北海道浦河町 女名春別

0

    平成29年5月27日(土)、北海道日高の廃村探索1日目、
    4つ目の目的地 女名春別(めなしゅんべつ)は、海沿いの浦河町幌別からだと
    26劼曚瓢海貌った場所にある戦後開拓集落だが、
    国道236号線(天馬街道、広尾−日高幌別間、平成9年開通)が近くの
    上杵臼(かみきねうす)を走っているため、風通しはよい。

     

    女名春別小学校は、へき地等級5級、児童数21名(S.34)、
    昭和27年開校、昭和41年閉校。
    新富からだと峰越えの舗装道で上杵臼に抜けることができ、
    牧草地に隣り合う比較的穏やかなダートを6劼曚描ることで
    学校跡へ到達することができた。

    学校跡には平成初頃まで「楽古山荘」として使われた教員住宅があって、
    そのそばには裏面に「浦河町制施行百周年記念 平成28年3月建立」と刻まれた
    学校跡地の碑が立っていた。

     

    北海道の集落は、家々が広範囲に散在することがが多く、
    市街地を形成していない規模の場合、あまり「集落」という感じがしない。
    女名春別でもダート沿いに壊れた家屋やサイロが見られたが、
    「ここはおそらく女名春別の範囲だろう」と思うのが関の山だ。
    北海道在住の方々が、定点である学校跡を追いかけている理由に、
    このことが係わっている感じがした。

     

    上杵臼の小学校跡(昭和50年閉校)、廃墟のような北大地震観測所に立ち寄ってから、
    2台のクルマは宿へと向かった。
    この日の宿、日高三石駅前「三石旅館」のすぐそばには海が広がっている。
    宿の隣にはセイコマがあって、「モノを取ってくる」感覚で使うことができた。

     

     

     画像1 女名春別・今も使われているらしい往時の教員住宅

     

     

     画像2 真新しい小中学校跡地の碑

     

     

     画像3 女名春別地内の牧草地とダート

     

       (2017年5月27日(土)午後4時30分頃)
     


    北海道様似町 新富

    0

      平成29年5月27日(土)、北海道日高の廃村探索1日目、
      3つ目の目的地 新富(しんとみ)は、様似市街から道道で12劼曚瓢海貌った場所にある農山村で、
      今も牧場を営む1戸が住まれている。

       

      新富小学校は、へき地等級4級、児童数35名(S.34)、明治42年開校、昭和44年閉校。
      学校跡には平成16年頃まで公の施設「アポイ自然の村」として使われた木造校舎が、傷みながらも残っていた。
      隣には木造の教員住宅が、開け放たれた形で残っていた。

       

       

       画像1 新富・なぜかマツに隠れて残る木造校舎

       

       

       画像2 新富・開け放たれた形で残る教員住宅

       

       

       画像3 ササ藪の中に門柱が残る

       

         (2017年5月27日(土)午後3時45分頃)


      様似駅

      0

        平成29年5月27日(土)、北海道日高の廃村探索1日目、大泉−新富間の移動中、
        様似市街で日高本線の終着 様似駅に立ち寄った。

         

        JR日高本線(鵡川−様似間)は、平成27年1月の高波による被害のため、
        長期の運休に入っている。
        駅がどんな様子なのか気になっていたが、様似駅には観光案内所が営業していて、
        案内所の方と話をしている間に代行バスが到着した。

         

        ローカル線の駅と道の駅の関係は、
        古くからの商店とコンビニの関係とどこか似ている。
        ローカル線の駅に立ち寄ると、その地域に来たことが実感できる。
        足を運んでよかった。

         

         

         画像1 様似駅 駅舎

         

         

         画像2 様似駅 ホーム

         

         

         画像3 代行バス(静内−様似間)が到着した

         

           (2017年5月27日(土)午後3時20分頃)


        北海道様似町 大泉(その2)

        0

          平成29年5月27日(土)、北海道日高の廃村探索1日目、様似町大泉の探索、
          「幌満局 郵便区全図」(S.39.06)を見ると、
          大泉分校の下方に発電所関係の居住があり、発電所・分校・ダムまとめて11戸が記されている。
          文マークの場所を丹念に歩くと、小さな瓶とサイロ関係のような穴が見当たった。

           

          ダム堤体の場所でクルマの通行はできなくなったが、手前の柵からの距離は5劼△蝓
          クルマで来たのは正しい判断だった。
          なお、郵便区全図の写しを自ら用意して探索で使ったのは、大泉が初めてである。

           

           

           画像1 大泉・学校跡と思われるササ藪
              心当たりの平地は二段になっており、両方探索したが、
              地形図、郵便区全図を見る限り、下方の段に違いなさそうだ。

           

           

           画像2 ササ藪ではサイロ関係のような穴が見当たった

           

           

           画像3 幌満川第三ダムの堤体

           

             (2017年5月27日(土)午後2時30分頃)

           

           


          北海道様似町 大泉(その1)

          0

            平成29年5月27日(土)、北海道日高の廃村探索1日目、
            襟裳岬を境にして苫小牧側の海は、内海のように穏やかになる。
            日高昆布の生産量の半数以上はえりも町産とのこと。

             

            様似町に入り、幌満(Horoman)の小学校跡(平成15年閉校)で一服してから、
            2つ目の目的地 発電所関係の廃村 大泉(おおいずみ)へと向かった。
            大泉小学校(のち幌満小学校大泉分校)は、へき地等級4級、児童数2名(S.34)、
            明治45年開校、昭和39年閉校。
            学校は、幌満川第三ダム(総貯水容量1538万平方m、昭和29年竣工)建設に伴い、
            上流部からダム堤体の下方、
            五万地形図(幌泉、S.34)では古川と記された場所に移転している。
            なお、上流部の大泉はダム堤体からさらに2卆茲砲△蝓
            昭和16年まではオナルシベ(雄鳴蘂)と呼ばれていた。

             

            幌満川沿いの道がダートになってすぐ、通行止めの看板と柵があったので、
            クルマを1台に絞って「お邪魔します」とご挨拶して先に進んだ。
            カーナビの地図には鳥居マークが2つ出てきて「はて」と思ったが、
            下手では薬師如来碑、上手では稲荷神社、発電所施設が見当たった。

             

             

             画像1 大泉・薬師如来碑

             

             

             画像2 大泉・発電所施設

             

             

             画像3 幌満川の流れに沿ったダートを進む

             

               (2017年5月27日(土)午後2時頃)


            風の岬・襟裳岬

            0

              平成29年5月27日(土)、北海道日高の廃村探索1日目、
              昼食休みは襟裳岬のレストハウス。私は日高名産のつぶ貝の丼を食した。

               

              襟裳岬は昭和56年夏以来36年ぶりで、とてもなつかしいのだが、
              雨に加えての強風のため、岬の風景を眺めることはできなかった。
              襟裳岬に「風の岬」という別称があることをこの日初めて知った。

               

               

               画像1 飛行機から見た襟裳岬
                 前年、羽田−釧路空港間の飛行機から見たもので、
                 ひと目でそれとわかる。

               

                 (2016年5月28日(土)午後9時20分頃)

               

               

               画像2 襟裳岬のレストハウス
                 駐車場から建物に入るまで、気合がいるほど天気は荒れていた。
                 レストハウスの中は広く、つぶ貝丼はうまかった。

               

               

               画像3 岬へと続く道のゲート
                 誰からも「行ってみましょう」なんて声はあがらない。
                 くやしいので、写真を1枚撮っておいた。

               

                 (2017年5月27日(土)午後1時頃)
               


              苫別・百人浜

              0

                平成29年5月27日(土)、北海道日高の廃村探索1日目、
                正午頃、苫別地内の百人浜オートキャンプ場の駐車場でラオウさん、成瀬さんと合流した。

                 

                苫別小学校(のちえりも岬小学校苫別分校)は、へき地等級3級、児童数6名(S.34)、
                昭和21年開校、昭和62年閉校。
                学校跡はオートキャンプ場のすぐそば、昭和48年に建てられた校舎は
                「えりも町高齢者センター」という入浴施設として使われていた。

                 

                戸数は5戸くらいだろうか。
                牧場が点在している高度過疎集落 苫別に、廃村という雰囲気は感じなかった。

                 

                 

                 画像1 苫別分校跡の校舎(現 入浴施設)
                   百人浜オートキャンプ場の利用者には重宝な施設らしい。
                   しかし、校舎が入浴施設に改装されている例って、聞いたことがない。
                   入浴がてら様子を見てもよかったかもしれない。

                 

                 

                 画像2 分校跡敷地内の建物
                   「えりも町コミュニティセンター」と記されているが、人の気配はない。
                   えりも町中心部からは10勸幣緡イ譴討り、
                   入浴施設とともに、「なぜここに」という感じがする。

                 

                 

                 画像3 百人浜「一石一字塔」
                   文化3年(1806年)建立で、海難犠牲者の供養のためのものとのこと。
                   そばには観音堂がある。
                   百人浜の名称は、この地に溺死した海難者100名が漂着したことに由来する。

                   また、文化3年には伊達、様似、厚岸に仏教布教の拠点として寺が建立された。

                 

                   (2017年5月27日(土)正午頃)
                 


                音調津と目黒

                0

                  平成29年5月27日(土)、北海道日高の廃村探索1日目、
                  帯広空港から襟裳岬方面に向かう途中、
                  広尾町音調津(おしらべつ)とえりも町目黒(めぐろ)の学校跡へ立ち寄った。

                   

                  音調津小学校跡(平成19年閉校)には大きな校舎や運動場が残っていたが,
                  人の気配はなかった。
                  目黒小学校跡(平成18年閉校)の校舎には公立の食事処があったので,
                  コーヒーを頼んで一服し,地域の様子をうかがった。

                   

                  音調津は十勝管内、目黒は日高管内、
                  R.336は、長い間十勝と日高を結ぶ唯一の道だったが、
                  R.236(天馬街道)の開通(平成9年開通)で、ずいぶん事情は変わったのだろう。
                  なかなか来れる場所ではないので、
                  目黒小学校跡でゆっくりできたてよかった。

                   

                   

                   画像1 音調津小中学校 閉校記念碑
                     閉校年(平成19年)に建立されたもので、
                     沿革がプレートに記されている。

                   

                   

                   画像2 目黒小学校 開校百周年記念碑
                     平成 7年(1995年)建立と刻まれている。
                     逆算すると明治28年(1895年)創立となる。

                   

                   

                   画像3 目黒小学校跡 校舎と教員住宅
                     煙突が北海道の学校らしい。
                     ウインディーくんはゼニガタアザラシをモチーフとした
                     えりも町のゆるキャラとのこと。

                   

                     (2017年5月27日(土)午前10時30分〜11時30分頃)
                   


                  ソフトカツゲン

                  0

                    平成29年5月27日(土)、北海道日高の廃村探索1日目、
                    帯広空港から襟裳岬方面に向かう途中、
                    大樹市街のセイコマで,初めてソフトカツゲンを購入した。
                    思ったよりもまろやかな味で,ヤクルトジョアを連想させた。

                     

                    大樹は、記念すべき北海道で一番目の宿泊地。
                    昭和56年8月、日暮れ頃、
                    あてもなく浜大樹(アイボジマ)のあたりを歩いていると
                    「にいちゃん、こんなとこ歩いてたらクマに襲われるで」
                    と、クルマが停まってくれて、
                    「泊まる予定はあるのか」
                    「ありません」
                    「だったら、ウチに泊まっていきな」
                    と、民家に泊めてもらった。
                    今でいう民泊だ。

                     

                    時は流れて、36年ぶりに大樹にやってきた。
                    市街も立ち寄ったはずだが、どんな感じだったかはまるで記憶にない。
                    通過ではなく、「カツゲンを買った」という記憶が残っただけ
                    よしとしよう。

                     

                     

                     画像 ソフトカツゲン
                       大樹−広尾・音調津間の車中で飲んだ。
                       あわせて、いろはずのスパークリングレモンを飲んだ。

                     

                       (2017年5月27日(土)午前10時頃)


                    幸福駅跡

                    0

                      廃村探索のハイシーズン、5月下旬に北海道を合同探索で訪ねることは定番となった。
                      平成27年は上川・留萌と檜山・渡島、平成28年は釧路・十勝に出かけている。
                      平成29年は日高を訪ねることが早々に決まった。

                      調整の結果、メンバーは平成27年と同じく旭川の田中さん、函館のラオウさん、
                      札幌の成瀬さん、私の4人組になった。

                       

                      日高本線は、昭和56年8月、私が初めて北海道を国鉄周遊券を使って旅したとき、
                      大阪発の夜行急行「きたぐに」、青函連絡船、函館発の夜行急行「すずらん」と乗り継いで、
                      苫小牧から様似まで乗車している。
                      その先の襟裳岬は、北海道で最初に足を運んだ著名な場所として強く記憶に刻まれている。

                       

                      平成29年5月27日(土)、起床は未明4時。浜松町朝6時発羽田行きモノレールは空港快速。
                      8時50分、帯広空港に到着し、田中さんと合流。天気はあいにくの雨。
                      まず、最初の目的地、襟裳岬手前の苫別(とまべつ)を目指す。
                      空港の近くには旧広尾線幸福駅跡(昭和62年廃止)があるので、平成4年夏のツーリングで以来
                      25年ぶりに立ち寄った。

                       

                       

                       画像1 幸福駅跡に建つ復元駅舎
                          平成25年に建て替えられたもので、
                          決まった規格の愛国発幸福行きの再現きっぷが張られている。  

                       

                       

                       画像2 幸福駅跡の板張りホームと橙色の気動車
                          広尾線は、昭和56年の旅で、広尾−大樹間と、帯広−愛国間を乗ったことがある。
                          往時の雰囲気が残されているのは、嬉しいことだ。

                       

                       

                       画像3 板張り床の気動車内部
                          駅跡に人の気配はなかったが、気動車内部を見学することができた。
                          昭和の頃は、こんな車両に乗って旅していたんだなあ・・・

                       

                         (2017年5月27日(土)午前9時10分頃)


                      calendar
                          123
                      45678910
                      11121314151617
                      18192021222324
                      252627282930 
                      << June 2017 >>
                      PR
                      selected entries
                      categories
                      archives
                      recent comment
                      recommend
                      recommend
                      recommend
                      links
                      profile
                      search this site.
                      others
                      mobile
                      qrcode
                      powered
                      無料ブログ作成サービス JUGEM