
                  ここで堀先生は、何を思って2時間半過ごしていたのだろう。
                  先生方が訪ねられた頃(11月5日(日))よりも厳しい季節、
                  私はクルマを降りて、トンネル群を見ながらすりばちのような空間を歩き、
                  5分ほどで先へと進むことになった。

                   

                  「堀先生、いつかまた会いましょう」、思いついた言葉を声にした。
                  滞在した5分ほどの間、キナウシトンネルを通過するクルマは1台もいなかった。

                   

                   

                   画像1: キナウシトンネル、3つの坑口
                       トンネルを越えた方向に珊内、川白、オブカル石、
                       背中の方向に神恵内市街がある

                   

                   

                   画像2: 三代目 キナウシトンネル
                       平成14年竣工、平成15年開通とのこと
                       全長1008メートル(約1辧

                   

                   

                   画像3: 二代目 キナウシトンネル
                       「昭和60年 新国道開通」時にできたのだろうか

                       だとすると、2003−1985=18年だから、供用年数はとても短い

                   

                   

                   画像4: 初代 キナウシトンネル
                       このトンネルの頃、珊内−神恵内間は高台の道(大森山道)だった
                       珊内局 郵便区全図(S.37.5)にも記されている

                   

                    (2018年2月8日(木)午後3時20分〜3時25分頃)
                   


                  豊浜トンネル

                  0

                    平成30年2月8日(木)、冬の北海道・後志の廃校廃村探索1日目、
                    クルマを借りた余市からは、まず積丹半島を目指した。

                    雪がちらつく真冬日、R.229を50km/hぐらいで走っていくと、
                    豊浜トンネルにたどり着いた。
                    通過しながら、かつてあった崩落事故のことを考えていた。

                    トンネルを出てすぐ右手に「セタカムイ道路防災記念公園」があったので、
                    クルマを停めて一服した。

                     

                    セタカムイは「犬の神様」を意味する岩の名前で、
                    漁師と犬との悲しい逸話がある。
                    「悲しい話」といえば、そのまま豊浜トンネル崩落事故とつながる。
                    公園の一角には、事故犠牲者の慰霊碑が建っていた。

                     

                    慰霊碑には
                    >平成8年2月10日(土)午前8時10分頃、
                    >豊浜トンネル古平側入口付近で起こった大規模な岩盤崩落のため、
                    >路線バスと乗用車各1台が被災し、20名の尊い命が犠牲になった。
                    の旨が刻まれていた。

                     

                    ぼんやりとした事故の記憶が、引き締まったものになった。
                    私は慰霊碑に一礼して手を合わせた。

                     

                     

                     画像1: セタカムイ道路防災記念公園
                         この季節だが、数台のクルマが停まっていた。

                     

                     

                     画像2: 豊浜トンネル崩落事故慰霊碑

                         建立時期は平成9年8月、

                         事故遺族会(二一〇の会)と橋本龍太郎首相の名前が刻まれていた。

                     

                     

                     画像3: セタカムイ岩
                         事故があったトンネル入口はセタカムイ岩の先にあるが、
                         今は閉ざされて、通じる道も通れなくなっている。

                     

                      (2018年2月8日(木)12時10分頃)
                     


                    余市駅

                    0

                      平成30年2月、冬の北海道・後志の廃校廃村探索、
                      レンタカー(1日+6時間)は余市で借りた。

                      新千歳空港から小樽乗換え余市行きの列車は、やけに込んでいる。
                      「雪まつりのシーズンに行くものではない」という声があるが、
                      「なるほど」と実感する。

                       

                      余市のレンタカー店(余市自工)は地域の自動車工業の店で、
                      ワゴンR(フルタイム4WD)が1日+6時間で7,700円と安くてよい。
                      カーナビはなく、車体は塩カルのため傷んでいて、
                      キーのボタンも壊れていたが、気楽に使えるのは何よりだった。

                       

                       

                       画像1: 余市駅、白いホーム

                       

                       

                       画像2: 余市駅前で迎えてくれた雪像と雪だるま

                       

                       

                       画像3: 余市自工、出発前のワゴンR

                       

                        (2018年2月8日(木)午前11時25分〜11時45分頃)
                       


                      calendar
                          123
                      45678910
                      11121314151617
                      18192021222324
                      25262728   
                      << February 2018 >>
                      PR
                      selected entries
                      categories
                      archives
                      recent comment
                      recommend
                      recommend
                      recommend
                      links
                      profile
                      search this site.
                      others
                      mobile
                      qrcode
                      powered
                      無料ブログ作成サービス JUGEM