やしん坊の猫

0

    今朝の浦和は強い雨ですが、天気図を見ると
    局地的なもののようです。

    昨夜は久々に上井草「やしん坊」で飲みました。

     

    「ちょっと小一時間」のつもりで足を運んだのですが、
    やっぱし4時間ぐらい居ることになるのです。
    「実は暇なんでしょ」と言われても、反論できないかもです(^^)

     

     

     画像1 : やしん坊の猫(1)
      店の中にのびのびとのらやんがやってきます。

     

     

     画像2 : やしん坊の猫(2)
      大将が面倒をみているので、元気そのものです。

     

     (2016年 8月26日(金)午後8時〜10時頃)
     


    今庄駅

    0

      平成28年7月31日(日)、岐阜県〜福井県の廃村めぐり、 
      旧今庄町の廃村 大河内からは、北陸本線今庄駅までクルマで送ってもらって、
      大阪・堺の実家に向かった。

       

      今庄は昭和37年に北陸トンネルができるまで、
      海岸に近い急勾配の難所を越えるための機関区が置かれていた。
      大きな構えの駅は、そんな歴史が垣間見れる。

       

      前日の三河安城駅から今庄駅までの間、
      8か所の廃村(椿、東杉原、鶴見、下開田、上開田、
      芋ヶ平、二ツ屋、大河内)に立ち寄った。
      大河内を除く7か所に離村記念碑があったのは、驚くべきことだった。

       

       

       画像1 : 今庄駅駅名標
        あまり時間がなかったため、駅舎の写真は撮れなかった。

       

       

       画像2 : 今庄駅に到着した長浜行き普通列車
        北陸線のローカル列車は、
        新幹線開通にあわせてリニューアルされたようだ。

       

       (2016年 7月31日(日)午後3時48分頃)


      福井県南越前町(旧今庄町)大河内(その2)

      0

        平成28年7月31日(日)、岐阜県〜福井県の廃村めぐり、 
        旧今庄町の廃村 大河内(おおこうち)では、
        『廃村をゆく2』大河内の「集落の記憶」に登場する山田儀一さんに
        分校跡、神社跡、耕地跡などを案内していただいた。

         

        前回訪ねたときは、草に埋もれていた大河内神社の鳥居だが
        今回は、山田さんが草を刈って手入れされていたため
        とてもすっきりと見えた。
        さらに、鳥居の先の本殿跡へと続く道筋ができていた。
        「どこに本殿があったのだろう」という謎が解けて
        「訪ねてよかった」と私は思った。

         

         

         画像1 : 大河内神社の鳥居
          前回は、これほど引いた位置で写真を撮ることはできなかった。

         

         

         画像2 : 大河内神社の本殿跡
          石段がしっかりと残る本殿跡で、山田さんから話をうかがった。
          ※ ミナカミさん撮影

         

         

         画像3 : 大河内の耕地跡
          集落跡よりもやや奥に、草に埋もれた耕地跡が広がっていた。
          木はまだ侵入していなかった。

         

         (2016年 7月31日(日)午後2時〜2時20分頃)

         


        佐久平から東京へ通勤する

        0

          東京・埼玉地方、昨日は穏やかな天気で何よりでした。
          南海上の台風10号の動きが気になりますが、
          しばらく停滞するのでしょうか。

           

          先週の水曜日(8/17)、佐久平から東京へ通勤しました。
          大宮−東京間の新幹線は、初めて乗りましたが、
          ずいぶん遅くなることに驚きました。

           

           

           画像1 : 北陸新幹線佐久平駅
            この駅を使うのは初めてです。
            これで、長野県内の新幹線の駅は、すべて乗車もしくは下車を
            したことになりました。

           

           (2016年 8月17日(水)午前9時30分頃)

           

           

           画像2 : 東京都区内−名古屋・長野経由−東京都区内行き
                片道切符
            お盆休みの後半、急きょ大阪へ行く用事ができたので、
            名古屋で途中下車して、近鉄を使うルートを選んだ関係で
            思い付いて購入しました。
            「新幹線・中央西」と記されているけれども、
            金山−名古屋間が重複となるため。
            名古屋では途中下車できないのかもしれません。

           

           (2016年 8月24日(火)午前7時頃)

           


          篠ノ井線 姨捨駅付近の車窓風景

          0

            東京・埼玉地方は、台風一過で良い天気になるのかと思ったら、
            今日も大雨に警戒とのこと。
            いいかげん、やになりますね・・・

             

            今のところ、浦和は雲は多いけれども晴れています。
            なるべく穏やかな天気が続きますよう、
            先週の火曜日に長野行特急「しなの」の車窓から見た
            篠ノ井線 姨捨駅付近の善光寺平の風景を貼り付けて、祈りましょう。

             

             

             画像 : 篠ノ井線 姨捨駅付近から見た善光寺平
              日本三大車窓のひとつで、あとの2つは
              根室本線狩勝峠越え、肥薩線矢岳越えとのことです。

             

             (2016年 8月16日(火)午後4時40分頃)
             


            旅の最終目的地、秋田

            0

              2016年5月31日(火)、釧路空港から始まった3泊4日の旅の最終日、
              鷹巣からは、日に3便の特急「つがる」に乗って、終着駅の秋田を目指した。

               

              秋田駅着は午前11時43分。
              改札では、秋田文化出版の編集担当 渡辺修さんが改札で待っていた。
              3月からやり取りを続けているが、お会いするのははじめて。
              私より少し年上で、書店員の経験がある編集者とのこと。

               

              出版の打ち合わせは、秋田港のポートタワーセリオンで行った。
              「食べてみよう」と思っていた自販機のうどんは、機械を見るだけでとどめた。
              打ち合わせの内容はあまり覚えていないが、
              しばらくやり取りが続くことを考えると、ご挨拶できたのは成果だった。

               

              新幹線「こまち」の秋田駅発は午後2時13分。
              1日弱の秋田の旅の行程に、廃村を組み込むことはできなかった。

               

               

               画像1 : 秋田港に停泊する貨物船
                秋田港は日本海側では大きな港で、こんな貨物船が停まっている。

               

               

               画像2 : 秋田駅西口駅ビル
                秋田の表玄関だが、それほど賑やかなわけではない。

               

               

               画像3 : 秋田駅に停まる「こまち」
                秋田−大宮は3時間25分と、結構遠い。
                ちなみに、新函館北斗−大宮はほぼ4時間、新青森−大宮はほぼ3時間だから、
                時間的には青森のほうが近い。

               

               (2016年 5月31日(火)正午〜午後2時頃)
               


              鷹巣市街を探索する

              0

                10月完成見込の秋田市販本の校正、切れのよいところまで進んだので、
                先ほど出版社に校正紙を発送しました。

                 

                続いて、8月末の農業農村工学会大会講演会@仙台用の
                プレゼン資料作りです。
                これも「秋田県・無居住化集落(廃村)における離村関連記念碑」
                ということで、舞台は秋田県です。
                気分を盛り上げるために、5月下旬の秋田旅行記の続きです。

                 

                大館からは、2015年秋の秋田廃村調査で2泊した鷹巣(たかのす)に出て、
                2時間ほど市街地を探索しました。

                10月は、「夜8時の町の様子が、午前2時のようだ」というほど
                寂しかった鷹巣市街ですが、
                今回は午前中、街はまた違う顔をしていました。

                 

                 

                 画像1 : 鷹巣・謎の牛乳店
                  雪印のマークに
                  「秋田県 妊婦牛乳指定店 秋田県牛乳協会」と記された
                  鍵付きの扉がありました。
                  横には「お清め所」と記された箱があります。
                  その仰々しさに、思わず足が停まりました。

                 

                 

                 画像2 : 珈琲店の跡
                  とても昭和テイストです。
                  店の前で立ち止まり、「どんなお店だったのか」想像しました。
                  そばには昔ながらのリンゴの専門店(現役)があったり、
                  きりっとした洋菓子屋があったりで、
                  遠くに来た感じがしました。
                  そいえば、市街地に大手コンビニは見当たりませんでした。

                 

                 

                 画像3 : JR鷹ノ巣駅
                  市街地は「鷹巣」、駅名は「鷹ノ巣」と、微妙に違います。
                  駅は市街地の北の外れにあって、駅裏の防風林が印象的です。
                  2泊した「ビジネスホテル八木」の看板も写っています。

                 

                 (2016年 5月31日(火)午前9時〜10時頃)
                 


                大館・仲見世通り

                0

                  久しぶりに家でゆっくりできていますが、
                  浦和はあいにくの雨模様です。

                   

                  10月完成見込の秋田市販本の校正を進めています。
                  秋田というと、5月下旬の旅行記が中途半端に止まっていたので
                  ちょこっと振り返っておこうと思います。

                   

                  大館・仲見世通りは、市役所−東大館駅間にある飲屋街で
                  宿から適当に歩いているうちに、見つかりました。

                   

                  カラオケ店のママは、最後に残された年上の方が相手してくれる
                  砦なのかもしれません(^^)

                   

                   

                   画像1 : 大館・仲見世通り入口
                    「裏小路」と記された入った看板は、夜はわからなかったけど、
                    その雰囲気には、アンテナが立つのです(^_^)

                   

                   

                   画像2 : 「よりみち処」仲見世店
                    前日の夜、2階にあるこのカラオケ店に入りました。
                    朝が厚内・上厚内だったことを考えると、大きな旅でした(^_^;)

                   

                   (2016年 5月31日(火)午前7時30分頃)
                   


                  福井県南越前町(旧今庄町)大河内(その1)

                  0

                    平成28年7月31日(日)、岐阜県〜福井県の廃村めぐり、 
                    芋ヶ平からは、今庄町中心部を経由して、大河内(おおこうち)へと向かった。

                    大河内は『廃村をゆく2』でも取り上げた廃村で、平成26年10月以来 2年ぶり。
                    前回は妻、井手口さんとその友人の4名で出かけた。

                     

                    『廃村をゆく2』大河内の「集落の記憶」に登場する山田儀一さんは
                    「週に2、3度は大河内に来て、悠々自適のひとときを過ごしている」という。
                    集落の入口にクルマを停めて、「会えるといいな」と思いながら砂利道を歩くと、
                    蔵跡の木影に山田さんの姿が見当たった。

                     

                    「お久しぶりです」とご挨拶し、ミナカミさん夫妻を紹介すると、
                    蔵跡を囲んで、昼食をとりながら語らいのひとときとなった。

                    三八豪雪(昭和38年1月)のときは、その後2か月間道が通じなかったという。
                    時は高度経済成長期、三八豪雪は山を降りるきっかけのひとつとなった。
                    後に手紙で山田さんは、「離村の直接の引き金となったのは
                    「嫁の来てがなかったことではないか」と綴ってくれた。

                     

                    昼食後は山田さんに分校跡と神社跡を案内していただいた。
                    堺東小学校大河内分校は、へき地等級4級、児童数9名、大正15年開校、昭和40年閉校。
                    分校跡の錆びた旗ポールは、前回見たときよりもすっきりとして見えた。
                    大河内には離村記念碑は建っていないが、
                    旗ポールは十分に「集落があったことの証」の役割を果たしていた。

                     

                     

                     画像1 : 大河内分校跡の錆びた旗ポール(1)
                      すっきりして見えたのは、山田さんが草を刈って手入れされたからに他ならない。、
                      『廃村をゆく2』大河内の記事には、往時の分校と旗ボールの写真が載っている。

                     

                     

                     画像2 : 大河内分校跡の錆びた旗ポール(2)
                      ポールに並んで立っていた雑木は切り倒されていた。
                      山田さんは「まだしばらくは大丈夫だな」とポールを持って話された。

                     

                     

                     画像3 : 大河内分校跡の錆びた旗ポール(3)
                      ポールの下で、山田さんとミナカミさん夫妻が語らった。
                      人物が入ったおかげで、高さは8mぐらいということがわかった。

                     

                     (2016年 7月31日(日)午後1時45分頃)

                     


                    福井県南越前町(旧今庄町)芋ヶ平

                    0

                      平成28年7月31日(日)、岐阜県〜福井県の廃村めぐり、 
                      旧徳山村からは、塚林道を走り、高倉峠を越えて旧今庄町へと入った。

                      高倉峠は、平成3年実に25年ぶり。
                      前回は福井県側から岐阜県へと走った。

                      高倉(こうくら)は福井県側の廃村の名前だが、
                      クルマ社会になってできた塚林道は、高倉を通らない。

                       

                      高倉峠から10km山を下った廃村 芋ヶ平(いもがだいら)は、
                      平成25年7月以来 3年ぶり。
                      集落跡に着くと、見慣れない石碑が建っていた。
                      「芋ヶ平集落記念碑」という名前の離村記念碑、
                      建立は平成25年11月とあった。

                      芋ヶ平の閉村は昭和50年、記念碑の建立は平成25年11月。
                      閉村から記念碑の建立まで、実に48年かかっている。

                       

                      往時のことを知る世代が少なくなってきた今、
                      離村記念碑建立の機運は高まりつつあるのかもしれない。

                       

                       

                       画像1 : 高倉峠の碑
                        標高956mもある山深い峠だが、眺望はよい。
                        「ふつう“たかくらとうげ”って読みますよね」と私が話すと、
                        よっぱさんから
                        「こうくらけん(笑)」という返事が来た。

                       

                       (2016年 7月31日(日)午前11時25分頃)

                       

                       

                       画像2 : 芋ヶ平集落記念碑(1)
                        記念碑の表面には、分校、道場(石盛教念)、熊野神社と
                        28戸の家々が刻まれていた。
                        昭和30年代の姿とのことだった。

                       

                       

                       画像3 : 芋ヶ平集落記念碑(2)
                        裏面には「昭和38年の豪雪により、殆ど武生や春江などに移転した」と
                        刻まれていた。
                        建立者は「元芋ヶ平住民」とあった。

                       

                       (同 正午頃)
                       

                      Check

                      calendar
                       123456
                      78910111213
                      14151617181920
                      21222324252627
                      28293031   
                      << August 2016 >>
                      PR
                      selected entries
                      categories
                      archives
                      recent comment
                      recommend
                      recommend
                      recommend
                      links
                      profile
                      search this site.
                      others
                      mobile
                      qrcode
                      powered
                      無料ブログ作成サービス JUGEM