東京都区内−明石、往復きっぷ

0

    日曜日(9/18)から水曜日(9/21)までの関西行きには
    東京都区内−明石の往復きっぷを使った。
    片道600kmを超えると、きっぷ代は1割安くなる。

     

    東京都区内−大阪市内は、552.6kmだから
    片道8,750円、往復17,500円。
    対して東京都区内−明石は、608.9kmだから
    片道9,610円だが、往復だと17,280円(1割引)になる。
    大差ではないが、
    大阪行きよりも明石行きのほうが安いのだ。

     

    結局往路のきっぷは、明石の4つ手前の塩屋まで使った。
    復路は須磨から乗った。
    改めて使い終わったきっぷを見ると、自動改札をくぐったとき
    よく見なければわからない程度の控えめなものだが、
    下車印がつくことがわかった。
    どうということはないのだが、新たな発見だった。

     

     

     画像1:東京都区内−明石の往復きっぷ
        そういえば復路のきっぷは、東京駅の出場印が入っていない。
        機械のわりには気まぐれなものだ。

     

     

     画像2:往路のきっぷ(拡大)
        大阪の下車印(有人改札で押されたもの)の下に、
        うっすらと京都の下車印がある。


     

     画像3:復路のきっぷ(拡大)
        「石」の字のあたりに、
        うっすらと元町と大阪の下車印がある。

     

     (2016年 9月24日(土)午前7時30分頃)


    須磨浦公園駅で途中下車

    0

      火曜日(9/20)の夕方、台風が過ぎたばかりの曇り空の下、
      山陽電車の須磨浦公園駅で途中下車した。

       

      大学2年生の春、山陽線の塩屋から須磨まで、浜を歩いた記憶がある。
      「無事進級できるかな」など思いながら、呑気に浜を歩いた。
      それから34年経って、「どんな様子なのだろうか」と思い
      塩屋駅で下りたところ、国道2号線から浜に向かう術はなかった。
      「須磨浦公園から須磨までなら行けるだろう」
      と思って下りたが、気になったので、塩屋方面にも行ってみた。

       

      結局、塩屋方面、須磨方面ともに須磨海づり公園から500mぐらい歩くと、
      先に進めなくなった。
      潮の加減があるのかもしれないが、
      34年前と比べると、浜が浸食されて狭くなった感じがした。

       

       

       画像1:須磨浦公園駅近辺の大阪湾(塩屋方面)
            テトラポットの上から撮影
            遠くに明石海峡大橋が見える

       

       (2016年9月20日(火)午後5時35分頃)

       

       

       画像2:須磨浦公園駅近辺の大阪湾(須磨方面)
            御影石が橙色なのは、鉄道がそばに走っているからなのだろう
            向こうに須磨の市街地が見える

       

       (同 午後5時45分頃)

       

       

       画像3:須磨浦公園駅の駅名標
            海づり公園は、火曜日休園だった。
            夕方のラッシュ時だが、駅は閑散としていた

       

       (同 午後6時頃)
       


      そうめんかぼちゃとひょうたんかぼちゃ

      0

         ひょんな縁で、昨年から鳥取県智頭町にふるさと納税をしている。
         今年の特産品セットの中には、そうめんかぼちゃとひょうたんかぼちゃが入っていた。
         「これ、どうやって食べるんやろ」と妻が尋ねるので、検索すると
        「cookpad」というサイトが出てきた。


         そうめんかぼちゃは、そうめん状にほぐして炒め物にするらしい。
         ひょうたんかぼちゃは、普通のかぼちゃと同じような感じだ。
         まずはそうめんかぼちゃを、今夕食してみよう。

         

         

         画像 そうめんかぼちゃ(右)とひょうたんかぼちゃ

         

         (2016年9月17日(土)午前7時頃)
         


        『秋田・廃村の記録〜人口減時代を迎えて』(仮題)、表紙(表1)案

        0

          秋田文化出版から、10月下旬刊行予定の
          『秋田・廃村の記録〜人口減時代を迎えて』(仮題)、
          先週末、表紙用のイラストが私の元に届きました。

           

          先月上旬につくった表紙(表1)案にはめ込むと
          こんな感じになりました(^_^)
          どんな出来になるでしょうか。

           

          サブカルチャー的な要素がないからか、
          『廃村をゆく2』と比べると、制作はスムーズです。
          いよいよ大詰め、あとひと頑張りです。
           


          2016年9月、月例更新のお知らせ

          0

            昨日(9/2(金))、「HEYANEKOのホームページ」の 
            「500か所超えへの道」の旅行記、岐阜・石川以南 No.24 
            「未年 旅の終わりは若狭路へ」〜 福井県おおい町出合 2015年11月 
            をアップしました。 
            「旅心のページ」トップでは、No.24 若狭編と記しています。 

             

            父が亡くなってから、初めて単独で出かけた廃村です。
            2015年11月は、私の今の職場勤続25周年の月で、
            表彰とお悔やみが重なりました。
            まだ10か月ほど前のことですが、ずいぶん前のことのように思えます。
            時間の流れは、時々いびつになるもののようです。


             

             画像1 : 会社からの御霊前と御祝
              確か柿もどこからかのいただき物だったはずです。
              季節感があってよいですね。

             

             (2015年11月5日(木)午前7時頃) 


             

             画像2 : 大阪駅前で見かけた天保山行きバス
              昭和の頃のカラーリングが目を引きました。
              行先が電光表示になっているのは、今らしいです。

             

             (2015年11月16日(月)午前7時47分頃) 

             

             

             画像3 : 出合分校跡入口の小屋
              小屋は車道沿いに建っていて、横の坂を上がると分校跡です。
              出合集落跡でも柿が実っていたことを思い出しました。

             

             (同 午前11時40分頃)
             


            関西空港 → 愛宕 片道きっぷ

            0


              大阪行き(8/27(土))と仙台行き(8/31(水))が5日の間合いだったので、
              関西空港からのJRのきっぷは、仙台まで一本で買うことにした。
              仙台でも途中下車扱いとなるように
              愛宕(あたご)という少し先(東北本線)の同一料金の駅まで手配した。

               

              有効期間は6日間、関西空港線−阪和線−大阪環状線−東海道線−東北線という
              シンプルなルートなので、都内の駅の自動販売機で手配できた。
              途中下車・乗換えは和泉府中、天王寺、大阪、新大阪、東京、南浦和、大宮、
              宇都宮、黒磯、郡山、仙台の11駅。
              仙台から愛宕には、用がないので行かなかった。

               

               

               画像 : 関西空港 → 愛宕 片道きっぷ
                 下車印は、天王寺と南浦和、黒磯で残った。
                 自動改札は通れたり通れなかったりだったが、
                 なぜか最後の東北新幹線(郡山、仙台)は
                 問題なく通ることができた。

               

               (2016年 9月2日(金)午前6時30分頃)
               


              LCC初搭乗

              0

                先週の土曜日(8/27)、大阪行きの往路では
                初めてLCC(ピーチ航空)を使った。

                 

                成田空港から関西空港まで、4日前に手配して
                運賃が7,090円(おそらく広告とかで出てくる金額)、
                これに空港使用料、座席指定料、支払手数料が加わって

                総額が8,830円。
                日暮里−成田空港のスカイライナーは2,470円だから

                これを足すと11,300円。
                関空から目的地(JR和泉府中)までの720円を加えると
                12,020円。
                劇的ではないが、新幹線よりはいくらか安い。

                かかる時間はトントンだ(南浦和からだとともに5時間ほど)。

                 

                安いものには理由がある。
                「これは厳しいなあ・・・」と思ったのは
                成田空港までの距離と、
                関西空港の第二ターミナル(LCCターミナル)の扱いだ。
                関空LCCターミナルには、鉄道駅が乗り入れていない。
                駅がある第一ターミナルまでは、バスに10分ほど乗らなければならない。
                乗る予定の関空快速電車には、バスから駅まで駆けこんで
                何とか間に合わせた。

                 

                初めてのLCC、悪くはなかったけれど、
                「もう一度使うか」と言われたら、ためらいを感じそうだ。

                 

                 

                 画像1:成田空港 国内線出発口
                   国際線の賑わいとは裏腹に、国内線はガランとしていた。

                 

                 

                 画像2:成田空港 ピーチ航空の飛行機
                   少し狭いのかもしれないが、飛行機自体は普通だった。


                 

                 画像3:成田空港内の家屋
                   空港施設の中にポツンと民家らしきものが建っていた。

                 

                 (2016年 8月27日(土)正午頃)
                 


                農業農村工学会 大会講演会@仙台

                0

                  今日はこれから仙台に出向いて、 
                  農業農村工学会大会講演会で発表をしてきます。 
                  タイトルは 
                  「秋田県・無居住化集落(廃村)における離村関連記念碑」 
                  です。 

                  学会発表は、1985年10月の日本化学会@広島以来、 
                  実に31年ぶりです。 
                  きっかけを作っていただいた林直樹さんには 
                  感謝する次第です。 

                   


                  大阪の猫

                  0

                    土曜から月曜にかけて、大阪に行っていました。
                    月曜は強い雨でしたが、土曜・日曜の大阪は、まずまずの天気でした。

                    昨夕浦和に帰ってきて、郵便受けを見たら、
                    新聞がすべてビニール入りになっていました。

                    今朝も雨ですし、おそろしく長続きしているようです。

                     

                    画像は、大阪の古い団地で見かけた猫です。
                    ちょいワルな雰囲気があり、のらやんと思われます。
                    顔をあわせてから20分ぐらい間合いをとってから撮りました。
                    最初は警戒感バリバリでしたが、夕方で陽が傾いたせいか、
                    どこかのんびり感がただよっていました。

                     

                     

                     画像1 : 大阪の猫(1)
                          古い団地のダストシュートの上にて

                     

                     

                     画像2 : 大阪の猫(2)
                          自転車置き場の一角にて
                          影に隠れたのが一匹いて、計三匹です。

                     

                     (2016年 8月28日(日)午後5時40分頃)


                    やしん坊の猫

                    0

                      今朝の浦和は強い雨ですが、天気図を見ると
                      局地的なもののようです。

                      昨夜は久々に上井草「やしん坊」で飲みました。

                       

                      「ちょっと小一時間」のつもりで足を運んだのですが、
                      やっぱし4時間ぐらい居ることになるのです。
                      「実は暇なんでしょ」と言われても、反論できないかもです(^^)

                       

                       

                       画像1 : やしん坊の猫(1)
                        店の中にのびのびとのらやんがやってきます。

                       

                       

                       画像2 : やしん坊の猫(2)
                        大将が面倒をみているので、元気そのものです。

                       

                       (2016年 8月26日(金)午後8時〜10時頃)
                       

                      Check

                      calendar
                          123
                      45678910
                      11121314151617
                      18192021222324
                      252627282930 
                      << September 2016 >>
                      PR
                      selected entries
                      categories
                      archives
                      recent comment
                      recommend
                      recommend
                      recommend
                      links
                      profile
                      search this site.
                      others
                      mobile
                      qrcode
                      powered
                      無料ブログ作成サービス JUGEM