岐阜県高山市(旧久々野町)有道 (その2)

  • 2020.06.04 Thursday
  • 06:54

令和2年GW、岐阜県・飛騨の廃村探索、
奥有道の手前1劼曚匹如町有林管理棟がある広い林道(桜谷林道)との三差路についた。
大坊本谷沿いの道は、軽自動車しか走れない規格らしい。


やがて耕地跡の石垣が見つかり、たどり着いた奥有道には「南無阿弥陀仏」と刻まれた常光寺跡地碑(昭和55年建立)が建っていた。

跡地碑の写真を撮ろうとすると、物音が聞こえたので、周囲を観察するとエサをついばむカモシカの姿があった。
大きなカモシカは動きが鈍く、あわせて写真を撮ることができた。
駐車場の近くには、小さめの常光寺跡地碑(昭和61年建立)も建っていた。

 

 

 画像1 奥有道・「南無阿弥陀仏」と刻まれた常光寺跡地碑

 

 

 画像2 常光寺跡地碑そばには、カモシカの姿があった

 

 

 画像3 駐車場のそばに建つ小さめの常光寺跡地碑

 

 (2020年5月2日(土)午後3時25分〜3時35分頃)

 

岐阜県高山市(旧久々野町)有道 (その1)

  • 2020.06.03 Wednesday
  • 06:48

令和2年GW、岐阜県・飛騨の廃村探索、
滝上からは、国道41号を木賊洞(とくさぼら)まで戻り、大坊本谷をさかのぼって有道(うとう)へと向かった。
有道は、大坊本谷沿いの奥有道と口有道沿いの口有道に分かれるが、常光寺があった奥有道のほうが存在感が強い。
郵便区全図(S.35.7)の戸数は奥有道が12戸、口有道が9戸とある。
双方に文マークがあるのは、分校が奥有道校舎と口有道校舎の2ヵ所に分かれていたことによる。
離村年は奥有道が昭和37年、口有道が昭和42年である。

 

口有道谷沿いの道は広い舗装道なのに対して、大坊本谷沿いの道は荒いダートで、分岐点はとてもわかりにくい。
「大丈夫かな」と心配になって来た頃、傘状の施設が視界に入り、その対面には「町有林造成記念碑」が建っていた。
傘状の施設のそばにはサクラが咲いており、休憩用に作られたものなのかもしれない。
道中では所々にサクラやスイセンなど春の花が見られた。

 

 

 画像1 奥有道の手前・傘状の施設のそばに咲くサクラ 

 

 

 画像2 傘状の施設の対面に建つ「町有林造成記念碑」

 

 

 画像3 林道沿いで見かけた祠

 

 (2020年5月2日(土)午後3時10分〜3時15分頃)

 

岐阜県下呂市(旧小坂町)滝上 (その3)

  • 2020.06.02 Tuesday
  • 06:19

令和2年GW、岐阜県・飛騨の廃村探索、
滝上の広々とした放牧場では、遠くにクルマが停まった管理棟が見えた。
放牧は5月中旬から10月下旬までというから、準備の作業をされているのだろう。
放牧場の真ん中には「畜霊碑」が建っていて、「昭和61年 牧場開設20周年記念 小坂町和牛改良組合建立」との旨が刻まれていた。

 

畜霊碑の手前には、家屋のガレキが見られた。
開拓農家のものかどうかはわからないが、往時の家屋が何らかの用途で残されていたとしても不思議ではない。
飛騨といえば飛騨牛の産地。
滝上牧場では42ヘクタールの放牧場で、最大70頭の黒毛和牛が飼育される。

 

 

 画像1 滝上・広々とした放牧場

 

 

 画像2 牧場の中に建つ「畜霊碑」 

 

 

 画像3 牧場の中には家屋のガレキが見られた

 

 (2020年5月2日(土)午後1時55分〜2時10分頃)

 

岐阜県下呂市(旧小坂町)滝上 (その2)

  • 2020.06.01 Monday
  • 07:01

令和2年GW、岐阜県・飛騨の廃村探索、
小坂小学校滝上分校は、へき地等級3級、児童数4名(S.34)、昭和26年開校、昭和38年閉校。
通学する児童は1〜3年だったというが、小坂市街−滝上は7劼發△蝓4年生からの児童は寄宿舎に入っていたのだろうか。
郵便区全図の文マークは、道の左手に記されており、道筋はほぼ同じなことから、「土場がそのまま分校跡ではないか」と推測した。

 

滝上の土場では、林業会社の方(Kさん)と話をすることができた。
御岳山の西麓になる小坂町は林業が盛んで、滝上は林業の基地でもあるようだ。
滝上に通じる道の途中に線路を使った柵があったことを考えると、往時は林鉄が走っていたのかもしれない。

Kさんは、仕事の中でカマドやトイレの跡に「こんな山の中に暮らしがあったのか」と思うことがあるという。
また「下呂市内では、山のてっぺんに平地があって、それは租税を逃れるための隠れ田んぼだった」という興味深い話をきかせていただいた。

 

Kさんからは「地域の歴史を掘り下げるのはよいことだ」という声をちょうだいした。
会話を楽しみながらも、マスクの着用やソーシャルディスタンスには気を配った。

 

 

 画像1 滝上・「土場が分校跡ではないか」と推測する

 

 

 画像2 土場から見た分岐、真ん中の道が牧場へと続く

 

 (2020年5月2日(土)午後1時45分〜1時55分頃)

 

岐阜県下呂市(旧小坂町)滝上 (その1)

  • 2020.05.31 Sunday
  • 08:22

令和2年GW、岐阜県・飛騨の廃村探索、
高山駅近のGSでクルマを借りて、国道41号を走って旧小坂町滝上(たきのうえ)を目指す。
国道の交通量は少なくはなく、ツーリングのバイクも走っている。
なぜか暑い日で、道路脇には28℃の温度標示があった。


まず立ち寄った飛騨小坂駅は丸太造りの山小屋風駅舎で、駅舎入口のベンチに座って昼食休みをとる。

滝上は戦後開拓集落で、昭和21年に入植。郵便区全図(S.29.8)には滝上の戸数は13戸とある。
しかし標高1000mを超える高冷地に生活は根付かず、昭和37年10月には全戸離村。
開拓跡地には行政の手によって放牧場が作られた(昭和41年開設)。

 

飛騨小坂駅からは国道41号を無数原交差点まで戻り、細い舗装道を高度を上げながらどんどん走る。
やがて、土場(材木が積まれた平地)にたどり着いたので、クルマを停めて探索を開始した。

 

 

 画像1 滝上へと続く曲がりくねった車道

 

 

 画像2 車道沿いには、林鉄の線路を使った柵が見られた

 

 

 画像3 滝上・土場にクルマを停めて探索を開始する

 

 (2020年5月2日(土)午後1時20分〜1時50分頃)
 

高山駅

  • 2020.05.30 Saturday
  • 07:01

令和2年4月7日(火)、新型コロナウイルスの感染拡大を受けて、政府から全国に「緊急事態宣言」が出された。
宣言は5月6日(水祝)までなので、GWの計画は影響を受ける。
「都県境を越える不要不急の外出は控えるように」というが、私の会社ではテレワークは行われず、休業要請も必要最小限しか行われていないので、日常的に都県境を越えている。
「通勤は経済活動なので、不要不急ではない」という解釈があるのであろう。

 

廃村探索は経済活動ではないが、観光ではない。
どのように解釈すればよいか、熟慮した結果、濃厚接触の機会となる取材旅は控えて、三密とは無縁のフィールドワークに的を絞り、マスクの着用、ソーシャルディスタンス、手洗い・うがいの励行に留意して、実行することになった。

当初、『住まなくなっても守りたい』富山県旧利賀村北原の取材旅を計画していたこともあり、探索先は岐阜県・飛騨高山近辺に決まった。
高山近辺の廃村の中でも旧清見村森茂(もりも)は、片道9劼領啼擦鯤發なければ行くことができないため、「この機会に訪ねるにはちょうどよい」と思いついた。

旅程は1泊2日、1日目は高山南方の旧小坂町滝上(たきのうえ)、旧久々野町有道(うとう)を訪ねる計画となった。

 

5月2日(土)、起床は普段と同じく早朝5時30分。大宮駅発7時46分のかがやきは、一両に5人ほどしか乗っていなかった。
富山駅で特急「ひだ」に乗り継いで、高山駅に到着したのは11時25分。
駅舎は木造の伝統的なものから、自由通路つきの橋上駅に変わっていた。

 

 

 画像1 高山駅に到着した特急「ひだ」

 

 

 画像2 高山駅・自由通路つきの橋上駅(平成28年10月 使用開始)

 

 

 画像3 駅の外から見た高山駅の駅名標

 

 (2020年5月2日(土)午前11時25分〜11時30分頃)
 

久々野駅

  • 2020.05.29 Friday
  • 05:58

岐阜県・飛騨の廃村探索、
滝上、有道を探索した後、渚駅の北隣の久々野駅に立ち寄った。

 

建て替えられてそれほど経たないように見える駅舎には待合室もなかったが、
ホームや構内には一部の特急が停まるだけの風格が感じられた。

 

この旅で、宮川(神通川水系)と飛騨川(木曽川水系)の分水嶺は飛騨一宮駅と久々野駅の間にあって、
久々野駅は高山本線でいちばん標高が高いことを知った。

 

 

 画像1 久々野駅駅舎

 

 

 画像2 久々野駅・ホームと駅名標

 

飛騨小坂駅

  • 2020.05.28 Thursday
  • 06:19

岐阜県・飛騨の廃村探索、
渚駅に続いては、南隣の飛騨小坂駅に立ち寄った。

 

ログハウス調の重厚な駅舎があって、停車する特急もあるが、
無人駅となって久しい駅は静けさに包まれていた。
駅入口にベンチがあったので、
私は駅前の風景を見ながら昼食休みをとった。

 

飛騨小坂駅から北北西方向に8劼曚匹旅盡蕎紊
めざす廃村 滝上(たきのうえ)がある。

 

 

 画像1 飛騨小坂駅駅舎

 

 

 画像2 飛騨小坂駅・ホームと駅名標
     撮っているときに、高山行き特急ひだが通過した
 

渚駅

  • 2020.05.27 Wednesday
  • 06:27

岐阜県・飛騨の廃村探索、
「昼食休みはどこにしようか」と考えて、渚駅へ立ち寄った。

 

山の中なのに「渚」は風流な駅名だが、
駅舎は簡易なもので、風流ではなかった。

 

渚駅から北東方向に8劼曚鼻大坊本谷沿いに
めざす廃村 有道(うとう)がある。

 

 

 画像1 渚駅駅舎

 

 

 画像2 渚駅・ホームと駅名標

 

岩国駅

  • 2020.05.26 Tuesday
  • 07:05

山口県の廃村探索+廃村の取材、
帰路は大阪を経由するため、ふたつぎさんに岩国駅まで送ってもらった。

 

岩国といえば、まず錦帯橋が出てくる。
私はまだ、錦帯橋には行ったことがない。
今回も、オプションで足を運ぶ計画は立ててたのだが、
時間は捻出できなかった。

 

 

 画像1 岩国駅駅舎

 

 

 画像2 岩国駅・正面入口

 

 

 画像3 岩国駅ホームに停まる新旧ローカル電車
 

 

calendar

S M T W T F S
 123456
78910111213
14151617181920
21222324252627
282930    
<< June 2020 >>

selected entries

categories

archives

recent comment

recommend

recommend

recommend

recommend

recommend

links

profile

search this site.

others

mobile

qrcode

powered

無料ブログ作成サービス JUGEM